玄関ドアのリフォームにかかる工事日数は?

お電話でのご相談お問い合わせは|0120-677-366| 電話受付:平日8:30〜18:00 お気軽にご相談ください|お問い合わせはコチラ

玄関ドアのリフォームには、何日かかるのですか?

朝から始めて夕方には終わります

玄関ドアのリフォームは、在来工法では数日がかりの工事でした。
リフォーム専用ドアは、約半日で工事が終わるとっても便利な製品です。
特別な加工が必要なければ、朝から作業を始めて夕方には終わるスピード工事です。
朝お出かけになったご家族が夕方に帰宅されると工事が終わっているので、生活に不便をかけません。

カバー工法だから、一日で終わります

カバー工法でない通常の玄関ドアリフォームの場合でも、できる限り早く工事を終わらせることは開口部を担当する建具屋の責務です。
しかし、在来工法だとそうはいかない例もありました。
壁を壊して枠から入れ替える場合は、数日から一週間かかります。
工事の間、開けっ放しの無施錠というわけにはいきませんから、一日以上かかる場合には仮のドアを付けることで対応していました。
リフォーム専用ドアは、既存の枠をほとんど壊さないカバー工法を採用しています。
壁も枠も壊さないから、工事がぐっと短く済むようになりました。
朝から夕方までで、基本的に半日から一日で工事が完了します。

玄関ドアマイスターの場合は、
他社より少し時間がかかる…?

カバー工法と言えども、採寸は1ミリ単位でお客様の玄関に合わせて行い、丁寧な工事を心がけています。
また、玄関ドアマイスターのウリは、ドアの下枠に段差ができない工事を行っていることです。
通常のカバー工法では下枠に段差ができるので、小さなお子様や高齢者の方にとっては少し心配があります。
カバー工法は確かにメリットが沢山ありますが、簡単にできるものには、やはりデメリットもあるのです。
そこで私どもは、この簡単な工法にあえて面倒な手を加えて、下枠の段差をなくす工事を行っています。
ですので、もしかしたら他の業者さんより、少しだけ時間がかかるかもしれません。
(他の業者さんでは、9時スタートで14時終了、という例もあるそうです)
夕方までにはきちんと終えますので、今後の安心・安全な暮らしのために、少しだけお許し下さい。

工事日はご在宅をお願いします