親子ドアに玄関ドアリフォームを検討している人が知っておきたいこと

17  

玄関ドアを交換する時に、親子ドアか片袖か迷うこともあるでしょう。どちらにもメリットやデメリットはありますが、その中でも親子ドアについて詳しく知りたい方のために、今回は購入を検討する際に知っておきたいことについて紹介します。

親子ドアとは

親子ドアとは簡単に説明すると小さな子ドアとセットになった玄関ドアのことを言います。正直、基本的には親ドアしか使用することはなく、子ドアは閉まっています。

普段使用する際にとても役立つドアではありませんが、いざという時に役立つドアとして人気です。

親子ドアの寸法は?片袖とは何が違う?

親子ドアと片袖は何が違うの?と疑問に思われる方も多いです。それもそのはずで、見た目は基本的に親子ドアも片袖も変わりはありません。

寸法を見てみると、親子ドアは幅が1030mmから1240mm、高さが1970mmから2350mmです。片袖も幅が1030mmから1240mm、高さが1970mmから2350mmで変わりはありません。

しかし、価格は親子ドアの方が5万円から6万円ほど高くなります。価格の差は単純に子ドアの有無です。片袖よりも使い勝手が良くなるので、高くなっているということです。

親子ドアの子ドアが活躍する時っていつ?

いざという時に使い勝手がよくなる親子ドアの子ドアですが、そのいざという時はいつ訪れるのでしょうか?実際に使い勝手がいいシーンについて紹介します。

まず1つ目は引越しのときの荷物搬入出時です。引越しをする時の荷物は基本的に玄関の扉から入れたり出したりしますが、入りきらないものはリビングの窓を開けたりする必要があります。

しかし、親子ドアがあれば子ドアを開けれるので、その分広くなって基本的に大きな家電や家具でない限りは玄関から荷物の搬入出が可能です。

2つ目は車椅子で出入りする場合です。例えば自宅に足の不自由な家族がいる場合、片袖の玄関ドアでは出入りの際に車椅子を折りたたむ必要があるので不便ですが、親子ドアなら子ドアを開ければ車椅子をたたまずに出入りできます。バリアフリーとしても活躍するので便利です。

その他にも3つ目は人の出入りが頻繁にある時に役立ちます。例えば、自宅の庭でバーベキューをしたり、餅つきなど庭を使用してイベントをする場合は、出入りがあるので玄関が混雑します。

片袖だと出入りしにくいですが、親子ドアなら人2人は余裕で通れる大きさなので、使い勝手がよく便利です。

片袖では得られないメリットがたくさんありますし、意外と活躍するシーンもあるので、交換を検討している方は使い勝手の良さなどもチェックしながら決めるといいでしょう。

玄関ドアは使い勝手以外にデザインもチェックして選ぼう!

玄関ドアは何を選べば使い勝手がいいか?という点や、料金なども考えながら選ぶかと思います。それ以外にも、家のデザインのバランスなども考えて玄関ドアのデザインにもこだわった方がいいでしょう。

デザインは形なども重要ですが、例えばしっかりと採光は取り込めるかなどもチェックしながら選ぶと後悔しません。また、欄間の有無なども考えたりして納得のできる玄関ドアを選ぶようにしましょう。

玄関ドアで新しい環境を作る

新しい玄関ドアは快適な生活環境を手に入れることができます。
玄関ドアの中でも親子ドアについて紹介しましたが、確かに子ドアを使うシーンは少ないと言えるでしょう。しかし、人それぞれ生活環境は異なります。玄関の出入りにスペースが必要だという人は親子ドアを選んだ方が快適な生活環境を手に入れることができます。

親子ドアの使い勝手についてこちらの記事でも詳しく説明しています。ぜひご覧ください。

親子ドアは便利なの?一年に一回も使わないのでは?

要チェック!お客様の声を見る
検索はこちら

玄関ドアの簡単お見積もり

step1ドアタイプをお選びください

※ 片袖タイプ・・・開閉ドアの片側が固定の採光窓になっているタイプです。
※ 両袖タイプ・・・開閉ドアの両側が固定の採光窓になっているタイプです。

step2ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

玄関引戸の簡単お見積もり

step1引戸のタイプをお選びください
step2ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。
step3ガラスをお選びください
複層ガラス

  •  

勝手口ドアの簡単お見積もり

step1ドアのタイプをお選びください
step2ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

最近チェックした商品

最近チェックした商品はありません。