スタッフブログ

2019年3月7日

塗装がはがれて隙間ができてしまったドア(茨城県取手市の工事事例)LIXILリシェントM77型

Before

ビフォーアフター

After

メーカー
商品
型番
カラー
オプション
工事打ち合わせ者
  • マイスター社長(中村)
工事担当者
  • 高木

こんにちわ!マイスター社長です。今回は、茨城県取手市にお住まいのお客様から玄関ドア交換リフォームをご依頼いただきました。ご用命いただきありがとうございました<(_ _)>
 

 

30年以上前の木製の玄関ドアからのリフォームです。2回ほど外壁塗装に合わせて塗装したそうです。玄関ドアの塗装は、下地をしっかりはがしてから塗装をしないと確実に数年以内にはがれてきます。室内側の塗装はきれいなままなのに、外側だけボロボロというお宅が本当に多いんですよね。。。木製のドアは本来高級品なのに本当にもったいないと思います。木製の玄関ドアは基本的に再塗装すると当初の木目の質感はなくなります。塗装した当初はきれいだとしてもすぐに汚らしくなってしまうのが悩みどころです。塗装しないでなるべく長く持たせて、塗装が必要なほど状態が悪くなってしまったら交換がおすすめです。

 

通常ドア本体だけではなく、両側と上部のガラスの部分も撤去して交換リフォームしますが、今回は、お客様のご希望で、ドア部分だけを交換しました。この場合、幅が6cm程度狭くなるので、使い勝手などの考慮が必要です。今回のお客様はすぐ隣に大きな窓があるので、荷物の出し入れは困らないという理由で、コストを優先しました。しかし、見た目の完成度は、非常によくできています。色のバランスもカラーサンプルでご覧いただいた通りご満足いただける仕上がりとなりました。

 

このように、ドア本体部分を片開きドアの枠で取り付ける場合、元の枠との隙間をカバーする外額縁の選定が重要になります。このような部材をどう使うかは、現場を経験した者でないとなかなか良い選択ができません。図面上では取り付けられそうでも、実際に作業する現場では無理!ということがリフォームの現場では特に多くあります。玄関ドアマイスター(中村建硝)では、必ず施工経験のある人間がお打合せに伺いますので、施工担当の連携がスムーズです。施工も下請け会社に依頼することはしないで、自社の職人が必ず施工します。現場を調査した者と工事する者の連携は特に重要です。文字だけでなく、お客様それぞれのこだわりや要望などもしっかり職人に伝えることで、ご満足いただける工事が可能になります。

  

皆様のおかげさまで、玄関ドアマイスター(中村建硝)は、LIXILのコンテストにおいてリシェント部門の全国1位を獲得、YKKapのコンテストでドアリモ部門全国3位を獲得することが出来ました。取引量が多いので製品もお安くご提供できています。また、工事も年間500件以上を、自社の職人だけで行っていますので多くのノウハウを蓄積しております。創意工夫が必要な玄関ドアリフォームを専門としてる会社は全国でも希少な存在です。

 

LIXILリシェントM77型 片開きドアランマ無し 工事費込みの価格はこちら/

 

お客様のご感想

検索はこちら

玄関ドアの簡単お見積もり

step1ドアタイプをお選びください

※ 片袖タイプ・・・開閉ドアの片側が固定の採光窓になっているタイプです。
※ 両袖タイプ・・・開閉ドアの両側が固定の採光窓になっているタイプです。

step2ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

玄関引戸の簡単お見積もり

step1引戸のタイプをお選びください
step2ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。
step3ガラスをお選びください
複層ガラス

  •  

勝手口ドアの簡単お見積もり

step1ドアのタイプをお選びください
step2ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

最近チェックした商品

最近チェックした商品はありません。