スタッフブログ

2018年6月24日

【LIXILリシェント M28型】下枠の段差を付けずにリフォーム(志木市の工事事例)

Before

ビフォーアフター

After

メーカー
商品
型番
カラー
オプション
工事打ち合わせ者
  • 中村
工事担当者
  • 田中

玄関ドアをカバー工法でリフォームする際には、下枠の段差を確認してください。
通常、カバー工法では新しい枠を古い枠にかぶせるので、下枠にわずかな段差が付くことが多くなります。
しかし、三角のゴム製段差緩和材や、薄いステンレスの板などで足を突っかからないようにする工事をします。

 

玄関ドアマイスターでは、さらにご希望がありましたら、元の下枠を床を壊して外すことで、新たに段差が増えない工事も承ります。
かえって認識しずらくつまづきやすいのが小さな段差です。この点は十分に注意したいところです。

 

今回の工事では、下枠の段差に気を付けるだけでなく、玄関ドア自体の幅も広げてバリアフリー化しました。
さらに、片袖枠から親子ドアにしているので、子扉も開ければ大きな荷物も搬入できます。

 

LIXIL TOSTEM リシェントM28型の工事費込みの金額はこちらでご覧いただけます。
【LIXIL TOSTEM M28型親子ドア】

玄関ドアのリフォームがよくわかるコンテンツ玄関ドアのリフォームがよくわかるコンテンツ

  • 玄関ドアの修理辞典
  • リフォームのご提案
  • お客様の施工事例
  • 防犯にも強いオプションについて
検索はこちら

玄関ドアの簡単お見積もり

step1ドアタイプをお選びください

※ 片袖タイプ・・・開閉ドアの片側が固定の採光窓になっているタイプです。
※ 両袖タイプ・・・開閉ドアの両側が固定の採光窓になっているタイプです。

step2ランマの有無をお選びください

  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

玄関引戸の簡単お見積もり

step1引戸のタイプをお選びください
step2ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。
step3ガラスをお選びください
複層ガラス

  •  

勝手口ドアの簡単お見積もり

step1ドアのタイプをお選びください
step2ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

最近チェックした商品

最近チェックした商品はありません。