採風ドアとは|網戸はどうなっている?

お電話でのご相談お問い合わせは|0120-677-366| 電話受付:平日8:30〜18:00 お気軽にご相談ください|お問い合わせはコチラ

採風ドアって何ですか?
網戸はついているんですか?

開閉できる窓付きのドアのことです。網戸もあります

採風ドアとは、開閉できる窓付きのドアのこと。
ドアを閉めて施錠したまま風を入れることができます。
格子、網戸、ガラスの構造になっていますので、風は入りますが虫は入ってきません。
玄関の湿気や臭いを追い出すことができるので、近年非常に人気のあるタイプです。
向かい合う2ヶ所の窓を開けると、風が通り抜けるようになります。
玄関ドアを採風ドアにするとお部屋で爽やかな風が感じられます。

採風ドアのメリット

従来のドアで換気をするためには、バータイプのU字ロックやチェーンロックをかけてドアを細く開けるしかありませんでした。
しかし、これらのロックは、防犯性からいうと信頼度はかなり落ちます
道具さえあれば素人でも解錠できるため、室内に人がいる状態での押し込み強盗事件が実際に起きています。
採風ドアは、施錠したまま窓から風を取り込むことができるので、ドア自体を開けておくよりずっと防犯性が高まります。
南向きに居室やベランダをとるために、玄関やお風呂などの水まわりを北側にする間取りは多いですよね。
必然的に玄関に臭いや湿気がたまりやすくなります。
そんなお宅に最適なドアです。

防犯性、メンテナンス性も良好です

防犯性もよく考えられています。
外側には格子があり、網戸、内側にガラスという構造です。
この格子は、内側から窓部分を解錠し、ドライバーでネジを外すことで取り外すことができます。
網戸の張り替えや掃除もご自身でメンテナンスできるので、安心です。
格子が外せると言っても、内側からのみ。
もし外側から格子を破壊しようとすると、かなり時間がかかり音が出ます。
泥棒は、時間がかかることと音をもっとも嫌いますので、ドアを無施錠で開けっ放しにするよりは格段に安心です

採風ドアは、北向き玄関の強い味方!
湿気を出して爽やかに!