スタッフブログ

2017年6月22日

玄関ドアのカバー工法ってどんな感じ?

LIXILリシェントⅡも
YKKドアリモも
玄関ドアのリフォーム専用製品です。

カバー工法という方法で工事します。
これは、元の枠を残して、
新たな枠を被せていく工法です。

壁を壊さないで済むので、
工事が1日で済み、
壁や床の補修工事がいらないのがメリットです。

↓工事前
ドアリモ工事前

↓工事後
ドアリモ工事後

上のような玄関ドアのリフォームが1日で完了できるのが
カバー工法のメリットです。
壁や床の補修がいらないので、
費用を抑えて工事できます。

↓工事前の枠のアップ
工事前の枠

↓工事後の枠のアップ
工事後の枠

写真のように古い枠はすっかり見えなくなっています。
見えない部分で防水処理をしています。

玄関ドアだけを交換したい方には、
このカバー工法がおすすめです。
お見積りは、現在の玄関ドア枠の
幅と高さを測ってもらうだけ。
あとは選択肢を選んでもらえれば、
いろいろなデザインのドアの金額が表示されます。
玄関ドア検索

分からないことは、
なんでも私(中村)にお声がけください。
nakamura