人気のdiyで玄関をプチリフォーム!玄関ドアリフォーム例とは

6  

弊社では玄関ドアのリフォームを生業としており、通気性などに優れた玄関ドアなども幅広く扱っています。
実際に玄関は住宅の中でも空気の入れ替えが難しい箇所です。しかし、弊社が扱う通気性を高められる玄関ドアにリフォームすれば、玄関の風通しがよくなるというメリットがあります。

一般的に玄関ドアをリフォームする時は、弊社のようなリフォーム会社に依頼をして玄関ドアの機能を高めますが、自分でプチリフォームをしたいと思われる方もいるのではないでしょうか。
現在、自分で家具を作ったり住宅の簡単なリフォームをしている方は多いです。一般的にdiyと呼ばれものです。
現在ではインターネットなどで玄関ドアのdiyのやり方も公開されているので、あまり知識がない方でもdiyはできないことはありません。

今回はこれからdiyをする方のために、玄関ドアのdiy事例を紹介するので、diyしたい方はチェックしてみて下さい。

カッティングシートを使ったプチリフォーム

カッティングシートは一般的に壁や扉に貼り付けるシートです。ハサミで簡単に切ることもできるので、貼りたいスペースの面積に合わせて、適したサイズのカッティングシートを準備することができます。

通販や町中のショップでも販売されており、比較的手に入れやすくなっています。また、素人でもdiyしやすいです。

通常、壁や扉の印象を変えるためには、塗装や扉そのものを変えなければなりません。そのため、完成させるまでに時間やお金がかかります。
一方、カッティングシートは壁や扉に貼り付けるだけで印象を大きく変えられるので、少ない時間で完成させられるでしょう。

販売されているカッティングシートの種類は豊富で、周りの壁や玄関のイメージ合わせて購入することが可能です。

塗装でプチリフォーム

玄関ドアを塗装することもdiyの事例のひとつとして挙げられます。塗装はカッティングシートよりも若干本格的なdiyです。
本格的なため、少し手間がかかります。

例えば、塗装をする扉の表面には以前塗られていた色が付着しているので、サンドペーパーなどで取り除かなくてはなりません。また、塗装をする時にドアノブやのぞき穴、床などに色が塗料が付着してしまうと大変です。
そのため、塗装前にマスキングテープなどを使用して色がほかの箇所につかないように配慮しなければなりません。

その後に塗装をしますが、きれいにムラなく塗るためにはハケやローラーなどの専用の道具を準備する必要があり、道具を購入するためにはお金が必要です。

しかし、塗装専用の道具は販売されているので、技術がある人はdiyで玄関ドアの扉の印象を大きく変えることができるでしょう。

玄関ドアプチリフォームのポイント

プチリフォームをする時に気をつけたいことは色です。色の組み合わせが適切でないと、違和感を持つ方もいます。
実際に玄関ドアは、家の前を通る人や来客に見られますので、出来る限り周囲の色に合わせて適切な色や柄を選択しましょう。

本格的なリフォームは業者に依頼する

本格的なリフォームをする時には自分の力だけで行うのではなく、弊社のようなリフォーム業者に依頼することをおすすめします。

例えば、業者に依頼をすれば、玄関ドアのリフォームに知識がない人でも新しい玄関ドアにできますし、依頼者が直接作業しないので、作業中に怪我をすることはありません。そのため、安全なリフォームを実現させられます。

もし、ご自宅の玄関ドアの老朽化が進んでいる人など、玄関ドアをリフォームさせたい人は、「玄関ドアの再塗装をプロに頼んだ場合の費用」も合わせてご覧ください。

木製玄関ドアの再塗装をプロに頼んだ場合の費用は?

要チェック!お客様の声を見る
検索はこちら

玄関ドアの簡単お見積もり

step1ドアタイプをお選びください

※ 片袖タイプ・・・開閉ドアの片側が固定の採光窓になっているタイプです。
※ 両袖タイプ・・・開閉ドアの両側が固定の採光窓になっているタイプです。

step2ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

玄関引戸の簡単お見積もり

step1引戸のタイプをお選びください
step2ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。
step3ガラスをお選びください
複層ガラス

  •  

勝手口ドアの簡単お見積もり

step1ドアのタイプをお選びください
step2ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

最近チェックした商品

最近チェックした商品はありません。