スタッフブログ

2018年10月11日

ドアをおしゃれにコーディネート!玄関ドアに使える飾りとは?

玄関ドアに飾りを付けることでおしゃれなドアに変身させることが出来ます。現在は玄関ドアに使える飾りがたくさん売られていて種類も豊富なので自分の好きなようにアレンジ出来ます。玄関ドアの飾りは季節ごとの行事や運気の上昇にも関わるので積極的に取り入れてみましょう。

玄関ドアに飾りを付けておしゃれにしたい

玄関ドアはリフォームによっておしゃれに出来ます。しかし玄関ドアのリフォームは業者に依頼しないとできませんし、費用も高額なので簡単には依頼出来ません。そんな人にはアクセサリーを飾っておしゃれにする方法をお勧めします。

玄関ドア用の飾りは本格的な物から安価なグッズまでたくさんあるのでそれほど費用をかけずに取り付けることも出来ます。また玄関ドアに飾りを付けることは運気をアップさせることにも繋がります。コツを身に着ければおしゃれなだけでなく幸運を招く玄関ドアにも出来るでしょう。

玄関ドアに付ける飾りの一例

玄関ドアに取り付ける飾りはおしゃれなグッズから行事に使用する物までたくさんあります。

観葉植物

ガーデニングの趣味がある人は玄関ドアの前に観葉植物を置くことをお勧めします。植物はマイナスイオンを発するので気分が良くなりますし、緑色を飾ればとても爽やかな雰囲気を醸し出せます。観葉植物をたくさん飾って彩り豊かな玄関にするのも良いですが、不慣れな方は緑の観葉植物を1点だけドアの横に置くだけでも十分おしゃれになります。観葉植物は小さすぎると存在感が弱いので遠くからでも見えるくらい大きい物が良いでしょう。

ただし観葉植物は手入れが大変です。定期的に水をあげないと枯れてしまいますし、放置しておくと虫が湧いてしまうこともあります。また、たくさん置きすぎて玄関ドアが隠れてしまうと入りづらいですし見た目も悪くなってしまいます。観葉植物を玄関に置く際は限度を考えてしっかり手入れするように心がけましょう。

プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーは玄関ドアの飾りの代表格です。中でも玄関ドア専用の物は「ウェルカムリース」とも呼ばれています。プリザーブドフラワーの最大のメリットは手入れが不要であることです。本物の花と同じくらい美しいにもかかわらず、手入れが不要なのでどこでも簡単に飾ることが出来ます。

プリザーブドフラワーを玄関ドアに飾る際は季節によって花の種類を変えると、季節ごとの変化を楽しめます。一例を挙げると春はピンク、夏は青、秋は赤とオレンジ、冬は白のプリザーブドフラワーを飾ることで季節に沿ったおしゃれを楽しめます。逆にグリーンやホワイトのカラーをベースとしたリースなら安定感があるので通年で使用できます。

またプリザーブドフラワーは人の手によって着色されているので、自然の植物では中々出せないオレンジやブルーなどの花もあります。このように自然の観葉植物では出せないプリザーブドフラワーならではの利便性とおしゃれが楽しめます。

クリスマスリース

クリスマスリースはクリスマスの風物詩として知られており、日本人の家庭でも12月になると多くの住宅でクリスマスリースを飾っている姿が見られます。クリスマスリースはキリスト教の文化の一つなので、ただのおしゃれグッズではなく魔除けや幸福祈願などの意味が含まれています。またキリスト教の文化が盛んな国ではお正月の風習が無いので、クリスマスリースに新年への幸福祈願の意味が込められています。

クリスマスリースは木の枝で作られた輪っかが基本形となっています。輪っかには端っこが無いので「幸福が永遠に続く」という意味があります。使用する素材はモミの木、月桂樹、ヒイラギの葉などが使われます。

しめ飾り(正月飾り)

クリスマスの風物詩がクリスマスリースなのに対して、しめ飾りはお正月の風物詩となっています。しめ飾りは日本に古くから伝わる風習の一つで魔除けの意味が込められています。

しめ飾りには主に橙、裏白(しだの一種で裏側が白い葉)、紙垂(白くて折られた紙)、昆布などが使われます。使う材料はしめ飾りの大きさや住んでいる地域によって違うので全国的に見るとかなり個性が出ます。ちなみにしめ飾りを含む正月飾り(門松、破魔矢など)は12月28日から1月7日まで飾るのがルールです。

表札(ネームプレート)

表札は普通なら郵便受けや門などの外から見えやすい場所に取り付けます。しかし玄関ドアの前に何もない住宅や集合住宅の場合は玄関ドアにかけるという手があります。玄関ドアに表札をかける場合、壁掛け式プレートを使用します。こちらの方が値段が安いですし簡単に取り付けられて、尚且つおしゃれな製品もたくさんあるのでファッションとして表札を取り付けることが出来ます。

玄関ドアの飾りは縁起が良いのか?

玄関ドアに飾りを取り付けるとてもおしゃれになります。しかし自分の好きなものばかりたくさん飾ってしまうと縁起が悪くなってしまうのかどうか心配になる人も多いでしょう。

上手く利用すれば運気アップに繋がる

風水では玄関は幸運の入り口とされています。そのため玄関ドアの飾りは居住者の運気に大きく影響すると考えられます。玄関ドアに飾りを取り付けること自体は悪いことではありません。しかし風水のポイントを押さえて良い物と悪い物を区別しないと折角の飾りも運気を下げる原因になってしまいます。

基本的なポイント

まず玄関は常に清潔にしておきましょう。ゴミやホコリが溜まっていて汚い玄関は運気を下げてしまいますし何より気分が良くないので定期的に掃除して清潔感を保ってください。

次に物の置きすぎは良くないです。玄関は幸運の通り道なので飾りをたくさん置くと道を塞いでしまうことになります。特に真ん中を塞ぐと日常生活においても不便なので何も置かないようにしてください。

玄関は明るい方が良いですがなるべく自然の明かりを取り入れるように心がけましょう。明るい玄関は運気も引き寄せてくれます。電灯を点けるのであれば蛍光灯の白色系の明かりではなく電球が出す暖かみのある明るさが好ましいです。

全体的に白い玄関は明るく見えて清潔感もあります。そのため飾りの色は白や明るい色を選ぶように心がけましょう。

運気の上がる飾りを紹介

鏡は運気を増幅させてくれますが置く位置に気を付けなければなりません。必ず玄関の内側の左右どちらかに置きましょう。右側に置くと出世運、左側に置くと金運が上がります。鏡は玄関から入った運気を増幅してくれます。これを表側の玄関ドアに向けると運気を反射してしまうので幸運が入ってこなくなってしまいます。

観葉植物

観葉植物は悪い気を幸運に変えてくれるのでお勧めです。特に丸みの帯びた葉っぱを持つ植物が好ましいです。逆に尖った葉っぱや枯れた観葉植物は縁起が良くないので避けましょう。

玄関ドアの窓は運気を取り入れてくれます。窓は室内に自然の明かりを取り入れてくれるので運気の上昇に繋がります。窓付きの玄関ドアもたくさんあるのでなるべく明かりを取り入れられるように心がけましょう。

カエルグッズ

カエルは運気が還ると考えられているので、運気を引き寄せてくれます。

フレグランス

良い香りのするお部屋用のルームフレグランスは人を引き付けると同時に運気も引き付けてくれます。

ドアベル

ドアベルは美しい音色とともに幸運を運び入れてくれます。クリスマスリースを選ぶ際もベル付きの物が良いでしょう。また絵画や写真も幸運を運び入れてくれます。

風水的に良くない物を紹介

ドライフラワー

観葉植物とは逆にドライフラワーは死んでいる花とみなされており悪い気を放ってしまいます。

古紙や段ボール

これらは湿気を多く含むものであり、湿気は風水的に良くないのでなるべく玄関には置かないようにしましょう。

使わない傘

普段使用する傘は問題ないですが、使わない傘や壊れた傘は縁起が悪いのですぐに排除しましょう。

人形・ぬいぐるみ

かわいいデザインの人形やぬいぐるみを玄関に飾っている家庭はたくさんあります。実はこれらは運気を吸収したり喧嘩してしまうので良くないです。犬の置物もタブーとされています。

まとめ

玄関ドアを飾りでおしゃれにする方法はたくさんあります。特に季節ごとのイメージカラーや行事に沿った飾りを付けることでより一層おしゃれな玄関を演出できます。また風水に沿って縁起の良い飾りを取り入れれば運気も上がるのでそちらも意識して飾りを選んでみて下さい。

中村建硝の見積フォームへのリンク

https://nakamura-genkan.com/item-search/