スタッフブログ

2017年11月3日

ドアを断熱化すると健康になる?【代表のブログ】

本日もご覧いただき誠にありがとうございます。
玄関ドアのリフォーム屋さん(株)中村建硝代表の中村です。
 
お部屋の温度が低いまま過ごすと、
病気になるリスクが高まるのをご存知でしょうか?

 
DJ3200_0017

 
データを見るとおうちの中すべてを18℃以上にしたほうがよさそう。
でも実際問題、戸建て住宅で、廊下やトイレまで、どこにいても18℃以上にすることって、
難しいですよね。
 
なぜ戸建て住宅が寒いのかというデータがあります。
日本の家屋では、窓やドアのような開口部の断熱が弱く、
そこからお部屋の熱の58%が失われているんです。
DJ3200_0016 (1)

冬になると冷たく感じる床よりも、
実は窓やドアから熱が逃げていたんです。
これではいくら暖房してもお部屋の暖かさは逃げ放題。。。
 
リビングや寝室だけでなく、
玄関ドアやトイレの窓など、暖房のないところの開口部の断熱性能を高めないと、
おうちの中全体を暖めるのは難しいのが日本家屋の実態です。
 
現在の新築のお宅は本当に暖かくなりました。
法で定められた基準が昔より格段に高められ、
開口部や壁の断熱性能が高くなったので、
一度暖めた熱がなかなか逃げなくなっています。
 
リフォームで断熱性能を高めるには、
玄関ドアは断熱タイプを選び、さらに窓には内窓をお取り付けいただくのがおすすめです。
DJ3200_0017 (1)

実際に住宅の断熱性能を高めると、
ぜんそくやアトピーなどが改善したデータもあります。

また、室内の温度差を無くすことは、
ヒートショックによる心疾患の予防にもつながります。
 
それでは、玄関ドアの断熱性能はどのくらい必要でしょうか?
DJ3200_0016

関東地方では最低でもk4仕様以上が必要です。
内窓を付けた窓とのバランスからすると、
k2仕様がおすすめになります。
 
玄関や廊下などの断熱はあまり気にされない方も多いのですが、
実はご家族の健康のためには非常に重要なことだったのです。

本日も最後までご覧いただきありがとうございます。
afb5a815b02e0ffade038baf0fd5d54a-3-1.jpg