スタッフブログ

2018年8月1日

相性抜群!玄関ドアにマグネットを付けて収納力アップ!


玄関は物がたくさんあって整理するのがとても大変です。整理したくても収納スペースが見つからなかったり、狭くて置き場所が無くて困っている人も多いのではないでしょうか。そんな方にお勧めしたいのがマグネット付きの収納グッズです。

マグネット付きの収納グッズは玄関ドアに簡単に設置できて、玄関にあって欲しい小物をたくさん収納できるのでとても便利です。そこで今回は玄関ドアにマグネット付きの収納グッズを設置する事のメリットや市販されているマグネット付き収納グッズの一例をご紹介します。

玄関ドアにマグネットを付けるとすごく便利に!

玄関は置くべきものがたくさんあるのでついつい散らかってしまいがちです。玄関によく置いてある道具だけでも靴、靴ベラ、消臭スプレー、傘、傘立て、鍵、掃除用具、その他にもたくさんあります。

外出する際に必ず通る玄関だからこそドア付近は物が多くなってしまい、散らかったり見栄えが悪くなってしまう事もあります。またアパートやマンションの間取りだと玄関のスペースが狭くなりがちなので物が置ききれないというケースも考えられます。

しかし玄関には意外な場所に収納スペースご存知でしょうか?それはドアです。ただしそのままでは玄関ドアは収納スペースになり得ません。玄関ドアを収納スペースに変化させるためにはマグネットを使用します。

フックやポケットが付いたマグネットを玄関ドアに付けておけばそこに小物を置いておけます。玄関ドアに物を移すことで床や棚の上がスッキリする事でしょう。玄関が狭くて道具の置き場所に困っている人にもおすすめです。

もう鍵をなくさない!玄関ドアのマグネットによるメリット

ついつい物が溢れてしまう玄関だからこそドアにマグネットを付けて、新たな収納スペースを生み出すと数多くのメリットが出てきます。

鍵を無くさない

鍵は毎日使用する物でありながらとても小さいので無くしてしまう可能性が非常に高いです。いつもの場所に置いたはずなのにどこかに消えてしまった!という経験がある人は多いのではないでしょうか?

そんな方には玄関ドアにマグネットを付けて鍵の収納スペースとしてしまうことをおすすめします。フックやポケットが付いているタイプのマグネットならば、玄関ドアに貼り付けておくと帰宅時にすぐに収納できます

毎日必ず玄関ドアのマグネットに収納するように習性をつければ鍵を無くす心配はありません。鍵の置き場所を部屋の中にすると、帰宅後に鍵を置く前に手を洗ったり買ってきたものを整理したりと別の作業をしてしまい所定の位置に置くことを忘れてしまう可能性があります。

しかし玄関ドアに取り付けたマグネットを鍵の置き場所にした場合、帰宅後すぐに収納するので確実に所定の位置に戻せます。帰宅後まず最初に玄関ドアに鍵を収納するという行為を習慣づければ鍵を無くす可能性が一気に減るでしょう。

鍵以外の物も収納できる

玄関ドアのマグネットを利用して鍵を収納すると、とても便利ですが他にも収納出来たら便利な物はたくさんあります。靴ベラ、印鑑、ボールペンなど普段から玄関に常備してある道具は玄関ドアに収納してしまえばとてもスッキリします。

靴ベラは靴を履くときに使用しますし、印鑑は宅配便の伝票に押し印する際に使います。しかしそれぞれ形状も用途も違うので一か所に収納するは難しいです。しかし玄関ドアのマグネットならばフックやボックスなど様々な形のマグネットを取り付けることで色々な道具を収納できます。

厳選!玄関ドアにマグネットで張り付けるの便利収納グッズ

現在収納グッズとしてのマグネットは種類も形もたくさんあります。玄関で収納したい道具の形に合わせて気に入ったグッズを設置してみましょう。

フック付きのマグネット

道具を収納するマグネットとしては最も有名でしょう。とてもリーズナブルなので100円ショップや雑貨屋など至る店舗で購入できます。使い方はとても簡単でドアにそのまま貼り付けて使用します。フックに物を引っ掛けて収納するので鍵の様に輪っかのついた小物を収納するのにとても便利です。

ボックスタイプのマグネット

輪っかが付いていない小物も収納できる便利なマグネットグッズです。縦長の物や横長の物など様々な形状があります。小物の形状を問わないので鍵だけでなく印鑑やボールペンなどあらゆる小物を収納できます。玄関ドアを収納スペースにしたいのであれば一つは欲しい一品です。

収納以外のグッズ①マグネット付きの鏡

玄関ドアに付けるマグネットは収納グッズだけではありません。ホームセンターで市販されているマグネット付きの鏡を玄関ドアに付けると大変便利になります。出掛ける前の身支度の最終チェックを玄関で行えるので毎日有効活用できます。大きい鏡よりも顔が見えるくらいの大きさでおしゃれなデザインの鏡をおすすめします。

収納以外のグッズ②ホワイトボード

玄関ドアにマグネット付きのホワイトボードを取り付けると家族間のメッセージのやり取りが簡単になります。出掛ける際に先に帰って来た人のためにホワイトボードにメッセージを残しておくご家庭をよく見かけます。

しかしホワイドボードの置き場所が悪いと書く人がメッセージを書き忘れたり、帰宅者がメッセージを見落としてしまう可能性もあります。玄関ドアにホワイトボードを設置すれば外出あるいは帰宅の際に必ず目につく場所なので確実にメッセージのやり取りが出来ます。

おしゃれな形のマグネットもたくさんある

マグネットと言えば丸型や四角形でシンプルなデザインが一般的です。しかし最近は猫や犬などの動物の形や花柄のおしゃれなマグネットもたくさんあります。

特に猫の形のマグネットは尻尾の部分がフックになっていたりと面白い仕掛けがあるのでデザイン性にも富んでいます。他にも旅先のお土産屋で売られているマグネットは、景色やご当地キャラを模った商品があります。それを玄関ドアに貼れば旅の思い出とおしゃれを同時に玄関ドアに取り入れられるでしょう。

玄関ドアにマグネットを付ける際の注意点

玄関ドアにマグネットを取り付けるととても便利ですが、注意点がいくつか存在します。

道具を入れすぎると落ちる

玄関ドアにマグネットを付けて収納スペースとして使えばとても便利です。しかし便利だからと言ってもマグネットグッズが支えられる重量には限界があります。あまりにも多く入れすぎたり重い物を乗せるとマグネット自体が耐えられなくなって落っこちてしまいます。マグネットグッズを収納に使う際は軽い物だけを収納するべきでしょう。特に傘や鏡は重いので収納する際は十分注意して下さい。

マグネットがくっつかない場合もある

マグネットは全ての玄関ドアに使えるわけではありません。マグネットがくっつかない材質が使用されている玄関ドアもあります。玄関ドアは木製やアルミ製の材質を使用している事も多く、それらはマグネットがくっつきません。他にも表面が特殊コーティングされた材質もマグネットが使えない場合があります。

また、裏側(内側)のドアにはマグネットが貼りついても、表側(外側)のドアには貼りつかないというケースもあります。他にも表面に凹凸が施されているデザインの玄関ドアもマグネットの吸着力が弱くなるので厳しいです。

マグネットを玄関ドアに設置する際は試しにご家庭にある小さなマグネットを使用して、くっつくかどうか確認してみて下さい。材質の関係上マグネットがくっつかない場合はマグネットによる収納方法はできません。

マグネットがくっつかない玄関ドアの対処法

玄関ドアがマグネットに対応していない材質だとマグネットグッズは使えません。しかし工夫を凝らすことでくっつかなくてもマグネットグッズを使用する事が出来ます。

反対側にテグス(糸)と通す

これは片方だけマグネットが有効な玄関に使える方法です。収納グッズを取り付けたい面の反対側にフック付きのマグネットを取り付けます。フックにテグスを引っ掛けて反対側まで通します。テグスで収納グッズを結んで吊るします。これによってマグネットが使えない面も反対側のマグネットの力で収納グッズを利用できるようになります。

テグスで結び付けられるのはマグネットグッズだけとは限りません。この方法を利用すればテグスで結び飾りを取り付ける事も出来ます。クリスマスやお正月になると玄関に季節ごとの飾りを取り付けますがマグネットに対応していない面は貼り付けられません。シールが付属していることもありますが風によって剥がれてしまう事もあります。マグネットとテグスを使用する方法なら裏側のマグネットの力で吊るすので、どんな飾りも安定感を持って設置できます。

多用途接着剤でくっつける

多用途接着剤は文具店・ホームセンター・100円ショップなど様々な店舗で購入できます。マグネットが使えないなら直接貼り付けてしまうという方法もあります。多用途接着剤は強力なので一度付けると剥がせなくなってしまいますが、設置した時はしっかり安定感を持ってくっついてくれます。

またマグネットが有効な玄関ドアにも多用途接着剤を活用する方法があります。それは本来収納グッズではない物を収納グッズに変化させる方法です。

市販のマグネット(単体)と空き缶や小物入れなどの雑貨を多用途接着剤でくっつけてしまいます。そうすることでマグネットが付いていない小物入れも玄関ドアの収納グッズに変化します。この方法でお気に入りのジュースやお菓子の空き缶を玄関ドアに貼り付けると玄関ドアがとてもおしゃれになります。

まとめ

収納用マグネットを玄関ドアに取り付けるととても便利な収納スペースに変化します。ついつい物で溢れがちな玄関だからこそマグネットによる収納スペースがあると便利かつ玄関をスッキリさせられます。簡単にできる方法なので是非試してみてください。

中村建硝の見積フォームへのリンク

商品検索

検索はこちら

玄関ドアの簡単お見積もり

step1ドアタイプをお選びください

※ 片袖タイプ・・・開閉ドアの片側が固定の採光窓になっているタイプです。
※ 両袖タイプ・・・開閉ドアの両側が固定の採光窓になっているタイプです。

step2ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

玄関引戸の簡単お見積もり

step1引戸のタイプをお選びください
step2ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。
step3ガラスをお選びください
複層ガラス

  •  

勝手口ドアの簡単お見積もり

step1ドアのタイプをお選びください
step2ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

最近チェックした商品

最近チェックした商品はありません。