できるだけ安く玄関ドアのリフォームをする方法を教えます

16  

家を所有している人の中でも、特に戸建てを所有している人は建物の管理を全て自分で行わなければなりません。劣化した箇所に関しては、快適に住むためにもリフォームを検討することが大切です。その中でも家の顔ともいえる玄関のリフォームについては検討中の方も多いでしょう。しかし、玄関は家のリフォームの中でも意外と費用が必要な場所でもあるのです。

今回はなるべく安く玄関リフォームをするためにはどうすればいいのかについて紹介します。

そもそもどんな時に玄関リフォームが必要なの?

玄関のリフォームはあまり考えていない方もいますが、そもそもどんな時に必要なのでしょうか?基本的に以下のことにお困りの場合にリフォームが必要です。

・ドアが閉まらない
・玄関のカギの数を増やしたい
・ドアクローザーを交換したい
・最新の玄関ドアに交換したい
など、大きく分けると4つあります。

例えばドアが閉まらない場合ですが、これは玄関が劣化している証拠です。軽度な故障の場合は修理で済みますが、重度の場合はドア交換が必要になるでしょう。

自宅の玄関ドアをチェックして、万が一故障していたり、古くなって新しいものへ交換したい場合は弊社がサポートするのでお問い合わせください。

なるべくリフォームを安く済ませたいなら施工費+ドア本体料金+処分費が込みの業者に依頼すべし!

お客様によっては、どこに依頼しても料金が変わらないと近くの修理業者に頼む方がいますが、後々他の業者と比べたら数万円以上も差があったと後悔することも少なくありません。

実は、料金の決め方はそれぞれ業者で異なります。弊社の場合は施工費+ドア本体料金+処分費用が全て込みで販売しています。

別の業者に依頼し、ドア本体料金が安くても、施工費と処分費用が後々追加で必要になったらトータル費用が高くなり後悔しますが、弊社の場合はお客様に「残念・・・」と思われないためにもコミコミ価格で提案させてもらってます。追加で料金を請求することはありません。

なるべく業者に依頼を検討する場合は、トータルでいくら必要かをチェックすることで安くできるかどうかの判断ができます。

期間限定キャンペーンを見逃さない!

業者によっては、なるべくリフォームを安くするために期間限定でキャンペーンを行っているとこもあります。弊社では期間限定で最大60%オフで玄関ドアの交換を承っています。

キャンペーンの期間が過ぎたら通常価格に戻るので、チャンスを見逃さないためにもお知らせは見逃さないようにしましょう。安い料金で最新の玄関ドアにしたいならキャンペーンを見逃してはなりません。

安くリフォームしたいなら欄間はない方がいい?

基本的に、メーカーなどによっても異なりますが、欄間はない方が数万円程安くなります。特にこだわりがないなら欄間がない玄関ドアを選ぶといいでしょう。

しかし、欄間があるタイプは外からの光も入れやすいので、光が欲しいという人は少し高くなりますが欄間ありの玄関ドアを選んだ方が後悔しません。

安くリフォームするなら素材は何を選ぶべき?

安く玄関ドアのリフォームをしたいなら素材にもこだわるべきです。基本的に木製などはそれなりに費用が必要です。

安くできる素材としては、アルミを選ぶといいでしょう。メーカーによっても異なりますが、比較的安く取り付けることができます。

玄関ドアは業者によっても料金が変わりますし、キャンペーンや欄間の有無、素材でも価格が変わります。なるべく安くしたいという方は、今回説明した基本的な情報を頭に入れておくとよいでしょう。

要チェック!お客様の声を見る
検索はこちら

玄関ドアの簡単お見積もり

step1ドアタイプをお選びください

※ 片袖タイプ・・・開閉ドアの片側が固定の採光窓になっているタイプです。
※ 両袖タイプ・・・開閉ドアの両側が固定の採光窓になっているタイプです。

step2ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

玄関引戸の簡単お見積もり

step1引戸のタイプをお選びください
step2ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。
step3ガラスをお選びください
複層ガラス

  •  

勝手口ドアの簡単お見積もり

step1ドアのタイプをお選びください
step2ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

最近チェックした商品

最近チェックした商品はありません。