スタッフブログ

2017年11月25日

おうちを断熱化すると健康になる(近畿大学のデータより)【代表のブログ】

本日もご覧いただき誠にありがとうございます。
玄関ドアのリフォーム屋さん(株)中村建硝代表の中村です。
 
本日は、
「おうちを断熱化すると健康になる」
という近畿大学のデータをご紹介いたします。

DJ3200_0017 (1)

おうちの中は、寒いより暖かい方が快適なのは当たり前ですが、
暖かいおうちで過ごすと、ぜんそくやアトピーが改善するという近畿大学のデータがあります。

住宅を暖かい環境にするには、開口部の断熱化が重要です。
なぜなら、住宅で熱の出入りが一番多いのはドアや窓のなどの開口部だからです。

DJ3200_0016 (1)

普段冷たく感じる床よりも、実はドアや窓からおうちの熱は逃げ出していたんです。
床が冷たく感じるのは、断熱性能の低さよりも、
窓で冷やされた空気が窓際から床に落ちて広がっていく
コールドドラフト現象が原因しています。

そのため、おうちの中で暖かく感じるためには、
ドアや窓のような開口部を断熱化するのが重要になってきます。

DJ3200_0017

こちらは、イギリスの保健省のデータですが、
おうちの中が18℃未満だと呼吸器や循環器の疾患リスクが高まるデータがあります。
ここで注意したいのは、普段過ごすお部屋の温度だけでなく、
廊下や洗面所など、おうちのなか全体の温度を上げないと健康リスクが高まるという点です。

廊下にエアコンを付ける方は少ないと思いますが、
廊下の温度が低いと、お部屋との温度差でヒートショック現象により心疾患を引き起こす要因にもなります。
そのため、温度差を少しでも少なくする対策として、
玄関ドアや廊下周りの窓の断熱化が重要になってきます。

DJ3200_0016

リフォーム用玄関には、どのメーカーでも断熱仕様のドアが用意されています。
その差額はわずかですが、断熱が健康に与える影響は多きいのでぜひ断熱仕様のドアをお選びください。

「玄関を断熱仕様にしても窓が古いから意味がない」
とおっしゃる方もいらっしゃいますが、
窓も内窓などで一緒に断熱化してご家族の健康を守ってほしいと思います。
(株)中村建硝は、精いっぱいのお値引で貢献させていただきます。

玄関ドアリフォームの簡単お見積り

玄関ドアリフォームのお見積りは、
幅と高さを測っていただければ、
簡単にご覧いただけます。
サイズの測り方はこちらをご覧ください。

 

内窓も製品代55%OFF

(株)中村建硝では、内窓工事もお得にご提供中です。
LIXILインプラスとYKKプラマードUが55%OFF!
そのうえ、窓の断熱化は国策なので、
使用できる補助金が多くあります。
補助金もどんどんご紹介します。

bnr_dannetsu

bnr_campain01

 

内窓工事でもらえる補助金のチェックもできます。

 

 

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

代表 中村貴

社員写真