スタッフブログ

2017年9月12日

玄関ドアの用語集

カバー工法

既存の枠の上から新しい枠を取り付ける工法です。玄関だおリフォームでは主流の工法です。既存の枠を外さないので壁を壊さずに工事できます。そのため工期が1日で済むのと、費用を抑えられるのがメリットです。

1504_DR_5002A

 

index_speed_04

 

枠タイプ(枠形状)

玄関ドアは枠の形で呼び名が違います。枠タイプとは、枠の形の事をいいます。リフォーム用の玄関ドアでは、片開き、片袖、親子、両袖、両開きが主な枠タイプ(枠形状)となり、それぞれにランマ付きとランマ無しがあります。

ランマ(欄間)

ドアの上部についているガラス部分の事を言います。ランマは玄関内部を明るくするために作られました。現在ではデザインを重視し、ランマのないドアを増えています。リフォーム用の玄関ドアでは、ランマのあるドアをランマのないドアに交換ができます。

ランマ無し

ランマ無し

ランマ付き

ランマ付き

 

親扉(親ドア)

おもに開け閉めするドアを親扉(親ドア)といいます。親子ドアや両開きドアで使用する用語です。

親子ドア

親子ドア 右が親ドア 左が子ドア

 

子扉(子ドア)

 扉が2枚あるときに、普段は開け閉めしない方の扉を子扉(子ドア)といいます。親子ドアのように大小のドアが付いてるタイプでは、小さい方の扉を子扉といい、両開きドアでは、普段開け閉めしない方の扉を子扉といいます。

親子ドア

メインで使う幅の広いドアと、普段は閉めておく幅の狭いドアで構成されたドアをいいます。リフォーム用の玄関ドアでは、片袖枠のドアを親子ドアに交換もできます。

両開きドア

親子ドアのように2枚のドアで構成されていて、2枚とも同じ幅のドアが付いてる形状の事を両開きドアといいます。2枚とも自由に開け閉めできるタイプと、メインのドアを開けないとも片方のドアが開けられないタイプがあります。リフォーム用の玄関ドアは後者のタイプになります。

両開きドア

両開きドア

 

片袖

扉の脇に開け閉めのできない窓がついている枠形状を片袖、または片袖FIX枠といいます。リフォーム用の玄関ドアでは、親子ドアを片袖タイプに交換もできます。

片袖

片袖

 

 

開き勝手

ドアの開き方の事。開けるときにドアを引く方から見て、ドアハンドルが右に有れば左勝手、左に有れば右勝手となります。同義語で吊元があります。リフォーム用の玄関ドアでは、開き勝手を変えることができます。

 

吊元

ドアを開けるときに引く方から見て、ドアと枠が左右どちらでつながっているかを言います。右側でつながっていれば右吊元、左なら左吊元となります。右吊元は右勝手と同義、左吊元は左勝手と同義となります。

 

丁番

ドアを枠や柱に固定する金物です。旗丁番、ギボシ蝶番、スライド蝶番、フランス丁番、など形によって名称が異なります。リフォーム用玄関ドアでは旗丁番が使われます。

旗丁番

旗丁番

 

 

 

 

 

 

ドアガード

ドアを半開き状態以上に明かなくする金物。多くは5センチ程度開けて固定できるタイプになっている。以前はドアチェーンというチェーン型だったが、防犯上の理由でバー状になった。

ドアガード

ドアガード

 

 

 

ドアクローザー

ドアを開けて手を離したときに自動でドアが閉まるようにする装置。任意の場所でドアを止められるストップ付きと、止まらないストップ無しがある。また、パラレル型と標準型の区別とブラケットという枠につながる場所の形状で分類がされる。リフォーム用玄関の場合は、パラレル型のストップ付きが使用される。ストップする位置は任意で設定が可能。

パラレル型ドアクローザー

パラレル型ドアクローザー

 

 

ドアハンドル

ドアを開け閉めするときに操作する金物。リフォーム用玄関ドアではプッシュプルタイプという、ドアを押すだけ、引くだけで開閉が可能な対応が使用される。

1009_DR_1061A

 

 

 

くつずり(靴摺り)

開きドアの下枠のことをくつずり(靴摺り) といいます。最近は単に下枠というケースも多くなりました。引戸の場合はしきい(敷居)といいます。

 

うわわく(上枠)

開きドアの上側の横方向の枠のことを上枠といいます。引戸の場合、ランマがない場合はかもい(鴨居)といいます。ランマがある場合は引戸のすぐ上を鴨居、一番上の枠を上枠といいます。

 

たてわく(縦枠)

左右の垂直方向の枠を縦枠といいます。

 

みこみ(見込み)

枠を正面から見た時の幅のことを見込みといいます。ドアの厚みを見込みという場合もあります。

49872-1

 

 

みつけ(見付け)

枠を正面から見たとき、奥行き方向の幅を見付けといいます。

 

ちり

ドア本体と枠の隙間をちりといいます。

 

外化粧額と内化粧額

リフォーム用の玄関ドアでは、元の枠をカバーするために外化粧額という材料を使用します。室内側は内化粧額といいます。

 

シリンダー

カギを差し込む部分をいいます。元来は円筒状になっているため、英語で円筒を意味するシリンダーが使われました。リフォーム用の玄関ドアでは、ハンドルの中にシリンダーが隠されているものもあります。

DNƒL[/ƒVƒƒƒbƒ^[•t‚« AD:Ogawa PG:Ogawa CAM:Canon EOS Kiss Digital N OP:Kanemaru

1009_DR_1060A

 

 

サムターン

カギを開閉する、室内側のつまみのことをいいます。リフォーム用の玄関ドアでは、防犯上サムターンが外せるタイプが採用されています。

0809_DR_0512A

 

ポスト付き枠

玄関ドア自体にポスト口が組み込まれているタイプをいいます。リフォーム用の玄関ドアでは、袖部にポスト口が付いているタイプと、子扉にポスト口が付いているタイプがあります。

片袖ポスト付き

片袖ポスト付き

 

親子ドアポスト付き

親子ドアポスト付き

 

リモコンキー

リモコン自体のスイッチでカギを開閉したり、リモコンを身に着けていることでドアのボタンを押すだけで開閉できるカギをいいます。各社で名称が異なります。LIXILはタッチキー、YKKはポケットkey、三協アルミはeエントリーといいます。電池式と100V式がありますが、リフォーム用の玄関ドアでは、配線工事がいらない電池式が多く採用されます。リモコンに非常用にキーが付いているタイプと付いていないタイプがあります。LIXILは両方のタイプが選べて、YKKと三協アルミはすべてキー付きリモコンです。

1504_DR_5056A

 

 

カードキー

ドア本体のボタンを押して、カードを近づけるとカギが開閉できる仕組みのことです。各社で名称が異なります。LIXILはカザスプラス、YKKはピタットkeyといいます。三協アルミはカードキーがありません。電池式と100V式がありますが、リフォーム用の玄関ドアでは、配線工事がいらない電池式が多く採用されます。

1504_DR_5054A

 

 

断熱ドア

ドア本体や枠に断熱材が充填してあったり、熱を伝えにくい素材が使われているドアを断熱ドアや断熱タイプといいます。従来のアルミドアはアルミだけで作られているため断熱性能が低いものでした。開口部の断熱が国策になった現在、リフォーム用の玄関ドアでも多く採用されています。断熱性能により、LIXILではD4仕様、D2仕様とランクがあります。YKKと三協アルミはK4,K2といいます。基本的に数字が小さいほうが断熱性能が高くなります。