玄関ドアの再塗装にかかる費用

お電話でのご相談お問い合わせは|0120-677-366| 電話受付:平日8:30〜18:00 お気軽にご相談ください|お問い合わせはコチラ

木製玄関ドアの再塗装をプロに頼んだ場合の費用は?

木が傷む前に対処しましょう

木が傷む前に対処しましょう

木製の玄関ドアが古くなって見栄えが悪くなっても、ドア自体を交換する必要はないかもしれません。
開閉に問題がなく、ニスが剥げて色落ちしているだけの場合は、再塗装で蘇らせる方法があります。
自分で塗装するためには、ドアを一度外して寝かさなければならないので、一人では作業できませんし場所もとります。
失敗するリスクもあります。
不安な場合は、ドアの再塗装を行っている業者さんに依頼するのも手です。
プロの塗装は、ほとんどの場合ドアを外さずに現地に何日か来ていただいての塗装になります。

両面の再塗装で、20,000〜100,000円が相場です

両面の再塗装で、20,000〜100,000円が相場です

木製ドアの再塗装をプロに頼む時の注意点
  1. 1 塗装できる状態かを確認

    塗装できない場合は、上のような状態。塗装でなく下地の木に割れがあったり腐っている場合は残念ながら手遅れです。塗装できないのでドアごと交換して下さい


  2. 2 業者の選び方

    木製玄関ドアは、家具と同じ塗装が施されているので、外壁塗装とは仕事の繊細さが違います。強く美しい塗膜を作るのは、外壁塗装業者にはできません。外壁塗装屋さんの場合は、必ずドア塗装の実績がある業者さんを選びましょう

  3. 3 相場は2〜10万円

    高いと思われるかもしれませんが、家具塗装というのは非常に高度な技術を要するものです。また、きちんとした手順で再塗装すると、とうてい一日で終わる作業ではありません。数日の出張料金+技術料なら妥当な金額です

  4. 4 値段だけで決めない

    古いニスを剥がす作業だけで半日かかると言われます。また、塗装も一度ではなく何度か重ねます。異常に安い業者は、いずれかの工程で手を抜いていると考えるのが妥当です。再び塗装が剥げると塗り直しですので無駄になります

  5. 5 塗装の種類は色々

    せっかくの木製ドアなので、最も良いのは木目が生きるステイン+透明ニスの組み合わせです。そのほか、木目を潰すペンキ仕上げがあります。ステインを入れる場合は塗装をすべて剥がす根気のいる作業となるので工賃は高めです

  6. 6 施工完了まで約3日

    かかる日数は塗装の種類、ドアのデザインによりますが、2〜3日は必要です。在宅しなければならないので大変ですが、ドアの再塗装で「一日で終わる」という業者は手抜き施工の可能性が高いので避けた方が良いでしょう

  7. 7 プロの塗装は本当にすごい!

    一度白木の状態まで削って色を染み込ませ、ニスで仕上げると、このように木目のいきた美しいドアが大復活します。手間ひまかけた塗装だと、5年10年は再び使えるようになります

業者さん選びが大事!
どんな塗装をするのか
工程をしっかり聞いて確認しましょう