玄関ドアのリフォーム。業者の選び方

お電話でのご相談お問い合わせは|0120-677-366| 電話受付:平日8:30〜18:00 お気軽にご相談ください|お問い合わせはコチラ

玄関ドアをリフォームする時、
どの業者さんに頼めばいい?

玄関ドアのみなら建具屋さんが一番。施工費用もお得です

家あまりや高齢化にともなって、リフォーム屋さんが沢山出現しています。
大工さんや工務店にお願いするという方法もあります。
ではどこに頼むのが良いのでしょう?
玄関ドアのリフォームの場合は、「建具屋さん」がおすすめです!
餅は餅屋って言いますよね。
技術的に信頼できるだけでなく、施工費用も一番おトクなんですよ。
リフォーム屋さんに頼んだ場合と、職人さんに頼む違いについて説明します。

リフォーム業者のメリットは、提案力

昔は近所の大工さん、工務店、建具屋さんに直接依頼していましたが、リフォームに対するニーズが複雑化してきたため、それに答えてくれるリフォーム専門の業者さんが登場してきました。
例えば、「台所の壁を壊してアイランドキッチンにしたい」という要望に対して、「カタログから選んで下さい。」というのが大工さんの仕事です。
ベースから相談に乗って欲しい場合は、物足りないですね。
「動線はどうなる?効率の良いレイアウトは?」といった人間工学を考えるには空間デザイナーの知識が求められます。
「壁を抜いた場合の強度はどうなるの?」といった耐震設計の疑問には、建築家としての知識が求められます。
「オシャレにしたい。最近の流行は?」といったインテリアの要望には、インテリアデザイナーとしての知識が求められます。
リフォーム業者は、こういった知識の総合的な専門家なので、提案力があります
しかし、リフォームの際は実際に工事可能なプランなのかは職人でないと判断ができません。
また、玄関ドアの細かな仕様や納まりに関してはリフォーム業者では知識不足なのが実情です

職人さんに直接頼むメリットは、品質と価格

リフォーム業者には、リフォーム専門の知見があると書きましたが、職人さんに直接依頼するよりも、当然費用は高くなります。
リフォーム業者の中には、プランニングやディレクションのみしてくれて、工事はすべて外注というところもありますので、中間マージンが発生します。
「台所の壁を壊してアイランドキッチンにしたい」という場合は、上記のような疑問が次々と出てくるので、リフォーム業者に頼った方がいいかもしれません。
では、玄関ドアの場合はいかがでしょう。
もう商品も選定したし、大きな工事はしない、という場合はリフォーム業者に高いお金を払う必要はありません。
迷わず建具屋さんがおすすめです!
リフォーム業者に依頼すると、何を専門とする職人さんが来るのかわかりません。
やることが明確なら、建具は建具専門業がもっとも安心です。

ドアは建具専門業者に!一番無駄がありません