スタッフブログ

2017年9月30日

防犯性能と断熱性能を高めて、さらに通風タイプのドアにリフォーム

工事前

工事前

 

リフォーム後

リフォーム後

 

 

防犯性能と断熱性能を高めて、さらに通風タイプのドアにリフォーム

工事前のドアは、ポスト付きでした。
実は古いポスト付きのドアは防犯上たいへん危険です。
ポスト口から手や道具を入れて、
室内側のカギを簡単に回すことができてしまうからです。
また、工事前のドアは網入りガラスですが、
網入りガラスは防犯にはなりません。
割るのは簡単ですし、
外から割ってもガラスが飛び散らないので、
大きな音を立てずに割れるのでむしろドロボーに取っては侵入しやすいガラスです。

事実、こちらのお客様のお宅は玄関が影になっているので、
不審者が何度もやってきているとのことで、
防犯カメラも取り付けて対策しています。
しかし、それだけでは不安ということで、
ドアも防犯性能の高いリフォーム用のドアに交換しました。

玄関ドアマイスターが取り扱うリフォーム用のドアは、
すべて室内側のカギのつまみ(サムターン)が外せる構造になっています。
sp-thumbturn_image1

 

バールなどのこじ開けにも強い鎌錠が付いているので安心です。
2016-07-04 08.39.27

 

通風ドアの種類

リフォーム用の玄関ドアには、
採風ドアのタイプが2種類あります。
縦すべり窓タイプと上げ下げ窓タイプです。

縦すべりタイプ

縦すべりタイプ

 

上げ下げタイプ

上げ下げタイプ

 

 

どのメーカーの玄関ドアにも上記の2種類の採風ドアがあります。
採風ドアは通風ドアとも言います。
 
縦すべりタイプの
メリットは、見た目が良いこと、閉めていると窓感がないことです。
デメリットは、窓を開けているときに、ドアから窓が出っ張るので、ドアの開閉時に邪魔になることです。

上げ下げタイプの
メリットは、窓が開閉時に邪魔にならないこと、上下少しだけ開けて窓を施錠できることです。
デメリットは、見た目が縦すべりよりも劣ることです。

各メーカーの特徴としては、下記の通りです。
【LIXILリシェント】
断熱ドアでは、縦すべりタイプのみになります。
アルミタイプでは、上げ下げタイプのみになります。
 
【YKKドアリモ】
断熱タイプには、縦すべりタイプと上げ下げタイプの両方あります。
アルミタイプでは、上げ下げタイプのみになります。
 
【三協アルミ】
断熱タイプには、縦すべりタイプと上げ下げタイプの両方あります。
アルミタイプでは、上げ下げタイプのみになります。
 
断熱ドアで通風ドアを採用する際には、
上げ下げタイプがLIXILリシェントにはないので、
上げ下げタイプの断熱通風ドアをお探しの場合は、
YKKドアリモか三協アルミノバリスをお選び下さい。
 

 

検索はこちら

玄関ドアの簡単お見積もり

step1ドアタイプをお選びください

※ 片袖タイプ・・・開閉ドアの片側が固定の採光窓になっているタイプです。
※ 両袖タイプ・・・開閉ドアの両側が固定の採光窓になっているタイプです。

step2ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

玄関引戸の簡単お見積もり

step1引戸のタイプをお選びください
step2ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。
step3ガラスをお選びください
複層ガラス

  •  

勝手口ドアの簡単お見積もり

step1ドアのタイプをお選びください
step2ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

最近チェックした商品

最近チェックした商品はありません。