玄関ドアリフォームで電子錠と従来の鍵のどちらを採用するのが安心?

 

玄関ドアには大きく分けると従来からある鍵タイプと、電子錠の2つのタイプが存在しています。玄関ドアリフォームをする際には、どちらを選べば安心できるのか頭を抱えて悩んでいる方も多いでしょう。実際にそれぞれのタイプでメリットやデメリットは存在しています。

今回はどちらが安心なのかという点について紹介します。

電子錠の種類について

玄関リフォームを検討する際に、電子錠にしたいという方は多いですが、最近では種類も増えているので具体的にどんな種類があるかをまずは紹介します。

リフォーム用玄関ドアでは二つのタイプがあり、1つ目はリモコンです。仕組みは車のドアロック開閉と同じで、リモコンを鞄やポケットに入れておけば、後はドアの部分を指で触れるだけで開閉できます。

2つ目はカードキーです。ドアのボタンを押してからカードを近づけるとカギが開閉される仕組みです。リモコンに対し、カードを取り出す手間が増えてしまいますが、リモコンよりも安価というメリットがあります。

電子錠は安心できる?メリットは何?

電子錠のメリットは鍵を持ち歩く必要がないタイプがあるということです。そのような鍵は、なくして鍵ごと交換しなければならないトラブルは起こりません。

また、外出時の鍵の閉め忘れもなくなります。従来の鍵の場合は開け閉めは自分で行わなければなりません。しかし、電子錠の中には自動で施錠してくれるタイプもあるので、万が一閉め忘れても安心です。実際に「ちゃんと締まっているかな?」と鍵の場合は心配する方も多いので、電子錠なら心配事が少しでもなくせることは魅力的ではないでしょうか。

電子錠の紛失防止の対処法について

電子錠の中でもリモコンやカードタイプの場合は紛失する可能性があります。実際に紛失すると、自宅についても開錠できません。鞄の中に入れたままでドアの開錠と施錠ができるので便利ですが、リモコンがあるか確認することもあまりないので、紛失しやすいのが問題です。

紛失を防止する方法ですが、まずリモコンやカードキーを裸の状態で持っていると紛失の危険性が高まります。万が一鞄から落ちてもなくさないように、カードキーはパスケースに入れて首に掛けたり、リモコンはストラップのように鞄に取り付けておくと紛失防止に繋がるでしょう。

メリット、デメリットを考えてみる

電子錠は、防犯面のメリットもありますが、紛失時の対処などのデメリットなどがあるのは事実です。しかし、紛失防止を心掛けることで外出時のひと手間は確実に減ります。玄関ドアのリフォームのお考えならば、電子錠の玄関ドアはおすすめです。

要チェック!お客様の声を見る
検索はこちら

玄関ドアの簡単お見積もり

step1ドアタイプをお選びください

※ 片袖タイプ・・・開閉ドアの片側が固定の採光窓になっているタイプです。
※ 両袖タイプ・・・開閉ドアの両側が固定の採光窓になっているタイプです。

step2ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

玄関引戸の簡単お見積もり

step1引戸のタイプをお選びください
step2ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。
step3ガラスをお選びください
複層ガラス

  •  

勝手口ドアの簡単お見積もり

step1ドアのタイプをお選びください
step2ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

最近チェックした商品

最近チェックした商品はありません。