玄関ドアのリフォーム・修理交換は中村けんしょうへお任せください|玄関ドアのリフォームなら玄関ドアマイスターへお任せください

お電話でのご相談お問い合わせは|0120-677-366| 電話受付:平日8:30〜18:00 お気軽にご相談ください|お問い合わせはコチラ

埼玉県越谷市での玄関ドアリフォームの施工事例

玄関ドアマイスターの本店は、茨城県取手市、サテライトスタジオは、東京都文京区と千葉県柏市にあります。それ以外の地域にも出張工事をしております。お近くの越谷市のお客様からもたくさんのご用命を頂き、何度も出張工事をしてきました。今回は、越谷市での施工事例をご紹介します。ご近所ですので、お気軽にご相談ください。

【埼玉県越谷市での玄関ドアリフォーム施工事例】
LIXILリシェントG82型トリノパイン親子ランマ無しS型ハンドルタッチキー

LIXILリシェントG82型トリノパイン

人気の採風タイプ、木目調断熱ドアにリフォームした事例です。

今までお使いの玄関ドアは、ランマ付きの片袖ドア、断熱性の低いアルミのドアでしたが、今回のリフォームで、見栄えも使い勝手も良い玄関に生まれ変わりました。

片袖ドア→親子ドア

玄関ドアマイスターでは、リフォームの際に、通行の幅を広げられる方法をご提案しています。通行の幅を90cm以上にすると、車椅子が通れるようになり、バリアフリーにできるからです。

車いすの幅は手動のもので630ミリ以下、電動のもので700ミリ以下がJIS規格として販売されています。新バリアフリー法では、トイレや浴室などの出入り口は90センチ以上の幅をとることと定められています。玄関ドアで、この90cmの幅を取るには、親子ドアにするのがおすすめです。電動車いすが楽に通れるには最低80cm必要なのですが、この幅はドア単体でも確保できます。また、大型家電や家具の搬入、搬出も楽にできます。

壁を壊さずに、通行の幅を広げる方法には、袖部分を狭め、玄関ドア本体の幅を広げる方法と、片袖ドアから親子ドアに替える方法があります。今回は、片袖ドアから親子ドアにする方法で、通行の幅を広げました。

非断熱ドア→断熱ドア

断熱ドアは、ドア本体に断熱材が充填されているドアです。ガラス部分には複層ガラスが使われています。玄関は、暖房の熱が届かないので寒い場所ですが、断熱ドアにすると、冬の寒さが改善されます。

家中の窓が断熱窓になっている場合には、ドアを断熱のすることで、家中の断熱性を高められます。家中の断熱性が高まると、暖房をつけている場所とつけていない場所の温度差、暖房をつけている時間帯とつけていない時間帯の温度差がなくなります。窓と玄関の断熱で、廊下や浴室、洗面所の冷え込みが改善されるので、快適で、健康に良い暮らしが生まれます。

風を通さない玄関→風が通る玄関

玄関は、在宅しているからと言って、窓のように開けっぱなしにはできません。防犯上、常にロックされているご家庭がほとんどです。その為、風が採りこめず、換気の悪くなりやすい場所です。その為、雨が続くと、濡れた靴や傘のせいでジメジメしたり、ムシ暑い天気が続くと、嫌なニオイが発生したりしてしまうことがあります。

今回お選びいただいたLIXILリシェントG82型は、採風タイプのドアです。採風タイプのドアは、玄関ドアをロックしたままで、中央にある縦長の採風窓から、風が採りこめます。玄関から風が入る家は、玄関からの風が、2階の居室の窓へと抜けていくので、広い風の通り道が生まれ、換気の良い家に変わります。

外部からの視線が気にならないような仕様になっていることに加えて、網目の細かいネットがついているので、虫が侵入することもありません。

昔ながらのデザインのドア→スタイリッシュな現代風のドア

今回は、採光できる子ドアをお選びいただいたので、ランマのないドアにしても、十分に光を採り入れられます。背の高いランマ無しのドアは、玄関周りの印象をモダンな雰囲気に演出します。加えて、フォルムが美しいS型ハンドルを併せてお選びいただいたので、よりスタイリッシュな玄関ドアになりました。

防犯性の不安なドア→防犯性の高いドア

侵入強盗犯の手口は、年々進化しています。その為、古いドアの鍵は、年々防犯性が下がっていきます。LIXILリシェントG82型には、侵入強盗犯への最新の対策が施されているので、防犯性が高まりました。

シリンダーのピッキング対策

ピッキングは、専用の工具をシリンダー部分に差し込んで、鍵を開けてしまうという手口です。このピッキングへの対抗策は、開錠に時間をかけさせること、警視庁の調査では、侵入強盗犯のうち、半数以上が、5分以上開錠に時間がかかると、侵入をあきらめるということがわかっています。

LIXILリシェントは、破られにくい2ロックです。一つ一つが不正開錠しにくい構造のシリンダーなので、不正開錠に非常に時間がかかります。また、S型ハンドルは、カギ穴が隠れているため、より効果的です。

LIXILリシェントの玄関ドアには、ピッキングとカム送り解錠に強い鍵が使われています。耐ピッキング性能は10分以上、耐カム送り解錠性能は5分以上です。

デッドボルトのこじ破り対策

こじ破りは、ドアと壁の隙間から、工具を押し込んで、無理やりドアをこじ開けてしまうという手口です。LIXILリシェントの玄関ドアには、鎌付デッドボルトが、上部の鍵に2つ、下部の鍵に一つ、合計3つも使われています。こじ開けようとした際に、扉を施錠するデッドボルトについた鎌が、玄関の枠に噛み合わされ、こじ破りを防ぎます。

セキュリティサムターンのガラス破り対策

ガラス破りやサムターン回しは、ガラスを破って空いた穴から腕を差し入れ、サムターンを回して開錠する手口です。

LIXILリシェントの玄関ドアには、取り外しできるサムターンがつけられています。就寝前や、外出前には、サムターンを外しておけば、万が一ガラスを破られても、サムターンがないので、鍵を開けられません。

手動キー→タッチキー

タッチキーは、リモコンキーをバッグやポケットに入れておけば、ドアのボタンを押すだけで解錠するワンタッチスタイルです。暗くなってから帰宅して、鍵穴が見つからない、雨の日には傘と荷物で鍵を開けるのに手間取るといったようなことがなくなります。また、帰宅時には、オートロックに設定しておくと、ドアを閉じるだけで、施錠されます。

 

お客様から頂いたご感想

玄関ドアリフォーム感想1

LIXILリシェントG82 型 親子ドアの工事費込みの金額はこちらからご覧いただけます。

【埼玉県越谷市での玄関ドアリフォーム施工事例】
LIXILリシェントM78型シャイングレー親子ランマ無し

LIXILリシェントM78型シャイングレー

ドアの向きを左右逆に変更して、断熱ドアにリフォームした事例です。ドアの向きは、今回のように吊り元を逆に変更してリフォームすることができます。

ドアを開けると壁に挟まれて通りにくい、ポストから郵便物を取り出しにくい、門からの動線、室内への動線が悪い、道路からの視線が気になるなどの問題は、ドアを開く向きを変えると、解決することが少なくありません。

玄関ドアマイスターは、玄関ドアリフォームへの希望を伺い、現地調査の際に、道路や隣家との位置関係、ポストの位置、玄関から室内への動線なども確認した上で、最適なリフォームプランをご提案させていただきます。玄関ドアでお困りのことがありましたら、現地調査の際にご相談ください。

お客様から頂いたご感想

玄関ドアリフォーム感想2

LIXILリシェントM78型 親子ドアの工事費込みの金額はこちらからご覧いただけます。

【埼玉県越谷市での玄関ドアリフォーム施工事例】
LIXILリシェントG12型トリノパイン片開きランマ無しS型ハンドルタッチキー

LIXILリシェントG12型トリノパインセキスイハウスの玄関ドアを断熱ドアに交換リフォームした事例です。ハウスメーカーの玄関ドアは、一般的な在来工法のドアとは幅が違うことが多いので、カバー工法では工事できないのではないかと、お考え方の方が多くいらっしゃいます。確かに、ハウスメーカーによっては、リフォーム用の玄関ドアとは交換できないという方針の会社もあるようです。

しかしご安心ください。玄関ドアマイスターには、数多くのハウスメーカーの玄関ドアを交換リフォームした実績があります。ハウスメーカーの建物は、玄関ドアの枠の幅が大きいものが多くありますが、LIXILのリシェントなら、150ミリの幅までカバーできます。

断熱ドアに加えて、タッチキーをお選びいただきましたので、寒くない玄関、使い勝手の良い玄関、防犯性の高い玄関に生まれ変わりました。

LIXILリシェントG12 型 親子ドアの工事費込みの金額はこちらからご覧いただけます。

カバー工法について

今回ご紹介したどの工事も、いつものように、朝9時から始まり、16時までには完了しました。今回のケースもカバー工法なので、壁を壊さずに工事しています。

カバー工法とは、現在ある玄関ドアの枠の上に、新しい枠と新しいドアを設置する工事の方法です。カバー工法が開発される以前は、玄関ドアの交換は、費用も時間もかかる大変なリフォームでした。壁を壊さなくてはならなかったからです。現在も、玄関ドアの枠を広げる場合には、壁を壊す工事も行われていますが、主流はカバー工法です。

壁を壊す玄関ドアの取り換えには、建具業者だけではなく、大工、クロス職人、左官職人など、多数の職人がかかわるので、100万円以上の費用がかかり、期間も5日程度かかります。カバー工法は、建具業者だけで工事が完結するため、朝初めて夕方には工事が完了するという手軽さです。断熱や採風機能、リモコンキーなどをつけても、平均して30万円から40万円という費用で、玄関ドアのリフォームができます。騒音や粉塵も少ないので、ご近所への迷惑も最小限で済ませられます。

マイスター社長
マイスター社長

お客様に、快適な玄関をお使い頂けることは、私たちにとっても大きな喜びです。玄関ドアのリフォームは、玄関ドアの不具合、見栄えの悪さ、玄関内の寒さや風通しの悪さ、防犯性の低さ、鍵の使い勝手の悪さを、すべて解決できます。通風機能のあるドアにすれば、玄関だけではなく、家中の風通しが良くなります。一人でも多くのお客様が、快適で安全な玄関にされることを願っています。

ドアのトラブルでお悩みでしたら、ぜひ玄関ドアのリフォームをご検討ください。

今回ご紹介した事例の他にもたくさんの施工事例がございます。ぜひご覧ください。

 

玄関ドアリフォームの施工事例

 

玄関ドアリフォーム施工地域

玄関ドアマイスターは、東京23区、多摩地区、茨城県、千葉県、埼玉県、栃木県、群馬県、神奈川県に出張いたします。

 

玄関ドアリフォームお見積

 

インターネットでのお見積りやお問い合わせを不安に思う方も多いと思いますが、玄関ドアマイスターでは、お見積りやお問い合わせをいただいたお客様に、勧誘や営業は決していたしません。お気軽にご利用ください。

マイスター社長
マイスター社長

お客様のご自宅に伺う仕事ですので、信頼を何よりも大切にしています。丁寧親切はもちろんのこと、マナーの徹底も行っています。仕事は、最後は人で決まるという部分があります。世界に唯一の商品やサービスを売っている会社なんて一握り。同じような価格、同じようなサービスは、他にもある。それでも「あの人に」と選んでいただける、そんな会社でありたいと思っています。

玄関ドアで困っていることがあれば、どんなことでもご相談ください。

玄関ドアは家の顔、お客様が初めに訪れる場所です。

家族にとっては、必ず毎日通る場所です。

きれいで快適な玄関は、生活の質を格段に向上させます。

新しい玄関で快適な生活を手に入れてください。

■ 玄関ドアの豆知識 

 

玄関ドアのリフォームがよく分かる特集コンテンツ

  • 玄関ドアの修理辞典
  • リフォームのご提案
  • お客様の施工事例
  • 防犯にも強いオプションについて
  • 相見積もり中の方へ

お客様の声お客様の声

お客様の声
お客様の声
お客様の声
お客様の声
お客様の声
検索はこちら

玄関ドアの簡単お見積もり

step1
ドアタイプをお選びください

※ 片袖タイプ・・・開閉ドアの片側が固定の採光窓になっているタイプです。
※ 両袖タイプ・・・開閉ドアの両側が固定の採光窓になっているタイプです。

step2
ランマの有無をお選びください

  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

玄関引戸の簡単お見積もり

step1
引戸のタイプをお選びください
step2
ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

勝手口ドアの簡単お見積もり

step1
ドアのタイプをお選びください
step2
ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

最近チェックした商品

最近チェックした商品はありません。