簡単に玄関ドアリフォームができるフィルムのメリットやデメリット

 

玄関ドアのデザインを変更することで、家の見た目も変わるため、リフォームをしたいと思われる方も多くいるでしょう。基本的にリフォームをする時は、専門業者を依頼しますが、工事をしてもらうためにはある程度の費用は必要です。
例えば、一戸建ての玄関ドアをリフォームする場合、30万円から50万円の料金が必要ですし、集合住宅は10万円から20万円かかります。そのため、できるだけ安くリフォームをする方法がないか探している方もいるのではないでしょうか。

現在、簡単に玄関ドアのリフォームができるフィルムが販売されています。

今回、簡単にリフォームができるフィルムのメリットとデメリットを紹介します。

玄関ドアのデザインが変えられることがメリット

フィルムのメリットは、玄関ドアのデザインを大きく変えられることです。

実際にフィルムのデザインの種類はたくさんあり、好みのものを選びやすくなっています。例えばスタイリッシュなデザインのものを購入すれば、高級感のある仕上がりを実現できますし、木目調のものを購入すれば、木の柔らかさを感じられる玄関ドアによみがえらせることが可能です。

施工時間が短いこともメリット

施工時間が短いこともフィルムのメリットです。

現在、DIYで自分のお好みの玄関ドアにアレンジする人は少なくありません。例えば、自分の力で塗装をして、扉の色を大きく変更している方もいます。
しかし、素人が塗装をしてリフォームをすると1日以上必要です。

また、業者に依頼をしても1日かかるケースが多く、短時間で簡単にリフォームすることは容易ではありません。

一方、フィルムは扉の表面に貼り付けるだけなので、素人でも数時間で作業を終了させられます。

キズや汚れに強いこともメリット

フィルムの中にはキズや汚れに強い製品も販売されており、長持ちさせることも可能です。
基本的に玄関ドアは屋外と面しているので、雨や風にさらされます。そのため、耐久性が低いと定期的に貼り替えをしなければなりません。

フィルムの種類によっても異なりますが、フッ素加工してある商品もあるので、キズが付きづらいです。
また、フッ素加工をすることによって汚れも付着しづらいので、雨風に触れる機会が多い玄関ドアですが、お掃除の手間も削減できます。

凸凹があるドアに貼れないことはデメリット

凹凸のあるドアの中にはフィルムを貼るのが難しいタイプもものもあるため、全てのドアに貼れないという点はフィルムリフォームのデメリットです。

凹凸が少ないと貼れるフィルムもありますが、ひどくでこぼこしている扉にフィルムを貼ると隙間が生まれます。そのため、購入する前にできるだけ自宅の玄関扉のでこぼこに対応できるか確認する必要があるでしょう。

木質系のドアには制限がある

商品によって、木質系のドアにはフィルムを貼ることは難しいです。もし直射日光が当たったり、雨が付着すると、フィルムが膨張してしまいます。
そのため、木質系の玄関扉の方は、あらかじめ使用できるか確認が必要です。

機能を高めるたけにはプロに依頼

フィルムを使うことで短時間で簡単に玄関扉の印象を大きく変えられます。しかし、当然、玄関ドアの機能を高めたりすることは難しいです。
もし本格的な玄関ドアのリフォームをしたい方は、自分の力で行おうとせずに、リフォーム会社である弊社のホームページからお問い合わせ下さい。

要チェック!お客様の声を見る
検索はこちら

玄関ドアの簡単お見積もり

step1ドアタイプをお選びください

※ 片袖タイプ・・・開閉ドアの片側が固定の採光窓になっているタイプです。
※ 両袖タイプ・・・開閉ドアの両側が固定の採光窓になっているタイプです。

step2ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

玄関引戸の簡単お見積もり

step1引戸のタイプをお選びください
step2ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。
step3ガラスをお選びください
複層ガラス

  •  

勝手口ドアの簡単お見積もり

step1ドアのタイプをお選びください
step2ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

最近チェックした商品

最近チェックした商品はありません。