玄関ドア、玄関引戸、勝手口ドアのリフォーム交換は技術の玄関ドアマイスター|玄関ドアのリフォームなら玄関ドアマイスターへお任せください

玄関ドアリフォームの玄関ドアマイスター|技術力と価格で勝負の専門店|全国1位表彰獲得
お電話でのご相談お問い合わせは|0120-677-366| 電話受付:平日8:30〜18:00

スタッフブログ

公開日:2022年12月18日

/ 最終更新日:2022年12月19日

玄関を明るくするなら玄関ドアを変えることがベストチョイス

玄関が暗いと、気分も沈みがちですし、周りがよく見えないために、怪我をするリスクが高まるため、少しでも玄関を明るくしたいですね。

玄関の明るさは、家の構造・方角も関係しますが、仕方がないことと諦める必要はありません。少しでも玄関の暗さが気になる、明るくしたいと思ったらぜひ一読してください。玄関が明るくする方法をお伝えします。

 

 

玄関が暗い原因は?

北向きの暗い玄関

そもそも玄関が暗い原因は、光が入らない、入りにくいからです。光が入らない理由としては、玄関の位置、構造、内装です。

玄関の位置で考えると、特に北向きの玄関は、東→南→西へと太陽の動く位置上にありません。どうしても日光が差し込みにくくなります。

また玄関の構造で考えると、窓が設置されていないために光が入り込む余地がありません。

内装においても、ダークトーンである可能性が高いです。シックな雰囲気を好む方であれば、内装は黒や濃い茶色のインテリアや建具であることが多く、光が入っていたとしても吸収されてしまうからです。

 

 

玄関を明るくする方法


玄関を明るくするなら、どんな方法があるのでしょうか。玄関が暗い原因から考えると、何よりホワイト系の空間をつくりあげることがポイントになります。

 

  • 壁の色
  • 玄関のインテリア
  • 玄関ドアを変える
  • 光を入れる

 

壁の色

壁は、玄関の中でどれだけ占有しているかにもよりますが、まずは白い壁紙が明るさを演出することができます。
一般的なご家庭では、白い壁紙であることが多いため、変える必要がないことが考えられます。
アクセントに、細めの縦スライブの模様のあるもの、または、ウォールシールなどで明るい緑の葉模様を加えてみると、空間に広がりができ、明るさを演出することができるでしょう。

 

 

玄関のインテリア

玄関は下駄箱が大きく場所を占めていることがほとんどです。暗めの色なら、白や明るい色味の木製がピッタリです。
下駄箱ごと変えるのではなく、扉部分をリメイクシートで簡単に変えるだけでも随分と印象が変わりますよ。

観葉植物を置いて自然のものをプラスする方法もありますが、お子様がいるご家庭ではおすすめはできません。

お子様が鉢に当たってしまう、ベビーカーなどを収納しているときに、ふいに大人が当たってしまう可能性が高いため、怪我のリスクもあるためです。

 

 

玄関ドアを変える

家の顔、玄関=玄関ドアというぐらい、要の部分です。壁の色やインテリアを変えるよりも費用がかかりますが、玄関全体の印象をぐっと変えてくれます。

玄関を明るくするために、なかなか玄関ドアを変えてしまおうという発想はないかもしれませんが、効果的です。なぜ玄関ドアがよいのか、詳細は後述します。

工事事例を見る

 

 

光を入れる

部屋を明るくするなら、光を入れるのと同じです。
光を入れる方法は、玄関横に、採光窓を取り付けることや吹き抜けをつくることです。

また照明にも一工夫してみましょう。人を感知するセンサーライトが有名ですが、明るさを感知する明暗センサーライトもあります。
明暗センサーライトであれば、暗くなったらライトがつきますので、玄関が真っ暗になることはありません。

 

 

関連コラム

 

玄関ドアを変えるだけで本当に明るくなる!?


さて、玄関を明るくする場合、玄関ドアを変えるだけで本当に明るくなるのか疑問に思うかと思います。また、玄関を明るくするなら、玄関ドアを変えることが何よりもまず、おすすめします。

 

おすすめする理由も合わせてお伝えします。

  • 窓をつけることは現実的ではない
  • 玄関ドアのデザインが豊富
  • 採光も可能
  • 気分が一新される
  • 玄関ドアのリフォームは1日で完了

 

 

窓をつけることは現実的ではない

玄関に採光窓を取り付けることは、家を建てる段階であれば、デザインの変更の依頼もしやすく、大きな工事にはならないでしょう。
しかし、リフォームとなると、壁の一部分を壊すことから始めなければいけません。
費用もかかりますし、工期も長くなってしまいますので、現実的ではありません。

 

 

玄関ドアのデザインが豊富

玄関ドアは、シンプルなものからナチュラル、高級感を感じるものまで様々なデザインがあります。
またカラーバリエーションも豊富で白から水色まであり、選ぶことが難しいくらいです。

さらに断熱性能があるもの、スマートキーなど機能を充実させることもできます。

今の玄関ドアが引き戸の場合でも開き戸に変更することも可能ですので、まずはどんなデザインの玄関ドアがあるのか調べてみることから始めてみましょう。

 

→どんなドアがあるのか見てみたい方はコチラから検索できます。

 

 

採光も可能

YKKAP採光デザインの玄関ドア

また、玄関ドアそのものに、光を入れる「採光ドア」が取り付けられたタイプがあります。

壁に窓を取り付けるよりも、ずっと手軽に光を入れることができます。
「採光ドア」でも、ドアの真ん中にデザインされたものや、右端や左端にあるもの、大きさも色々ありますので、これだ!と思えるものに出会えるでしょう。

 

※採光とは?
住宅の居室などに、自然の光を取り込むことを指します。

参考:江戸川区 住まいづくりの手引き

気分が一新される

玄関ドアの交換、リフォームによって、一部分でも新しくなることで、全体がスッキリとし、気持ちもスッキリします。

正直なところ、リフォームを経験した方にしか分からない気持ちですが、工事後の姿を見ると感動しますよ。

参考までに光の入り方によって、玄関がどんな風に変わるのか、ご覧ください。

 

 

玄関ドアのリフォームは1日で完了

玄関ドアの交換の場合、まず現地での採寸を適正に行なった上で、商品を発注し、工事へと進みます。

玄関ドアのサイズを変えると大掛かりな工事になってしまいますが、現状のドア枠を壊さない「カバー工法」という工法であれば、1日で完了しますので、思っているより気軽にリフォームすることができるでしょう。

関連コラム

玄関ドアの疑問解決 

マイスター社長
マイスター社長

玄関ドアマイスターは東京、茨城、千葉、埼玉、神奈川、栃木で玄関ドアの交換と併せて行う窓のリフォーム(内窓・窓交換)を承っています。玄関ドアや窓のことなら何でもご相談ください。ご自宅の環境に合わせて最適なご提案をさせていただきます。

玄関ドアリフォーム施工地域

マイスター社長
マイスター社長

インターネットでのお見積りやお問い合わせを不安に思う方も多いと思いますが、玄関ドアマイスターでは、お見積りやお問い合わせをいただいたお客様に、勧誘や営業は決していたしません。お気軽にご利用ください。

お客様のご自宅に伺う仕事ですので、信頼を何よりも大切にしています。丁寧親切はもちろんのこと、マナーの徹底も行っています。仕事は、最後は人で決まるという部分があります。世界に唯一の商品やサービスを売っている会社なんて一握り。同じような価格、同じようなサービスは、他にもある。それでも「あの人に」と選んでいただける、そんな会社でありたいと思っています。

玄関ドアで困っていることがあれば、どんなことでもご相談ください。

玄関ドアは家の顔、お客様が初めに訪れる場所です。

家族にとっては、必ず毎日通る場所です。

きれいで快適な玄関は、生活の質を格段に向上させます。

新しい玄関で快適な生活を手に入れてください。

著者情報

マイスター社長 中村 貴

中村 貴

玄関ドアマイスター社長
二級建築士
株式会社中村建硝(昭和5年創立)の三代目
建具のプロとして、当店のスタッフの知識と技術はどこにも負けないという自負があります。お客様の暮らしを快適にし、お悩みを解決することで社会に貢献したいと思っています。

玄関ドアのリフォームがよく分かる特集コンテンツ

  • 玄関ドアの修理辞典
  • 玄関ドアリフォームのメリット
  • 防犯にも強いリモコンキー・カードキーについて
  • 相見積もり中の方へ
検索はこちら

玄関ドアの簡単お見積もり

step1
ドアタイプをお選びください

※ 片袖タイプ・・・開閉ドアの片側が固定の採光窓になっているタイプです。
※ 両袖タイプ・・・開閉ドアの両側が固定の採光窓になっているタイプです。

step2
ランマの有無をお選びください

  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

玄関引戸の簡単お見積もり

step1
引戸のタイプをお選びください
step2
ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

勝手口ドアの簡単お見積もり

step1
ドアのタイプをお選びください
step2
ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

最近チェックした商品

最近チェックした商品はありません。

お知らせ 口コミはこちら