簡単ドア検索はこちら

スタッフブログ

2019年2月5日

ドアをリフォームするとどうなる?リフォームした方の意見を紹介

玄関ドアをリフォームすることで玄関に対して多くの効果をもたらすことが出来ます。これまで玄関ドアをリフォームした人達の意見を聞いてもドアをリフォームするだけで環境がガラッと変化したという意見を多く目にします。では玄関ドアをリフォームした人達はどのような効果を実感しているのでしょうか?

ドアをリフォームすることで得られる効果とは?

ご自宅の玄関ドアのリフォームを検討したことはありますか?リフォームそのものや玄関の環境に関してそこまで強い意識を持っていない人は、これらの話題に興味が無いかもしれません。

しかし玄関ドアをリフォームすると様々な効果を得られます。ドアをリフォームすると玄関ドアのデザインだけでなく、玄関の温度・湿度の管理、防犯対策、サイズの変更など様々な効果を得られます。

実際に玄関ドアのリフォームを経験した人も多くの効果を実感しています。そのため玄関ドアのリフォームをすることは玄関の環境に非常に影響すると言えます。

実際にリフォームした方の意見

カバー工法による迅速な工事が嬉しい

リフォーム工事をすることはとても面倒な作業に関わることだというイメージを抱いている方がたくさんいます。玄関ドアの取り付け工事に関しても、数日間に渡る長期的な工事日程がかかると思っている方がまだたくさんいます。

実際に一昔前まではそうでした。玄関ドアのリフォームには、まず玄関ドアの周囲を養生します。その後既存のドア本体を取り外し、ドア枠を外して枠周辺の壁も取り壊します。空いた隙間に新たな枠を埋め込んで、壁を塗り直してから新しい玄関ドアをはめ込みます。最後に養生を回収して完了です。

この工程だと工事が完了するまでに合計4~5日間は必要でした。

しかし現在は「カバー工法」と呼ばれる方法で作業しています。カバー工法は窓枠をそのまま利用してドア本体だけを交換するので、作業工程がはるかに短くなりました。現在はどのメーカーもカバー工法によって作業していますが、即日で工事が完了するようになっています。カバー工法によって効率良く作業出来るようになったので、時間だけでなく人件費も削減に成功しているので良いことずくめです。

カバー工法の弱点:わずかな段差が気になる

カバー工法は非常に効率良く工事できるので高い評価を集めています。しかしカバー工法にも弱点が存在します。それは新たなドア枠によってわずかな段差が出来てしまうことです。カバー工法は既存の窓枠の中に新たな枠をはめ込んで、その中にドア本体を取り付けます。そのためほんのわずかですが、リフォーム前に比べてドア枠が狭まってしまいます。

大抵の場合、横と上の枠はそれほど問題ではありませんが、下は少し出っ張ってしまうため段差が出来てしまいます。段差と言ってもごくわずかなので日常生活に大きな支障は出ない程度ですが、足腰が弱い方や車椅子で通過する時などはその段差が気になってしまうかもしれません。

電子ロックは便利

玄関ドアの鍵と言えばキーを鍵穴に差し込んで捻ることで施解錠するタイプが主流となっています。しかしリフォーム時には、従来の鍵ではない電子ロックが人気となっています。

電子ロックは電気によってドアのロックをコントロールしています。鍵を開けるためのキーはカード・リモコン・ケータイアプリなどの様々な種類があります。

操作方法は特定のキーをドアに付いているセンサーにかざす、あるいはキーを持参した状態でドアのボタンを押すと鍵が開きます。

電子ロックの良い所は鍵穴を使用しないのでピッキングされる心配が無いことです。緊急用の鍵穴はありますが、普段はカバーによって隠れています。また鍵の操作がキーをかざす、またはボタンを押すと言った単純な作業なので玄関での鍵の操作がスムーズになります。

キーはドア本体に登録した分だけ使用できるだけでなく、後から追加登録も出来ます。第三者による複製はほぼ不可能であり、家族間で使用する数を簡単に増やせます。万が一キーを紛失した際も、改めて登録し直すだけで済みます。従来の鍵の様にシリンダーごと入れ替えるといった面倒なことはする必要がありません。

しっかりと頼れる業者に依頼すべき

住宅のリフォームを取り扱っている業者はたくさんあります。それらの業者に頼めば玄関ドアのリフォームも対応してくれます。しかしせっかく玄関ドアをリフォームするならば玄関ドアの取り扱いに特化した業者に依頼すべきです。

実は玄関ドアのリフォームは誰にでも出来ることではありません。新品のドアを枠の中に寸分違わず取り付けなければならないので、とても難しい取り付け作業となっています。

作業自体だけでなく適切な玄関ドアのチョイスもしなければなりません。見積もりの時点でお客様の意見を聞いてその要望に合った玄関ドアを数ある商品の中から選び取る必要があります。

リフォーム用玄関ドアはデザインの数が多く、ドアの種類・窓ガラス・通風窓・セキュリティシステムなどのオプションにも考慮して選ばなければなりません。建物の外壁に合った色のチョイスも専門的な知識と経験が求められます。

また玄関ドアに特化している業者というのはそれほど多くありません。そのため玄関ドアをリフォームする際は、まず業者選びから考えてみて下さい。

どんな人がドアをリフォームするべきか?

ドアが古くて経年劣化を起こしている

築年数が長い住宅に住んでいる人は玄関ドアも年季の入った物を使用していることが多いです。年季の入ったドアはデザインが古いのでどうしても時代を感じさせてしまいます。古いデザインも奥深さがあって魅力的ですが、ただ単に古いだけなのは時代に取り残されているイメージを抱いてしまうのでおしゃれではありません。所々に傷やヘコミがあったり塗装が剥げていたりもするので交換するべきでしょう。

また経年劣化を起こしているドアは建付けが悪くなっており、隙間風が生じている可能性があります。隙間風があると室内が冷え込んだり、その隙間から虫が入り込んでしまうのですぐに対応しなければなりません。

セキュリティ強化を検討している

自宅のセキュリティを強化したいのであれば玄関ドアに防犯対策を施す必要があります。泥棒や空き巣は住宅に侵入する際に玄関ドアからの侵入を試みる傾向にあります。玄関ドアを不正解錠する方法はピッキング、ガラス破り、サムターン回し、こじ開けなどいくつもあります。

手慣れた常習犯であれば一般的なドアの場合、たった数十秒で鍵を開けてしまいます。そのような危険な状態から脱却するためにはリフォーム用玄関ドアで防犯対策を施す必要があります。

リフォーム用玄関ドアの電子ロックによる制御なら防犯効果を飛躍的に高められます。それ以外にもディンプルキーを使用することも有効です。ディンプルキーは差し込み口に複数の丸い穴が空いていて、従来のキーに比べてピッキングがはるかに難しいのでとても便利です。

冬場の冷え込みが厳しい

冬になると玄関は寒くなります。玄関が寒い理由は「暖房が無いから」「玄関ドアに断熱対策が施されてないから」の二つです。アルミやステンレスのドアだと外の寒さの影響をすぐに受けてしまいます。

そこで断熱材を含んだリフォーム用玄関ドアに交換することをお勧めします。これによりドアから寒さを通さないので玄関の快適な気温を維持できます。寒さの厳しい北陸地方などにお住まいの方に強くお勧めします。

まとめ

玄関ドアをリフォームするとたくさんの効果があり、実際に交換した人達はそれらを実感しています。玄関ドアをリフォームすることはおしゃれ・防犯・断熱などたくさんあり、玄関ドアを交換するだけでたくさんの効果を得られるので多くの方にお勧めします。

玄関ドアのリフォーム屋さん(株)中村建硝の見積フォームへのリンク

http://nakamura-genkan.com/item-search/

検索はこちら

玄関ドアの簡単お見積もり

step1ドアタイプをお選びください

※ 片袖タイプ・・・開閉ドアの片側が固定の採光窓になっているタイプです。
※ 両袖タイプ・・・開閉ドアの両側が固定の採光窓になっているタイプです。

step2ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

玄関引戸の簡単お見積もり

step1引戸のタイプをお選びください
step2ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。
step3ガラスをお選びください
複層ガラス

  •  

勝手口ドアの簡単お見積もり

step1ドアのタイプをお選びください
step2ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

最近チェックした商品

最近チェックした商品はありません。