カードキーとリモコンキーは電池切れの前にサインが出ます

お電話でのご相談お問い合わせは|0120-677-366| 電話受付:平日8:30〜18:00 お気軽にご相談ください|お問い合わせはコチラ

電池が切れても
カードキーとリモコンキーは使えるの?

使えません。非常用シリンダーを使って解錠して下さい

リフォーム専用ドアには、リモコン型のスマートキー、かざすだけのカードキーなど、
魅力的な電子錠システムがあります。
慣れると非常に使いやすく、離れられない便利さですが、電池が切れたら使えないというのがデメリットですね。
もし電池が切れた場合はどうなるのか解説します。

錠本体は電池式が一般的。
リモコンキーの電池寿命は約一年

弊社で扱うリフォームorドアは、YKKのドアリモと、リクシルのリシェントです。
どちらにもスマートキーシステムが備わっています。

●リクシルのキーシステム(電池式)
・ボタンタッチ or リモコンの「タッチキー」
・ボタンタッチ+カードや携帯電話をかざす「カザスプラス」

●YKKドアリモのキーシステム(電池式)
・ボタンタッチ+リモコンの「NEWポケットキー」
・ボタンタッチ+カードをかざす「ピタットキー」


リモコンが電池式なのは言うまでもありませんが、リーダーも電池式が一般的でしょう。
AC100Vタイプはドアの取り付け時に配線工事が必要になりますし、停電時に動かないというデメリットがあるからです。
定期的な電池交換の手間を飲んでも、電池式の方が安心でしょう。
リシェントのリーダーは単三電池8本、ドアリモのリーダーは単三電池4本で動いています。
解錠回数にもよりますが、リーダーの電池寿命は1年〜1年半です。
リモコンキーの電池寿命も、約1年ほどです。

電池が切れたらどうなる?いきなり切れない?

リシェントもドアリモも、電池の残量が少なくなるとリーダーでは電池切れマークが点滅し、ブザー音で知らせてくれます。
このサインが出たらすぐに使えなくなるというわけではなく、サインが出た状態でも数十回の解錠ができます。
忙しくて2〜3日放っておいてから電池を買いにいっても間に合う余裕があるので、安心です。

しかしさらに放置して電池が完全に切れた状態になると、解錠できなくなります。
その場合は、リモコンキーに内蔵されている非常用シリンダーもしくは、通常のキーでアナログ解錠します。
非常時のために、通常のキーもカバンに携帯しておくのがおすすめです。

リモコンキーも、電池が切れる前に知らせてくれます。
リシェントはリモコンキーのLEDランプが点滅します。
ドアリモは、リモコンの電池残量が少なくなると、解錠動作の時にハンドルから警告音と光で知らせてくれます。

電池が切れても鍵を開ける方法はありますが、
そうなってしまわないようご注意下さい