スタッフブログ

2019年5月21日

塗装がはがれてきた木製玄関ドアをリシェントに交換【LIXILリシェントM28型】埼玉県戸田市の工事事例

Before

ビフォーアフター

After

メーカー
商品
型番
カラー
オプション
工事打ち合わせ者
  • マイスター社長(中村)
工事担当者
  • マイスター田中
  • マイスター小礒

【LIXILリシェントM28型
工事費込みの価格はこちら】

リシェント全国1位
ドアリモ全国3位

こんにちは!マイスター社長です。
今回は、埼玉県戸田市にお住まい
のお客様から
玄関ドア交換リフォームをご依頼いただきました。
ご用命いただきありがとうございました<(_ _)>

 

今回の玄関ドアリフォームは、

①塗装がはがれてしまった木製玄関ドアをきれいにしたい、
木目調の色にして色褪せないドアにしたい
③開閉が重くて困っている

というご要望でした。

 

①②リシェントの木目調のドアは再塗装がいらない

木製の玄関ドアは、どうしても塗装がはがれたり傷んだりしてしまいます。
それに対し、リシェントの木目調カラーは、
色褪せしにくいのが特徴です。
再塗装は不要になります。

 

③木製のドアは変形しやすい

木製の玄関ドアは、湿度の変化などに影響され、
反りかえったり、やせてしまったりしてしまうものです。
それに対し、アルミのドアは変形しにくいのが特徴です。
ドアと枠が当たって開け閉めがしにくくなったり、
鍵が掛かりにくくなったりしてしまいます。

 

ドアと枠をつなぐ丁番のような金物は交換修理できても、
ドア自体が変形してしてしまったらどうにも修理できません。
長年の使用で変形した木製の玄関ドアは、交換リフォームが必要です。

 

交換後のイメージが確認できます

LIXILリシェントの場合、
簡単に完成後のイメージをご確認できるアプリがあります。
こちらをダウンロードすれば、
ご自宅の玄関ドアの写真を撮るだけで
簡単に完成イメージが作成できます。

 

【LIXILリシェント 完成イメージアプリ】

 

パソコン上で完成イメージを作る「玄関コンシェルジュ」と
スマホやタブレットで完成イメージを作る「簡単合成アプリ」
どちらでもイメージを作れますが、
後者のほうが断然簡単でお手軽なのでおすすめです。

 

現地調査時に完成イメージをご覧いただけます

玄関ドアマイスターでは、サイト上でドアをお選びいただき、
現地調査をご依頼いただくと、
必ずカタログと実物カラーサンプルをご用意してお伺いいたします。
ご希望がございましたらその場で上記のアプリを使って、
LIXILリシェントを取付けた後の完成イメージを作成いたします。

 

今回のお客様も、お伺いした際に完成イメージをご覧いただき、
その場でご契約いただきました。

 

木製のユニットドアは内額縁の位置を確認

ドア本体と枠をセットで製作された製品をユニットドアと言います。
木製のユニットドアの場合、室内側から見ると、
元の枠がすべてカバーされません。
どの位置まで内額縁でカバーするかを確認する必要がございます。

↑工事前

↑工事後

 

室外側から見た時は、元の枠はすべてカバーされ見えなくなります。

↑工事前

↑工事後

 

下枠の納まりにこだわり

下枠は出来る限り段差を付けずきれいに納まるようにしています。
下枠化粧カバー材というステンレスの板で古い枠をカバーし、
下枠のさらに下側をきれいに見せるため巾木という部材を取付けています。
この2点の追加部材は玄関ドアマイスターのサービスで取り付けています。

↑光っているのが下枠化粧カバー材です。

↑下枠とタイルの間にある木目調の部材が巾木です。
これを付けることで下枠の納まりの美しさが断然変わります。

 

【LIXILリシェントM28型
工事費込みの価格はこちら】

 

お客様のご感想

 

【玄関ドアマイスターの口コミはこちらでご確認ください】

 

LIXILリシェントの
工事は1日で完了!

LIXILリシェントの工事は1日で終わります!
なぜなら壁や床を壊さない
カバー工法という工事だからです。
カバー工法では、もともとの玄関ドアの枠を残して、
ひと回り小さい枠を取付けます。
その後、額縁でもともとの枠をカバーしていきます。

もともとの枠は、外せるように見えますが、
実は壁の下にもぐっている箇所があるので、
壁や床を壊さないと外せません。
壁や床を壊すと、
復旧費用が莫大になる上に工事期間も長くなります。
カバー工法なら、工事は1日。
費用も数分の1で済んでしまいます。

 

↑一番外側の古い枠は残して、ドア本体を撤去します。
ランマや袖部分の部材で不要なところは切断します。

 

↑古い枠の中にリシェントの枠を取付けます。
古い枠と新しい枠の間をLIXILのマニュアル通りコーキングで
隙間を防水処理します。

 

その上に防水テープを貼り二重に防水処理をします。
二重で防水処理するのは玄関ドアマイスターの独自工事です。
見えなくなる部分ですが、手間を惜しまずきちんと工事します。
新築工事で使用する防水テープを使い
長期間を雨漏りを防ぎます。

 

↑最後に外額縁を被せて、古い枠をカバーしていきます。

 

 

玄関ドアマイスターは
昭和5年の創業以来
建具一筋

弊社は、昭和5年の創業から一貫して建具工事業を営んでます。
今では玄関ドア専門の玄関ドアマイスターとして営業中です。
玄関ドア専門のマイスターが工事しますので
工事品質の違いを見てください。
他社にはない5年保証をお付けできる理由は、
すべて自社マイスターが工事するからです。

 

ネット販売は
顔が見えないから
信用できない?

玄関ドアマイスターは、現地調査をご依頼いただくと
必ず直接お会いしてお打合せします。

 

インターネットを活用していますが、
工事を請け負うだけのネット販売の会社とは
全く違います。

 

弊社は調査も工事もすべて自社で行い
下請け業者は使いません。
このスタイルは、正しい情報をお客様にご提供し、
確かな技術で工事することを全うするため
長年続けてまいりました。
創業時から「親切本位」を社訓に
お客様の立場に立って営業しております。

 

【玄関ドアマイスターの口コミはこちらでご確認ください】

 

年間500件以上の工事数

LIXILのコンテストにおいてリシェント部門全国1位
YKKapのコンテストでドアリモ部門全国3位
を獲得することが出来ました。
社員10人以下の零細企業がこれだけの結果を出せたのは、
玄関ドアリフォーム専門という特殊な会社であること、
工事品質にこだわり続けたこと、
お客様の目線に立ち続けてきたこと、
が理由だと思います。

おかげさまでこれだけの取引量があるので
製品をお安くご提供できています。
また、工事は年間500件以上を、
自社のマイスターだけで行っていますので
多くのノウハウを蓄積しております。
現場を見ればすぐにリフォームの方法がご提案できるのは、
製品と工事技術の両方に精通しているからです。

 

【LIXILリシェントの工事履歴はこちらでご覧いただけます】

 

【YKKapドアリモの工事履歴はこちらでご覧いただけます】

 

安さの秘密

玄関ドアマイスターの安さの一番の秘密は、
取引量の多さです。
全国表彰されるほどの入荷量があるので、
製品をお安くご提供ができます。
また、ネットでお申し込みいただくスタイルなので、
余計な広告費用が掛かりません
さらに、何度もお打合せにお伺いするような
営業スタイルではないので営業経費も加算されません
工事は、下請会社を使わずに
自社の社員である熟練のマイスターが行います
安すぎて不安、という声を稀に聞きますが、
上記のような理由でお安くご提供できています。
製品はもちろんすべて正規品です。
工事には自信がありますので、
メーカー保証を独自に延長して5年保証をご提供します。

  

窓の交換リフォームも
カバー工法でできます

窓も玄関ドア同様に、壁を壊さないカバー工法で交換リフォームができます。

工事は1窓半日程度。
玄関ドアと同時に工事すると通常価格よりお安くでご提供いたします。

窓リフォームの工事金額はこちらでご覧いただけます。
【窓リフォームマイスター】

 

【LIXILリシェントM28型
工事費込みの価格はこちら】

 

 

 

 

 

検索はこちら

玄関ドアの簡単お見積もり

step1ドアタイプをお選びください

※ 片袖タイプ・・・開閉ドアの片側が固定の採光窓になっているタイプです。
※ 両袖タイプ・・・開閉ドアの両側が固定の採光窓になっているタイプです。

step2ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

玄関引戸の簡単お見積もり

step1引戸のタイプをお選びください
step2ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。
step3ガラスをお選びください
複層ガラス

  •  

勝手口ドアの簡単お見積もり

step1ドアのタイプをお選びください
step2ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

最近チェックした商品

最近チェックした商品はありません。