スタッフブログ

2022年7月26日

【東京都のマンション限定】玄関ドア交換に補助金が出ます

1/3の補助金!

東京都は、高断熱ドアや窓のリフォームに対して助成金を出すことになりました。事業名は、「既存住宅における省エネ改修促進事業」です。助成対象経費の1/3がもらえるこのチャンスを是非ともご活用ください。

いくらもらえるの?

ドア

助成対象経費の1/3。1室あたり最高16万円。

リモコンキーやカードキーの費用は対象外です

助成対象経費の1/3。1室あたり最高100万円

最低ひとつの部屋は、全部の窓をリフォームするのが条件となります。

玄関ドアマイスターでは、玄関ドアと同時工事に限り窓リフォームをお請けします。窓のみの工事はお請けしておりません。

いつまで?

2022年6月22日から2025年3月31日まで

予算が無くなると終了になりますので、お早目のご利用がおすすめです。

申請→交付決定→契約→製品手配→工事という流れになります。交付決定までは、1.5カ月から3ヶ月かかります。交付決定まで契約できませんので、製品の製作は契約後となり、申請から工事までは、4ヶ月から6ヶ月を要します。

助成対象者

都内に住宅を所有する個人・法人及び管理組合

個人の場合、建物の所有者が対象です。所有者の家族や賃借人は対象外です。

また、共有名義になっている場合は、どちらか一方の方のお名前で申請ができます。

申請は誰がするの?

玄関ドアマイスターが代理で申請することが可能です。申請は有償で規模により異なります。手数料は、ドアの見積もり後のご案内になります。交付決定がされましたら手数料分はご請求となります。

管理組合様での申請も可能です。

申請に必要な書類は?

申請は、工事前の「交付申請」と工事後の「実績報告」の2回必要です。必要書類は下記の通りです。

以上が交付申請の必要種類で、下記が実績報告になります。

直接申請をされる場合、申請方法に関するご質問は、窓口になるクールネット東京にお願いします。(弊社ではお答えできません)
クールネット東京
https://www.tokyo-co2down.jp/subsidy/ene_reform
03-5990-5066

申請が大変そう・・・

玄関ドアマイスターの代理申請をご利用ください。ご用意いただく書類は、下記のみになります。

・平面図のコピー
・窓の姿図のコピー
・建物の登記事項証明書(原本。非法人の管理組合の場合は不要)
・申請者の実在を証明するもののコピー
申請者が管理組合法人の場合下記2点
①理事長専任の議事録
②商業登記簿(現在事項証明書または履歴事項証明書)もしくは法人印の印鑑登録証明書
申請者が非法人の管理組合の場合
①理事長専任の議事録
②理事長個人の本人確認書類のコピー
・管理組合総会の議案書及び議事録(ドア交換の意思決定が確認できるもの)
・助成金振込口座の通帳のコピー(申請者になる管理組合名と同じ名義のもの)

振込口座は、申請者と同じ名義のみ有効となります。

 


助成金の内容は、都が公表している資料と弊社が事務局に問い合わせた内容からご案内しています。交付決定は都が行いますので、弊社で助成金が出ることを保証はできませんことをご了承ください。
詳しくは、クールネット東京のサイトをご覧ください。この補助金の事務局は、クールネット東京です。

 

 

 

検索はこちら
  • マンションの玄関ドアリフォーム21万円〜(工事は1日)
  • マンションの窓リフォーム18万円〜(工事は1日)