カードキーとリモコンキーのメリットとデメリットを解説

お電話でのご相談お問い合わせは|0120-677-366| 電話受付:平日8:30〜18:00 お気軽にご相談ください|お問い合わせはコチラ

カードキーとリモコンキー。
どっちがいいの?

非常時にはリモコンキーが有利。カードキーは収納場所に注意

磁気を使った非接触型ICカードキー、電波を使ったリモコンキー、いずれも便利で似た物ではあるのですが、若干違いがあります。
料金はカードキーの方が安いので、カードキーの方が少し人気があります。
それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。
ご自身の使い方を想定して選んでみましょう。

カードキーとリモコンキーのメリットとデメリット

◎カードキーのメリット
・リモコンキーより増設が安価にできる
・紛失した場合、残ったカードを再登録すれば落とした鍵のみ無効になる
・薄くて軽いので、パスケースや携帯ケースに入れられる

×カードキーのデメリット
・リモコンキーより壊れやすい(磁気のあるものに近づけると故障の原因)
・「かざす」動作が必要
・リーダー側の電池切れや故障があった場合、解錠できない

◎リモコンキーのメリット
・「かざす」動作がいらない
・カードキーより壊れにくい
・車と同じ感覚なので、慣れている人は楽
・非常用シリンダーが内蔵されているタイプなら、リーダー側の電池切れや故障時にも解錠できる
・キーホルダー型なので、他の鍵とまとめておける

×リモコンキーのデメリット
・大きく厚みもあるので邪魔
・紛失した場合の再購入が高い

利便性はリモコンキーに軍配が上がるが、
紛失に弱いのが難点

近づくだけで、かざす手間が必要ないポケットキーは、一度使うと手放せない便利さです。
鍵を鞄の中から探して、鍵穴に差し込んで…と玄関先でもたもたしているのは、防犯上もよろしくありません
押し込み強盗の危険があるからです。
家に近づいたからと言って、鍵を取り出してジャラジャラさせながら歩くのもNG。
鍵はギリギリまで出さない、出したらさっと解錠してすぐ入る、というのは海外では常識です。
取り出す作業が一切ないリモコンキーは、そういう意味でも優秀です。
カードキーは、取り出してかざすというところまでは従来の鍵と変わりません。

しかしリモコンキーには、大きな難点があります。
それは、紛失すると損害が大きいこと。
カードキーは残ったキーを再登録すれば落としたキーのみ無効となりますが、リモコンキーはそれができません。
本体自体も高額で、カードキーの7倍以上の値段です。
子どもに持たせるのはためらわれますね。
お子さんがいるお宅では、カードキー、大人だけならリモコンキーがおすすめです。

一長一短を理解した上で、
自分に合った使い方のできる鍵を選んでください