玄関ドアのリフォーム・修理交換は中村けんしょうへお任せください|玄関ドアのリフォームなら玄関ドアマイスターへお任せください

お電話でのご相談お問い合わせは|0120-677-366| 電話受付:平日8:30〜18:00 お気軽にご相談ください|お問い合わせはコチラ

玄関ドアリフォーム交換費用の相場【事例あり】

玄関ドアリフォーム

こんにちは!玄関ドアリフォーム専門店 玄関ドアマイスター社長の中村です。今回は、玄関ドアのリフォームの必要性と、リフォームにかかる費用について説明します。

玄関ドアを交換すると、玄関周りの印象が良くなることに加えて、冬の玄関内の寒さや、カビ、嫌なニオイなども解決できます。暮らしが快適になることは確実なのですが、そこで気になることが値段です。玄関ドアのリフォームにはいくら予算が必要なのか、その予算でどんなリフォームができるのか気になりますよね。

「玄関の見栄えを良くしたい」「玄関の寒さを解決したい」など、玄関ドアリフォームの目的に合わせたリフォームをするには、「どんなドアを選べばよいのか?」「どの程度の費用が必要なのか?」というように、いろいろな疑問がわいてくることと思います。そこで、1000件以上の玄関ドアを交換してきた玄関ドアマイスターが、玄関ドアを検討中の皆様に、ビフォーアフターを見てもらいながら取り換え費用をお伝えします。

 

 

玄関ドアリフォームの価格相場

玄関ドアリフォーム費用の相場
*各リフォームサイト・国土交通省による調査より割り出した数字です。

玄関ドアのリフォームをした方に「リフォームにかけた費用はいくらですか?」と聞いたところ、多くの方は20~50万円台で交換しています。

断熱や採風機能のないアルミ片開きドアを交換するだけのリフォームなら10万円代で済む場合もあります。玄関内の間取りを変えたり、収納を設けたりすると100万円以上かかるケースもあります。平均的には30万円の値段が必要とお考えください。

予算別の玄関ドアリフォーム事例

おおよそ10万円ごとに価格を区切って、各価格帯での玄関ドアリフォームの内容をご紹介します。価格が変わる要素には、玄関ドアのタイプ、機能性があります。

玄関ドアの種類

  • 片開きドア 一枚のドアのみです。
  • 親子ドア メインで使う幅の広い親ドアと、普段は閉めておく幅の狭い子ドアで構成されたドアをいいます。片袖枠のドアを親子ドアに交換もできます。製作範囲内で親ドアの幅を広げ通行の幅を広くできま。
  • 片袖FIX 扉の脇に開け閉めができない窓がついている枠形状を片袖、または片袖FIXといいます。親子ドアを片袖タイプに交換もできます。製作範囲内でドアの幅を広げ通行の幅を広くできます。ガラスは、防犯合わせガラスに変更ができます。ガラス部分には、縦格子状の袖飾りや郵便受口が取り付けできます。
  • 両袖FIX 扉の左右に開け閉めのできない窓がついている枠形状を両袖、または両袖FIXといいます。製作範囲内でドアの幅を広げ通行の幅を広くできます。ガラスは、防犯合わせガラスに変更ができます。ガラス部分には、縦格子状の袖飾りや郵便受口が取り付けできます。
  • 袖付き親子 片袖枠と親子ドアを組み合わせたタイプです。通行の幅を広げられる+採光量を増やすという2つの良さがあります。
  • 両開き 同じ幅の2枚のドアがあるタイプです。親子ドアと同様に、親ドアは左右どちらかのドアになります。左右どちらのドアも開くと大型の家具も搬入できます。

機能性

  • 断熱 玄関からの暖房の熱の流出を抑え、玄関内の寒さを抑えます。断熱窓との組み合わせで、家の中全体を魔法瓶のような状態にできます。
  • 通風・採風 ドアをロックしたまま、玄関内に風を採りこめます。玄関内はもちろん、家中の換気が良くなります。

予算10万円台で交換した場合

玄関ドアリフォームの一般的な相場は、30万円~40万円です。ただ、片開きドアでは、断熱、通風などの機能は選べませんが、10万円台でリフォームできるケースがあります。

事例1

10万円の玄関ドアリフォーム施工例

ドアタイプ 片開き
ドア素材 アルミ
断熱性能  なし
通風機能  なし
防火機能  なし
合計費用 ¥166,600
使用したドア LIXILリシェント C12N型

事例2

10万円の玄関ドアリフォーム施工例2

ドアタイプ 片開き
ドア素材 木目
断熱性能 なし
通風機能  なし
防火機能 なし
合計費用 ¥181,500
使用したドア LIXILリシェントM17型

予算20万円台で交換した場合

予算が20万円でも、ドアタイプは、片開きに限られますが、断熱機能のついた玄関ドアという選択肢が加わります。

事例1

20万円の玄関ドアリフォーム施工例1

ドアタイプ 片開き
ドア素材 木目
断熱性能 あり
通風機能 あり
防火機能 なし
合計費用 ¥256,300
使用したドア LIXILリシェントG82型

事例2

20万円の玄関ドアリフォーム施工例2

ドアタイプ 片開き
ドア素材 木目
断熱性能 あり
通風機能 あり
防火機能 なし
合計費用 ¥297,550(本体価格¥256,300+タッチキー)
使用したドア LIXILリシェントM83型

事例3

20万円の玄関ドアリフォーム施工例3

ドアタイプ 片開き
ドア素材 木目
断熱性能 あり
通風機能  なし
防火機能 なし
合計費用 ¥228,800
使用したドア LIXILリシェントM77型

予算30万円台で交換した場合

30万円台では、片開きドア、親子ドア、片袖ドアの3つのドアタイプ、断熱機能の有無という選択肢が増えます。オプションでリモコンキーを付け加えることもできます。

事例1

30万円の玄関ドアリフォーム施工例1

ドアタイプ 親子
ドア素材 木目
断熱性能 あり
通風機能 なし
防火機能 なし
合計費用 ¥315,260
使用したドア リシェントM83型

事例2

30万円の玄関ドアリフォーム施工例2

ドアタイプ 片袖FIX
ドア素材 木目
断熱性能 あり
通風機能  なし
防火機能 なし
合計費用 ¥332,860(本体価格¥261,415+タッチキー)
使用したドア LIXILリシェント M28型

事例3

30万円の玄関ドアリフォーム施工例3

ドアタイプ 片開き
ドア素材 木目
断熱性能 あり
通風機能  なし
防火機能 あり
合計費用 ¥380,050(本体価格¥228,800+タッチキー)
使用したドア LIXILリシェント M77型

予算40万円台で交換した場合

ほとんどの場合、希望が全て叶えられる価格帯です。 40万円台のドアには、ドアタイプに両開きが加わり、断熱+通風機能の付いたドア、ガラス部分にLOW-E複層ガラスが使われているより断熱性の高いK2仕様の断熱ドアという選択肢が増えます。 オプションで、デザイン性や機能性の高いハンドルキーやリモコンキーも選べ、複数組み合わせられるようになります。
40万円の玄関ドアリフォーム施工例1

ドアタイプ 両開き
ドア素材 木目
断熱性能 あり( K2仕様)
通風機能 なし
防火機能 なし
合計費用 ¥484,605(ドア本体¥397,760+K2仕様+S型ハンドルタッチキー
使用したドア LIXILリシェントG15型

事例2

40万円の玄関ドアリフォーム施工例2

ドアタイプ 親子
ドア素材 木目
断熱性能 あり
通風機能 あり
防火機能 なし
合計費用 ¥471,405(本体価格¥357,335+ポケットキー+洋風カーブハンドル+D2仕様)
使用したドア YKKAPドアリモE09T

事例3

40万円の玄関ドアリフォーム施工例3

ドアタイプ 親子
ドア素材 木目
断熱性能 あり
通風機能 なし
防火機能 なし
合計費用 ¥471,405(本体価格¥¥336,545+ポケットキー)
使用したドア YKKAPドアリモN05T

予算50万円台で交換した場合

40万円台で、ほとんどの機能とオプションがつけられます。したがって、50万円台のドアは、両開きや袖付き親子など、間口の広いドアが多いです。 本体価格が50万円以上のドアは少なく、YKKドアリモでは、親子ドア~両開きの高級なアルミ色の断熱ドアだけ、LIXILリシェントでは、親子ドア以上の断熱+防火ドア、断熱+通風+防火ドア、高断熱ドアの3種類だけです。
50万円の玄関ドアリフォーム施工例

ドアタイプ 袖付き親子
ドア素材 木目
断熱性能 あり
通風機能 あり
防火機能 なし
合計費用 ¥525,415(ドア本体¥420,915+ポケットkey・洋風カーブハンドル
使用したドア ドアリモ E09T

予算60万円台で交換した場合

玄関ドア交換のリフォームで、60万円台というケースは、ほとんどありません。本体価格自体が、60万円以上の玄関ドアは、LIXILリシェント G15型両開きランマ無しの 防火ドアだけだからです。 防火ドアは、機能的に通風機能はつけられませんが、断熱機能と、あらゆるオプションを選択できます。この施工事例では、タッチキーがついているため、60万円台に分類されています。 100万円以上の高額な玄関ドアリフォームには、壁を壊す工事をする、玄関内の内装もリフォームする、などがあげられます。
60万円の玄関ドアリフォーム施工例

ドアタイプ 親子
ドア素材 木目
断熱性能 あり
通風機能 なし
防火機能 あり
合計費用 ¥601,150(本体価格¥559,900+タッチキー)
使用したドア リシェント G12型

玄関ドアリフォームオプション一覧

玄関ドア交換リフォームには、ドア本体の価格の他に、オプション費用が加算されます。

玄関ドアリフォームのオプション一覧
ハンドル 5000円
ハンドル傷防止加工 5000円
カードキー 24,000円~25,000円
リモコンキー 37,500円~50,000円
ガラス性能 26,000円~42,000円
袖飾り 13,500円
袖飾り(ポスト付) 15,000円~27,500円

オプション料金は、メーカーによって多少の差があります。

表内のオプションの他に、現在の玄関の状況によっては、下枠段差緩和材や下枠巾木(段差を無くす為の部材)・額縁(枠をきれいに調える為の部材)が必要になった場合に、オプション費用が発生することがあります。
オプション費用は、0円から10,000円程度のケースが多いです。現場状況により取付上必要になる最低限の部材を調査の際にご案内します。

DIYで玄関ドアをリフォームできる範囲

DIYで玄関ドアをリフォームできる範囲
DIY 業者
ドアタイプの変更 不可 可能
欄間の撤去 or 新設 不可 可能
鍵交換 手動のみ可能 電子キーも可能
断熱の程度 弱(断熱シートなど) 高断熱まで可能
通風機能 不可 可能
防火機能 不可 可能
合計費用 断熱シート、隙間風テープなどの材料費 300円~3,000円程度 10万円台~60万円

断熱の程度について
DIYで玄関ドア本体の断熱機能を変更することはできません。断熱シートや隙間風テープなどを貼り付けて微弱に熱が逃げる量を減らせます。

玄関ドア取替費用を抑えるならカバー工法を選べ!

カバー工法とは、今ある玄関枠の上に新しい枠と、玄関ドアを取り付ける玄関ドアリフォームの方法です。

従来の玄関ドアリフォームでは、壁を壊さなくては、玄関ドアの交換ができませんでした。住宅の壁を壊す工事では、工事期間が長い、廃棄物が多い、騒音や粉塵でご近所に迷惑がかかるなどの問題点があります。

さらに、玄関ドア本体の価格より高額な100万円~200万円の工事費用がかかります。カバー工法の場合は、玄関ドア本体価格と工事費用を併せて、20万円~40万円です。騒音や粉塵も少ないので、ご近所への迷惑も少なくて済みます。
壁を壊す工事よりカバー工法のほうがはるかに安くできる理由は、壁を壊さない為、工事期間が短いことと、壁床の解体復旧工事がないということです。ただ、壁を壊さないので、片開ドアから両開きドアにするなど、間口を広げることはできません。

現在のドアと同じサイズで、玄関ドアを交換するなら、壁を壊す工事やDIYより、カバー工法でのリフォームが一番良い方法です。

玄関ドアマイスターは、すべての玄関ドア交換リフォームを、カバー工法で施工しています。現地調査に伺うスタッフも、施工をするスタッフも、全員玄関ドアマイスターです。

玄関ドアリフォーム
下請けに出さず、必ずこのメンバーで玄関ドアのリフォームを行っています。メーカーのマニュアルにないような難しい条件の玄関ドアでも、創意と工夫できれいに仕上げる技術と知識を持ったスタッフばかりですので、安心してお任せください!

玄関ドアのリフォームがよく分かる特集コンテンツ

  • 玄関ドアの修理辞典
  • リフォームのご提案
  • お客様の施工事例
  • 防犯にも強いオプションについて
  • 相見積もり中の方へ

お客様の声お客様の声

お客様の声
お客様の声
お客様の声
お客様の声
お客様の声
検索はこちら

玄関ドアの簡単お見積もり

step1
ドアタイプをお選びください

※ 片袖タイプ・・・開閉ドアの片側が固定の採光窓になっているタイプです。
※ 両袖タイプ・・・開閉ドアの両側が固定の採光窓になっているタイプです。

step2
ランマの有無をお選びください

  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

玄関引戸の簡単お見積もり

step1
引戸のタイプをお選びください
step2
ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

勝手口ドアの簡単お見積もり

step1
ドアのタイプをお選びください
step2
ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

最近チェックした商品

最近チェックした商品はありません。