見積り

ご高齢者、子ども、みんなに優しい玄関ドアにしたい!

中村建硝では、特にシルバー世代のみなさんに優しい玄関をご提供したいと考えています。開けやすく、閉めやすいドア。車椅子が乗り入れられるフラットな下枠、広い開口部。これらは既にスタンダードになってきています。 カードキーは、最初は慣れない操作に不安を覚える方もいるかもしれません。しかし、実際は鍵よりずっと簡単で、ご高齢者にこそ使っていただきたいものです。使い方も丁寧にご説明しますので、ご安心ください。

玄関ドアリフォームしても、下枠の段差を作らない独自工法

既存の枠を残して新しいドアを取付ける工法の場合、ドアの下の部分に段差が出来てしまいます。メーカーがそのように作っているので「これは仕方ありません」という業者が多いです。 慣れ親しんだ場所に、これまでなかった段差ができると、若い方でもつまづきます。ご高齢者には、非常に危険。だから当店では、一手間かけて下枠の段差をなくす工法を行っています。ただ取付けるだけでは、こうはなりません。プロならではの技術です!

転倒を防ぐ手すりを、スタンダードで設置します

玄関内の土間から廊下に上がる壁に手すりを一カ所取付けています。これは、お客様の声から始めたサービスです。ご高齢者のみなさんが転倒しやすい場所は、玄関だということがわかってきました。 確かに、玄関は暗いですし、靴の脱ぎ履きに気を取られ、足元には他の靴も転がっています。かがんだ時にバランスを崩しやすいというのも、転倒の原因のようです。手すりがあって助かった、そう思っていただければ嬉しい限りです。

カードキーが標準。カードでピッとカギを開け閉め!

鍵がバッグの底から出てこない、というのは誰もが経験したことがありますよね。カードキーなら、お財布や手帳など、すぐに取り出せる大きなものに入れることができます。鍵がカードになっただけでは?と思われるかもしれませんが、使い勝手は抜群に良くなるんです。一度使うと手放せませんよ! 特に、鍵を差し込む動作がやりづらい、鍵をなくしがちというご高齢者のみなさんから、使いやすいと好評いただいております。

玄関ドアのリフォーム屋さん中村建硝では、ドアを新しくするだけの工事はしません。使いやすくて、転びにくい、そんなシルバー世代にも優しい玄関ドアにするのがお客様のためを想った玄関ドアリフォームだと考えています

要チェック!お客様の声を見る

簡単趣味レーション

玄関ドアの高さと幅を選択いただくだけで該当サイズの玄関ドアを一覧にて表示します。以下より検索サイズをご指定ください

玄関の高さ
玄関の幅