玄関ドアをセルフでリフォームする際のメリットとデメリット

12  

玄関は家の顔でもある大切な部分です。しかし、玄関ドアに限らずですが、使用年数が長ければ長いほど劣化する可能性も高まります。劣化した状態で放置すると、家の印象が悪くなったり、快適な場所の維持ができません。

劣化したらできる限りリフォームをした方がいいのですが、方法としてはセルフで行う方法と業者に依頼する方法の2つがあります。その中でも玄関ドアをセルフでリフォームすることで得られるメリットとデメリットについて紹介します。

玄関ドアをセルフでリフォームすると費用が抑えられるメリットが?

玄関ドアについて知識がある方がセルフで行えば、工賃が発生しません。基本的には業者に依頼するよりは安く済ませられます。

玄関ドアのどこの部分をリフォームするかでも難易度は異なりますが、塗装面などそれほど知識を必要としない場所はセルフで作業をするのも安く済むのでいいかもしれません。

リフォームで家の中が明るくなるメリットが?

玄関ドアは外出する時や帰宅時など、家の出入りに使う部分ですが、家の中の印象を変えられる大切な部分でもあります。

例えば、最近は洋風なドアが増えていますが、和風と比べると窓が少ないタイプも多いです。窓が付いていないとその分家の中に光が入らないので、暗い印象になってしまいます。

しかし、セルフでリフォームをして窓のある玄関ドアを採用すれば、暗くてじめじめした玄関ではなくなります。光を取り入れて明るい家にしたい人にはおすすめです。

業者からの営業活動がないのもメリット!

セルフでリフォームすると、当然ながら業者と関わる必要が全くないため、しつこい営業をされることはありません。

お金を出しているのにしつこい営業活動があると不快な気持ちになりますよね。基本的にセルフなら営業のことを考えなくて済むのでメリットとなるでしょう。

セルフで玄関リフォームするのは現実的なのか?

セルフで玄関リフォームをすると、費用面が安くなったり、玄関の印象を変えられます。メリットは多いように思えますが、基本的な知識がないと出来ないことばかりです。実際にデメリットもいくつか存在しているので、紹介します。

セルフだと作業できることは限られる!

元々仕事などで玄関ドアのリフォームをしている人などは別ですが、一からDIYを始めようと思っている方はやれることが限られます。

例えば、玄関ドアのリフォームは業者に依頼をして本格的に行えばドアの幅も変えられますが、セルフでそこまでやろうと思うと、作業に必要となる道具もたくさんありますし、大掛かりになるので1人ではできません。

セルフで作業をする場合は、特別な知識がない限り塗装などが限界です。失敗をしたくないなら業者に依頼をした方が安心でしょう。

材料のことを知らないと高くなる可能性も?

玄関ドアを全てリフォームしようと思うとそれなりに材料も必要です。知識があればすべて揃えられますが、知識がない方が全ての材料を揃えるのは大変です。

また、余分な材料まで購入してしまう可能性もあり、業者に依頼をするよりもトータルコストが高くなることも考えられます。

失敗を避けるためにも専門業者に依頼する

ルフで玄関ドアをリフォームすることで様々なメリットがあります。DIYの知識がある方には適していますが、基本的な知識がないと苦労する作業なので、失敗を避けたい人は専門業者に依頼することをおすすめします。

要チェック!お客様の声を見る
検索はこちら

玄関ドアの簡単お見積もり

step1ドアタイプをお選びください

※ 片袖タイプ・・・開閉ドアの片側が固定の採光窓になっているタイプです。
※ 両袖タイプ・・・開閉ドアの両側が固定の採光窓になっているタイプです。

step2ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

玄関引戸の簡単お見積もり

step1引戸のタイプをお選びください
step2ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。
step3ガラスをお選びください
複層ガラス

  •  

勝手口ドアの簡単お見積もり

step1ドアのタイプをお選びください
step2ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

最近チェックした商品

最近チェックした商品はありません。