玄関ドアのリフォーム・修理交換は中村けんしょうへお任せください|玄関ドアのリフォームなら玄関ドアマイスターへお任せください

お電話でのご相談お問い合わせは|0120-677-366| 電話受付:平日8:30〜18:00 お気軽にご相談ください|お問い合わせはコチラ

埼玉県蕨市での玄関ドアリフォームの施工事例

玄関ドアマイスターの本店は、茨城県取手市、サテライトスタジオは、東京都文京区と千葉県柏市にあります。それ以外の地域にも出張工事をしております。お近くの蕨市のお客様からもたくさんのご用命を頂き、何度も出張工事をしてきました。今回は、蕨市での施工事例をご紹介します。ご近所ですので、お気軽にご相談ください。

【埼玉県蕨市での玄関ドアリフォーム施工事例】
LIXILリシェント G82型クリエラスク親子ランマ無し

LIXILリシェント G82型クリエラスク

YKKのドアをLIXILリシェントの採風タイプの断熱ドアにリフォームした事例です。G82型はドアを閉めたままでも風を通せる採風タイプ+断熱仕様のドアです。

風を採り入れる採風タイプのドアとは?

ドア本体に、縦に長い縦すべりタイプの窓がついているドアです。玄関は、窓がないことが多く、窓のない玄関は、換気の悪い場所になってしまいます。夏は蒸し暑く、梅雨はジメジメします。その為、玄関内に嫌なニオイが発生したり、靴にカビか生えたりしてしまいます。

 

通風タイプのドアなら、雨に濡れた傘や長靴があっても、窓を開けて風を採り込めるので、玄関の中がジメジメしたり、カビが生えたりしてしまうことを避けられます。蒸し暑い日が続いても、風が通り、ジメジメしないので、嫌なニオイも発生しません。玄関からの風が採り入れられると、その風は、2階の窓へと抜けていくので、家中の換気が良くなります。

 

採風用の窓は、玄関ドアのカギを閉めたまま、窓だけ開けられるので、防犯上も安心です。採風部分には、上下2か所に鍵がついていますが、1回のレバーの操作で、2か所同時に施解錠できます。採風部分には、網戸がついています。細かい網目の網戸なので、小さな虫も侵入してきません。また、採風部分には、外から手を差し込めないように、格子があしらわれています。

 

LIXILリシェント G82型の他に、M83型とM84型も採風タイプの断熱ドアです。

 

G82型 M83型 M84型

 

断熱仕様のドアとは?

ドア本体に断熱材が充填され、袖や採風部分などのガラスには、複層ガラスが使われているドアです。玄関は、暖房をしていない住宅がほとんどです。その為、冬になると寒く、夏は暑い場所になってしまいます。

 

断熱ドアであれば、玄関内の温度が、外の温度の影響を受けにくくなります。さらに、家の中の窓が複層ガラスになっている場合には、家の中の温度差が抑えられ、家中が快適になります。家の中には、玄関の他に、廊下やトイレ、洗面所など、冷暖房をしていない場所がありますが、それらの場所の温度と、暖房をしているリビングとの温度差が小さくなるのです。

 

また、暖房をつけている時間帯と、暖房をつけていない時間帯の温度差も小さくなるので、夜中のトイレや、早朝の家事が楽にできます。

LIXILのリモコンキーは「タッチキー」

今回はリモコンキーをご採用いただきました。LIXILのリモコンキーは「タッチキー」といいます。リモコンに非常用キーが内蔵されているものと、キーのないタイプの2種類がございます。

 

どちらも、施解錠の度に鍵を取り出す必要がありません。鍵を携帯していれば、ボタンを押すだけで、子供を抱いていたり、両手に荷物を抱えたりしていても、簡単にドアの施解錠ができます。バッグの中の鍵が見つからない、暗くて鍵穴が見つからないというようなこともありません。オートロックの設定にしておけば、鍵の閉め忘れも防げます。

 

LIXILのリモコンキーは、手動キーと併用できるので、家族の中に手動キーを使いたい人がいる場合には、便利です。

 

ドアの幅について

親子ドアの場合、子扉の幅を小さくして、親扉の幅を広げられます。両方を開けば、より通行の幅を広げられますが、親扉の幅を広くしておけば、親扉を開くだけでも、通行の幅を広げられます。

 

通常は、子扉は閉じておくので、親扉の幅を広くしておくと、使い勝手が良くなります。子扉の幅は、最小で202ミリまで小さくできるので、その分親扉を広げることが可能です。

 

お客様のご感想

LIXILリシェントG82型 親子ドアランマ無し 工事費込みの金額はこちらからご覧いただけます。

 

【埼玉県蕨市での玄関ドアリフォーム施工事例】
LIXILリシェントC15型ハンドダウンチェリー親子ランマ無し

 

アルミドアから断熱仕様のドアにリフォームした事例です。もとの玄関ドアはアルミの30年以上前のタイプです。かつてはよく使われました片袖枠のランマ付きタイプです。外の光が良く取り込めるため、多く出回りました。しかし、現在では、ガラス部分が大きいと断熱性能が落ちるうえ、防犯性が悪い、デザイン的にランマがないほうが見栄えがするなど、玄関に求められる要望が変わってきました。

 

今回のお客様の玄関ドアは、ドア本体の下のほうが、枠に当たって擦れてしまう状況でした。こうなると閉めるときは無理にドアを押すし、開けるときも力を込めて引くので、サムラッチ錠という取っ手がだんだん壊れてしまうという悪循環でした。サムラッチ錠は、開けるときに押すペコペコ上下に動くところが、よく壊れてしまいます。同じ形状のものは現在ではほとんど残っていないので、錠前だけ交換するのは難しくなってきています。

 

ドアが枠に当たってしまう場合、考えられる原因は大きく二つです。一つ目がお家のゆがみ、二つ目が丁番の不良。一つ目のお家のゆがみは、木造住宅ではよく起こってしまう現象です。おうちの中の引戸に隙間が出来たり、ドアが当たったりするようになるケースも同様の理由が多くあります。

 

ゆがんでしまったときに玄関ドアを交換リフォームする場合は、水平と垂直を優先して新しいドアを取付ければドアの開閉はスムーズになるのですが、おうちに対してドアが曲がって付いてしまうので見かけが悪くなるケースがあります。私どもでは、ドアが曲がって付いているように見えないようにバランスを取りながら取付け位置を決めていくように工夫しています。

 

二つ目の丁番の不良についてご説明いたします。丁番というのは、ドアと枠をつないでいる部品のことです。この部品が変形してしまうとドアが枠に当たるようになってしまいます。単純にビスが緩んでいる場合も稀にありますので注意が必要です。ビスを閉めても閉まらないなら、下地がだめになっているケースが多いので、修理は出来ません。

 

このように、玄関ドアを交換しなくてはならないケースは様々です。交換は、新築と違い、様々なケースに合わせて工事するので経験が必要な工事です。玄関ドアマイスターでは年間500件以上の工事をします。どんなケースでも対策をできるのが、下請けさんを使わず、自社の職人でノウハウを蓄積した私たちの強みです。

 

リフォームするのは難しいのでは?と不安に思われるような問題のあるドアのリフォームはお任せください。どんなに悪条件が重なっていても、経験に培われた知識と技術で、必ず使い勝手も見栄えも良いドアにリフォームいたします。

お客様のご感想

 

LIXILリシェントC15型 親子ドアランマ無し 工事費込みの金額はこちらからご覧いただけます。

カバー工法について

今回ご紹介したどの工事も、いつものように、朝9時から始まり、16時までには完了しました。今回のケースもカバー工法なので、壁を壊さずに工事しています。

カバー工法とは、現在ある玄関ドアの枠の上に、新しい枠と新しいドアを設置する工事の方法です。カバー工法が開発される以前は、玄関ドアの交換は、費用も時間もかかる大変なリフォームでした。壁を壊さなくてはならなかったからです。現在も、玄関ドアの枠を広げる場合には、壁を壊す工事も行われていますが、主流はカバー工法です。

壁を壊す玄関ドアの取り換えには、建具業者だけではなく、大工、クロス職人、左官職人など、多数の職人がかかわるので、100万円以上の費用がかかり、期間も5日程度かかります。カバー工法は、建具業者だけで工事が完結するため、朝初めて夕方には工事が完了するという手軽さです。断熱や採風機能、リモコンキーなどをつけても、平均して30万円から40万円という費用で、玄関ドアのリフォームができます。騒音や粉塵も少ないので、ご近所への迷惑も最小限で済ませられます。

マイスター社長
マイスター社長

お客様に、快適な玄関をお使い頂けることは、私たちにとっても大きな喜びです。玄関ドアのリフォームは、玄関ドアの不具合、見栄えの悪さ、玄関内の寒さや風通しの悪さ、防犯性の低さ、鍵の使い勝手の悪さを、すべて解決できます。通風機能のあるドアにすれば、玄関だけではなく、家中の風通しが良くなります。一人でも多くのお客様が、快適で安全な玄関にされることを願っています。

 

ドアのトラブルでお悩みでしたら、ぜひ玄関ドアのリフォームをご検討ください。

 

今回ご紹介した事例の他にもたくさんの施工事例がございます。ぜひご覧ください。

 

玄関ドアリフォームの施工事例

 

玄関ドアリフォーム施工地域

玄関ドアマイスターは、東京23区、多摩地区、茨城県、千葉県、埼玉県、栃木県、群馬県、神奈川県に出張いたします。

 

玄関ドアリフォームお見積

 

インターネットでのお見積りやお問い合わせを不安に思う方も多いと思いますが、玄関ドアマイスターでは、お見積りやお問い合わせをいただいたお客様に、勧誘や営業は決していたしません。お気軽にご利用ください。

 

マイスター社長
マイスター社長

お客様のご自宅に伺う仕事ですので、信頼を何よりも大切にしています。丁寧親切はもちろんのこと、マナーの徹底も行っています。仕事は、最後は人で決まるという部分があります。世界に唯一の商品やサービスを売っている会社なんて一握り。同じような価格、同じようなサービスは、他にもある。それでも「あの人に」と選んでいただける、そんな会社でありたいと思っています。

 

玄関ドアで困っていることがあれば、どんなことでもご相談ください。

玄関ドアは家の顔、お客様が初めに訪れる場所です。

家族にとっては、必ず毎日通る場所です。

きれいで快適な玄関は、生活の質を格段に向上させます。

新しい玄関で快適な生活を手に入れてください。

■ 玄関ドアの豆知識 

 

玄関ドアのリフォームがよく分かる特集コンテンツ

  • 玄関ドアの修理辞典
  • リフォームのご提案
  • お客様の施工事例
  • 防犯にも強いオプションについて
  • 相見積もり中の方へ

お客様の声お客様の声

お客様の声
お客様の声
お客様の声
お客様の声
お客様の声
検索はこちら

玄関ドアの簡単お見積もり

step1
ドアタイプをお選びください

※ 片袖タイプ・・・開閉ドアの片側が固定の採光窓になっているタイプです。
※ 両袖タイプ・・・開閉ドアの両側が固定の採光窓になっているタイプです。

step2
ランマの有無をお選びください

  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

玄関引戸の簡単お見積もり

step1
引戸のタイプをお選びください
step2
ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

勝手口ドアの簡単お見積もり

step1
ドアのタイプをお選びください
step2
ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

最近チェックした商品

最近チェックした商品はありません。