スタッフブログ

2018年6月13日

玄関引き戸を交換リフォーム!


2018-04-21 11.14.09

建築してからある程度の時間が経過すると、家の設備や外装材などにも少しずつ劣化が生じてきて、防水性能や断熱性能等の面でも新築時と全く同じ性能を発揮することが難しくなってきます。

玄関引戸においてもそれは同じで、劣化や枠の不具合などにより隙間風が発生してしまったりするため、玄関引戸の基本的な性能を維持するためにもリフォームは必要不可欠です。

玄関引戸リフォームを検討される際、生活しながらリフォームできるLIXILリシェント玄関引戸がおすすめです。

リシェント玄関引戸には様々なメリットがあるため、是非この機会に選択肢の一つに入れておき、便利で快適な暮らしを手に入れましょう。

玄関引戸をリフォームする上で押さえておきたいポイント

せっかく「家の顔」とも言える玄関をリフォームするのだから、デザイン的にも機能的にも納得いくものを選びたいものですよね。

ただし、あまりに「あれもこれも」となってしまうといつまで経っても家の玄関を彩るのに相応しい一枚を選ぶことはできません。

押さえるべきポイントを事前にしっかりと把握し、後悔のない玄関リフォームができるようにしましょう。

断熱性能にも配慮して

「玄関引戸に断熱性能など必要ない」などと考えていませんか?

玄関引戸に断熱性能を持たせることは、家自体の気密性・断熱性を上げることととも大きく関係するため、是非とも断熱性能の高い玄関引戸を選ぶようにしましょう。

家の中でも特に外気が侵入しやすい場所は、実は玄関や窓などの「開口部」と呼ばれる場所です。こうした開口部の断熱性能がしっかりしていないと、家自体の気密性・断熱性が著しく下がってしまう結果となります。

断熱性能の高い玄関引戸を採用すると、冬の冷えた日に発生しやすい結露などを防ぐことができるほか、冷暖房などにかかる費用を抑えることができるようになります。冷暖房によって整えられた室内の空気が外部に逃げず、快適な空間を確保することができるのです。

防犯性能は必須

近年、空き巣の手口はますます巧妙化・高度化しており、特にピッキングやサムターン回しの手口がかなり進歩してきています。もはや「鍵をかけたから空き巣に入られることはない」ということは言えなくなってきています

大切な家の財産や家族の生命を守るためにも、防犯性能の高い玄関引戸を選ぶようにしましょう。

空き巣犯は「人目に触れる可能性のある場所に長時間居続ける」ということを極度に嫌う傾向があることでも知られています。つまり、侵入に時間がかかる、あるいは明らかにかかると思わせてしまえば、空き巣被害は未然に防ぐことができるということが言えそうです。

具体的には、耐ピッキング性能に優れたディンプルキーを採用したり、玄関引戸に2か所の鍵穴を設けるだけでも、空き巣犯に与える心理的なプレッシャーは相当なものになります。

「物理的に侵入に強い」玄関を作ることももちろん大切ですが、やはり一番は空き巣犯に「侵入を諦めさせる」ような玄関引戸を意識して作ることが、空き巣を未然に防ぐためには必須のことであると言えます。

通風・採光性能が確保されているか

YKK 引き戸

玄関は家の中で最も空気が籠もりやすい空間の一つでもあります。

家族の靴などを空気があまり通らない玄関に長時間放置していると嫌な臭いが増幅してしまいます。

こうしたことを防ぐためにも、玄関ドアに通風や採光のための性能を持たせることを前向きに検討しましょう。

来客が最初に足を踏み入れる場所は他でもない玄関というスペースです。そのスペースがあまり居心地の良いものではなかったとしたら、果たして来客に対して良い家のイメージを持ってもらうことができるでしょうか?

そうした観点からも、玄関を快適な空間にするための工夫は惜しまないようにした方が良さそうです。

LIXILリシェント玄関引戸では、ガラス面の大きさが異なるデザインがラインナップされています。また、網戸を付けることができるので、虫の侵入を防いで換気ができます。

引き戸を検討しよう

2018-05-14 145254

引き戸は開き戸と比較しても玄関周辺のスペースを取らず、荷物の搬出入時にも開けっ放しにできるため、非常に便利な玄関ドアとしても知られています。

現在開き戸にしていて、荷物を搬入するときに都度開け閉めしなければならない煩わしさを感じたことがあったり、「玄関周辺にもう少し植木などの物を置きたい」という経験をしたことがある方にとっては、引き戸にするとますます便利さを感じることができるでしょう。

リシェント玄関引戸は防犯性能も問題なし

引戸と言えば、「こじ開けなどの物理的な攻撃に弱い」というイメージを持っている方もいらっしゃるかもしれませんが、最近ではそうした問題も解決されつつあります。

従来の引き戸は隙間が生じやすく、バールなどの工具を用いて容易にこじ開けができるというイメージがあるかもしれません。

しかしながら近年の製品を見る限り、鎌状にすることでこじ開けに対する防御力も飛躍的に向上している他、耐ピッキング性能やサムターン回しへの対策などもしっかりと施されている物が多いため、防犯性能に関して心配することはそこまでなさそうです。

断熱性能も向上している

 

引き戸であっても、ガラスが単板ガラスよりも2倍の断熱性能がある複層ガラスのPG仕様が選べます。

玄関の断熱性能の重要性が改めて見直されている中で、建材メーカー各社が引き戸に関してもしっかりとした断熱性能を確保している製品を開発しているのです。

高機能を追求するなら、LIXILリシェント玄関引戸がおススメ

玄関ドアに断熱性や防犯性などを求めるのであれば、LIXILリシェント玄関引戸がおススメです。

2枚建ての引戸であれば、カードキーやリモコンキーもお選びいただけます。

また、引手を握りやすいハンドルに変更できるので開け閉めも楽になります。

防犯面も安心です。外から2か所、中から3か所になります。ピッキングに強いディンプルキーです。万一ガラスを破られても、カギのつまみを作動できないようなセキュリティサムターンの仕組みもあるので安心です。ガラスは防犯合わせガラスに変更も可能です。

LIXILのリシェントなら一日でリフォーム工事が終了

2018-02-16 10.13.39

LIXILリシェントの最大の特徴は、朝施工を開始して夕方には作業が終了することです。

玄関ドアは家の防犯性能や断熱性能を維持するために必要不可欠のもののため、リフォーム工事に数日かかってしまってしばらくの間玄関ドアがない状態が続くようだと、非常に不安な思いを抱えてしまいますよね。

玄関をリフォームをしたいけれども、「工期にどのくらい時間がかかるのかわからない」「立ち会いをする時間的な余裕がない」という理由でなかなか一歩を踏み出すことができない人もいらっしゃるのではないでしょうか?

一日でリフォームが完了するということは、2~3日などに渡って都合を調整し、立ち会いをする必要がないということを意味します。どこか一日だけ家にいることができる日を作って、その日に立ち合いをすれば良いだけなのです。

このように長期間不自由な思いをすることなく、手軽に高機能な玄関引戸へとリフォームをすることができる点が、魅力の一つと言えそうです。

 

まとめ

玄関リフォームを検討されている方にとっての懸念材料が、この記事によって少しでも解消されれば幸いです。防犯性能や断熱性能など、最近の玄関引戸は非常に高性能であり、リフォームによって、これまでよりも便利で快適な生活を送ることができるようになると思います。

施工も一日で手軽に行うことができるLIXILリシェント玄関引戸で、真の安心と居心地の良い住まいを手に入れましょう。

検索はこちら

玄関ドアの簡単お見積もり

step1ドアタイプをお選びください

※ 片袖タイプ・・・開閉ドアの片側が固定の採光窓になっているタイプです。
※ 両袖タイプ・・・開閉ドアの両側が固定の採光窓になっているタイプです。

step2ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

玄関引戸の簡単お見積もり

step1引戸のタイプをお選びください
step2ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。
step3ガラスをお選びください
複層ガラス

  •  

勝手口ドアの簡単お見積もり

step1ドアのタイプをお選びください
step2ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

最近チェックした商品

最近チェックした商品はありません。