スタッフブログ

2019年10月9日

閉まらなくなってしまったドアをスムーズに閉まるように交換しました【LIXILリシェンG82型】東京都江戸川区

Before

ビフォーアフター

After

メーカー
商品
型番
カラー
オプション
工事打ち合わせ者
  • マイスター社長(中村)
工事担当者
  • マイスター田中

【LIXILリシェントG82型
工事費込みの価格はこちら】

リシェント全国1位
ドアリモ全国3位

こんにちは!マイスター社長です。今回は東京都江戸川区にお住まいのお客様から玄関ドア交換リフォームをご依頼いただきました。ご用命いただきありがとうございました<(_ _)>

今回の玄関ドアリフォームは、

閉まらなくなってしまったドアをなんとかしたい
風が通るドアにしたい
リモコンキーにしたい

 

というお客様でした。

 

↑工事前のドアです。よく見ると閉まりきっていないのが分かります。

 

↑アップにするとこんな感じです。枠の中にドアが入っていないのが分かります。

 

↑ステンレスの枠に白く擦れた線が見えます。ここがドアと枠が擦れている場所です。これが原因でドアが閉まらなくなっています。ではなぜここが当たるようになってしまったかというと、建物が左に傾いたからと考えられます。建物はほんの少しのゆがみでも、このようにドアが閉まらなくなります。ドア本体と枠の隙間が大きければ、調整で一時的に閉まるようにはなります。今回のようなケースでは、もう調整は不可能で、交換が必要になります。リシェントのようなカバー工法であれば、水平垂直を取り直して、ドアを取付けることができます。完全な水平垂直で取り付けられた枠であれば、ドアはスムーズに開閉ができます。

 

しかし、玄関ドアマイスターでは、水平垂直を絶対守るようにはしません。それは、曲がってしまった家屋に、水平垂直をきちんと守ってドアを付けるとドアが傾いて付いているように見えるからです。いくら実際に傾いてしまった家屋でも、一般の方の目には分からないので、わざわざ誰にでも分かるように傾けてドアを取付けるのは、お客様の側に立った工事とは言えないとぼくらは考えています。だからと言って傾いたまま取り付けるのではなく、目立たない程度に水平垂直に近づけて、丁番の調整などをして、ドアの開閉がスムーズになる位置を決めていきます。つまり見た目も重視して工事します。なんのためにドアをリフォームするかと言えば、見た目をよくするためも大いにあるのが普通です。水平垂直を完全に守ってスムーズに開閉できるようなドアにしても、見た目が傾いていては、お客様を想ったドアリフォームとは言えません。それでは工事会社の逃げか、お客様の立場になっていない工事だとぼくら玄関ドアマイスターは考えています。

 

LIXILリシェントG82

↑こちらが工事後の写真です。完全な水平垂直にはしていませんが、丁番で調整し、スムーズに閉まるようにしています。もちろん建物に対して傾いて取り付いているようには見えません。このように、見た目の良さと開閉のスムーズさの両方を追い求めるのが、お客様の立場に立った玄関ドアリフォームだと玄関ドアマイスターは考えています。

 

お客様のご感想

お客様から多くのご感想をいただいております。下記のリンクからご覧いただけます。

【玄関ドアマイスターの口コミはこちらでご確認ください】

LIXILリシェントの
工事は1日で完了!

LIXILリシェントの工事は1日で終わります!なぜなら壁や床を壊さないカバー工法という工事だからです。カバー工法では、もともとの玄関ドアの枠を残して、ひと回り小さい枠を取付けます。その後、額縁でもともとの枠をカバーしていきます。

 

もともとの枠は、外せるように見えますが、実は壁の下にもぐっている箇所があるので、壁や床を壊さないと外せません。壁や床を壊すと、復旧費用が莫大になる上に工事期間も長くなります。カバー工法なら、工事は1日。費用も数分の1で済んでしまいます。

 

完成イメージ作れます

現地調査の際には、実物カラーサンプルをご確認ください。玄関ドアマイスターはすべてのカラーの実物サンプルを持参してお伺いさせていただきます。LIXILリシェントであれば、その場で完成イメージを作成することも可能です。

 

ご自身でもアプリをダウンロードしてリシェントの完成イメージが作成できます。
かんたん合成アプリ

 

ネット販売は
顔が見えないから
信用できない?

玄関ドアマイスターは、現地調査をご依頼いただくと必ず直接お会いしてお打合せします。インターネットを活用していますが、工事を請け負うだけのネット販売の会社とは全く違います。現地調査までは完全に無料ですのでお気軽にお申し付けください。弊社は調査も工事もすべて自社で行い下請け業者は使いません。このスタイルは、正しい情報をお客様にご提供し、確かな技術で工事することを全うするため長年続けてまいりました。創業時から「親切本位」を社訓にお客様の立場に立って営業しております。

 

年間500件以上の工事数

LIXILのコンテストにおいてリシェント部門全国1位、YKKapのコンテストでドアリモ部門全国3位を獲得することが出来ました。社員10人以下の零細企業がこれだけの結果を出せたのは、玄関ドアリフォーム専門という特殊な会社であること、工事品質にこだわり続けたこと、お客様の目線に立ち続けてきたこと、が理由だと思います。

おかげさまでこれだけの取引量があるので皆様に製品をお安くご提供できています。また、工事は年間500件以上を、自社のマイスターだけで行っていますので多くのノウハウを蓄積しております。現場を見ればすぐにリフォームの方法がご提案できるのは、製品と工事技術の両方に精通しているからです。

 

【LIXILリシェントの工事履歴はこちらでご覧いただけます】

 

【YKKapドアリモの工事履歴はこちらでご覧いただけます】

 

安さの秘密

玄関ドアマイスターの安さの一番の秘密は、取引量の多さです。全国表彰されるほどの入荷量があるので、製品をお安くご提供ができます。また、ネットでお申し込みいただくスタイルなので、余計な広告費用が掛かりません。さらに、何度もお打合せにお伺いするような営業スタイルではないので営業経費も加算されません。工事は、下請会社を使わずに自社の社員である熟練のマイスターが行います。安すぎて不安、という声を稀に聞きますが、上記のような理由でお安くご提供できています。製品はもちろんすべて正規品です。工事には自信がありますので、メーカー保証を独自に延長して5年保証をご提供します。

 

トリプル保証

保証は、メーカー保証2年、玄関ドアマイスター工事保証5年、工事保険による瑕疵担保補償10年のトリプル保証です。
保証内容はこちら

  

窓の交換リフォームも
カバー工法でできます

窓も玄関ドア同様に、壁を壊さないカバー工法で交換リフォームができます。

工事は1窓半日程度。
玄関ドアと同時に工事すると通常価格よりお安くでご提供いたします。

窓リフォームの工事金額はこちらでご覧いただけます。
【窓リフォームマイスター】

【LIXILリシェントG82型
工事費込みの価格はこちら】

検索はこちら

玄関ドアの簡単お見積もり

step1ドアタイプをお選びください

※ 片袖タイプ・・・開閉ドアの片側が固定の採光窓になっているタイプです。
※ 両袖タイプ・・・開閉ドアの両側が固定の採光窓になっているタイプです。

step2ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

玄関引戸の簡単お見積もり

step1引戸のタイプをお選びください
step2ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。
step3ガラスをお選びください
複層ガラス

  •  

勝手口ドアの簡単お見積もり

step1ドアのタイプをお選びください
step2ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

最近チェックした商品

最近チェックした商品はありません。