玄関ドア、玄関引戸、勝手口ドアのリフォーム交換は技術の玄関ドアマイスター|玄関ドアのリフォームなら玄関ドアマイスターへお任せください

玄関ドアリフォームの玄関ドアマイスター|技術力と価格で勝負の専門店|全国1位表彰獲得
お電話でのご相談お問い合わせは|0120-677-366| 電話受付:平日8:30〜18:00

スタッフブログ

公開日:2022年12月22日

かんたん内窓のお見積り

【窓の断熱リフォームの方法と効果】費用と補助金についても解説します!

窓の断熱リフォームの方法と効果

住宅の断熱リフォームには、屋根や外壁、床などすべてに断熱施工をする方法と、家の中の全ての窓と玄関ドアを断熱リフォームする方法があります。さらに、窓の断熱リフォームには、窓交換と内窓設置という2つの方法があります。屋根や壁に断熱施工をするリフォームと、窓の断熱リフォームの費用の違いや活用できる補助金について確認していきましょう。

窓の断熱リフォームと屋根や壁の断熱リフォームの比較

家中の断熱をする方法には、屋根や壁全てを断熱する方法と、家中の窓と玄関ドアや勝手口ドアを断熱する方法があります。この2つの方法を比較すると、リフォームにかかる期間においても、費用においても、開口部の断熱化という方法が有利です。

窓の断熱は高い効果を得られる

寒さと暑さの原因は窓からの熱の出入り

屋根や壁の方が窓や玄関ドアよりも面積が広いことから、開口部の断熱より、屋根や壁の断熱の方が高い効果が得られるという考えもあるでしょう。ただ、実際には窓の方が高い効果を得られます。

開口部の断熱

省エネ基準レベルの断熱性能の住宅での試算例
住宅の断熱で重要なのが、開口部の断熱性能を高めることです。なかでも窓は、熱の出入りが大きいので、断熱上の重要なポイントとなります。
冬の暖房時に、室内に逃げ出す熱の約6割が窓などの開口部からで、夏の冷房時に、室外から侵入する熱の約7割は窓などの開口部からです。

引用:経済産業省 資源エネルギー庁 住宅による省エネ

冬は窓や玄関ドアから58パーセントの暖房の熱が逃げていきます。一方、屋根からは5パーセント、外壁と換気扇からはそれぞれ15%、床からは7%です。

暖房をしているのに足元が冷えるのは、床の断熱性能が低いからだと思われているかもしれませんが、床を冷やすのは窓からの冷気です。冷気には下に降りて行くという性質がある為、窓からの冷気は壁を伝って床に降り、床の上に拡がっていきます。その結果、上半身は暖かいのに足元がスースーするという現象が起きてしまいます。

また、夏は冷房をしているのに涼しくならないという状況の原因も窓にあります。夏の室温は、太陽の直射熱によって上昇します。遮熱の為、屋根に遮熱塗装をするリフォームもありますが、屋根から室内に入り込む熱の量は11%に過ぎません、

外壁からは7パーセント、換気から6パーセント、床からは3パーセント、そして窓などの開口部からは73%もの熱が入り込んできます。その為、窓からの熱の出入りを防ぐことが、家全体の断熱化に最も高い効果を上げ、冬の暖かさ、夏の涼しさを生み出します。

玄関ドアのカバー工法だからできること

屋根や壁、床で家中の断熱リフォームをする場合、工事の期間は1週間以上かかります。この期間には、大工さんをはじめとして、クロスやタイルの職人、塗装屋さんなど、たくさんの職人が工事を進めていくのでスケジュール調整次第で、もっと長くなることも稀ではありません。多くの職人さんがかかわることや、足場を組むことなどから、全ての断熱工事を併せると、数百万円の費用がかかります。

一方、窓や玄関ドアの工事は、どんなに窓の数が多かったとしても、一般的な規模の住宅であれば、1日で完了します。窓交換でのリフォームは費用が嵩みますが、内窓設置での断熱リフォームであれば、100万円程度で家中の窓を断熱できます。

参考の為、YKKAPの公式サイトに掲載されている内窓と窓交換の価格を見てみましょう。

YKKAP樹脂窓の参考価格(引違い窓)商品代 + 工事費

窓交換の参考価格

幅 160 ~ 190cm高さ 190 ~ 200cm 幅 160 ~ 190cm高さ 90 ~ 110cm 幅 70 ~ 80cm高さ 90 ~ 110cm
約 26〜36 万円 約 18〜25 万円 約 15〜22 万円

引用:YKKAP 樹脂窓ラインアップ

玄関ドアマイスターでのマドリモ・リプラスへのお見積もりはこちらから

YKKAP マドリモ断熱窓

マドリモお見積もりへのリンク

LIXIL 取替窓リプラス

【LIXILリプラスはこちら】

プラマードUの内窓設置にかかる工事費込み価格

内窓の参考価格

幅 160 ~ 190cm高さ 190 ~ 200cm 幅 160 ~ 190cm高さ 90 ~ 110cm 幅 70 ~ 80cm高さ 90 ~ 110cm
約 11〜18 万円 約 6〜12 万円 約 5〜11 万円

引用:YKKAP 樹脂窓ラインアップ

玄関ドアマイスターでのプラマードUとインプラスのお見積もりはこちらから

玄関ドアマイスターでのプラマードUとインプラスのお見積もり

窓交換と内窓の特徴と得られる効果の違い

窓の断熱リフォームには窓交換と内窓設置があります。それぞれの特徴の違いを見ていきましょう。

カバー工法で行う窓交換のリフォーム

今ある窓枠に新しい窓枠を被せるカバー工法で行う窓交換です。窓の断熱化の他に、工事の際に窓の開き方タイプやサイズを小さくできるという特徴があります。

風通しを良くする開き方タイプに変更できる

ウインドキャッチ連窓への窓交換で風通しを良くする

対面の窓がない部屋や、壁に沿って風が逃げて行ってしまう窓の場合、縦すべり出し窓に交換すると、風を採り入れられるようになります。縦すべり出し窓は外に向かってすべりだした窓ガラスに風があたって室内に入ってくる為、ウィンドキャッチ窓とも呼ばれます。

システムバス交換に備えて窓のサイズを小さくできる

マドリモ樹脂窓の浴室

システムバスへのリフォームを計画しているが、窓が邪魔で規格のシステムバスが選べないというような場合、窓のサイズを小さくすることで解決できる場合があります。また、窓周辺の環境が変わり、外からの視線が気になる窓になってしまったというような場合にも、窓のサイズを小さくすることでプライバシーを確保できるようになります。

内窓を設けて二重窓にするリフォーム

二重窓にする為、今ある窓は残し、室内側に設ける窓が内窓です。窓交換より費用を抑えられるので、開き方タイプやサイズを変えたい窓以外は内窓にすると、全体の費用を抑えられます。加えて、内窓には窓交換にはない2つの特性があります。

防音効果が得られる

内窓の防音効果

外窓と内窓の間の空気層が音の出入りを遮る為、防音効果が得られます。

防犯性が高まる

窓には防犯性の高い鍵がついていますが、内窓の場合、内部に侵入しようとすると、ガラスの破壊を2回しなくてはならないという手間があります。そして、多くの泥棒は犯罪を実行する前に下見をして、簡単に侵入できそうな住宅に目星をつけます。

侵入に時間がかかるほど、犯罪が発覚するリスクが高まる為、短時間で侵入しなくてはならないからです。そして、二重窓は侵入に時間がかかる為、標的にされる可能性が低くなります。

窓の断熱リフォームの効果の高さを決めるガラスの種類とサッシの素材

ガラスの種類

窓交換、内窓のどちらの窓の断熱リフォームも、ガラスの種類とサッシの素材によって効果の高さが変わります。

窓の断熱リフォームに使われるガラスの種類

  • トリプルガラス 3枚のガラスで熱の出入りを防ぐ最も断熱効果の高いガラスです。窓交換にだけ使われます。
  • Low-E複層ガラス 2枚のガラスのうち1枚にLow-E金属膜がコーティングされているガラスです。
  • 複層ガラス 基本の複層ガラスです。
  • 遮熱タイプ トリプルガラスにもLow-E複層ガラスにも遮熱タイプがあり、太陽の熱を跳ね返して夏の室温上昇を抑え、紫外線をカットします。

窓の断熱リフォームに使われるサッシの種類

樹脂サッシ

熱を通しにくい性質を持つ樹脂を使ったサッシです。高い断熱性を持ち、結露を発生させません。YKKAPの内窓プラマードUには樹脂サッシが使われています。

アルミ樹脂複合サッシ

室内側に樹脂、室外側にアルミが使われた複合サッシです。樹脂サッシより価格を抑えられます。北海道などの極寒の地域では樹脂サッシがほとんどですが、関東地方では、こちらのアルミ樹脂複合サッシでも十分な断熱効果が得られます。リクシルリプラスにはアルミ樹脂複合サッシが使われています。

ガラスもサッシも、断熱性能が高くなるにしたがって価格も上がっていきます。家中の窓を断熱リフォームする場合、全てをトリプルガラス+樹脂サッシで窓交換すると、非常に高額になってしまいます。

周辺の環境や窓の向いている方向によって、陽当たりが悪く寒い、陽射しが強すぎて夏の室温が上昇するなど、室内の環境は変わります。その為、それぞれの窓の事情に合わせて、窓交換と内窓のリフォームの方法、ガラスやサッシの種類を選ぶことが大切です。

仕上げは玄関ドアの断熱化

断熱ドアで暖か玄関

開口部で住宅の断熱化をする場合、忘れてはならないのは玄関ドアや勝手口ドアの断熱化です。せっかく家中の窓を断熱化しても、玄関や勝手口から暖房の熱が逃げたり、冷気が侵入してきたりすると、家の中を魔法瓶のような状態にできません。

玄関からの熱の出入りはリビング、勝手口からの熱の出入りはキッチンとダイニングの冷暖房の効率を低下させてしまいます。その為、窓と外部との出入口を併せて断熱化することが理想的な温熱環境が実現させます。

玄関ドアと組み合わせた断熱窓へのリフォームで使える補助金

断熱リフォームで使える補助金には、東京都の補助金と国の補助金があります。

東京都の補助金

東京都民に向けた高断熱窓・ドアリフォームへの補助金です。国の補助金と併用できます。

東京都既存住宅省エネ改修促進事業

国の補助金

玄関ドアと内窓を同時に工事する場合は、先進的窓リノベ事業、またはこどもエコすまい支援事業という国の補助金を併用できます。

参考:環境省 先進的窓リノベ事業

参考:国土交通省 こどもエコすまい支援事業

 

マイスター社長
マイスター社長

東京都と国の補助金との組み合わせ方が少し複雑なので、下記のページで詳しく解説してあります。

【東京都民の方限定】玄関ドアリフォームに1/3の補助金がでます(既存住宅における省エネ改修促進事業

 

マイスター社長
マイスター社長

玄関ドアマイスターは東京、茨城、千葉、埼玉、神奈川、栃木で玄関ドアの交換と併せて行う窓のリフォーム(内窓・窓交換)を承っています。玄関ドアや窓のことなら何でもご相談ください。ご自宅の環境に合わせて最適なご提案をさせていただきます。

関連記事

 

玄関ドアリフォーム施工地域

マイスター社長
マイスター社長

インターネットでのお見積りやお問い合わせを不安に思う方も多いと思いますが、玄関ドアマイスターでは、お見積りやお問い合わせをいただいたお客様に、勧誘や営業は決していたしません。お気軽にご利用ください。

お客様のご自宅に伺う仕事ですので、信頼を何よりも大切にしています。丁寧親切はもちろんのこと、マナーの徹底も行っています。仕事は、最後は人で決まるという部分があります。世界に唯一の商品やサービスを売っている会社なんて一握り。同じような価格、同じようなサービスは、他にもある。それでも「あの人に」と選んでいただける、そんな会社でありたいと思っています。

玄関ドアで困っていることがあれば、どんなことでもご相談ください。

玄関ドアは家の顔、お客様が初めに訪れる場所です。

家族にとっては、必ず毎日通る場所です。

きれいで快適な玄関は、生活の質を格段に向上させます。

新しい玄関で快適な生活を手に入れてください。

 

著者情報

マイスター社長 中村 貴

中村 貴

玄関ドアマイスター社長
二級建築士
株式会社中村建硝(昭和5年創立)の三代目
建具のプロとして、当店のスタッフの知識と技術はどこにも負けないという自負があります。お客様の暮らしを快適にし、お悩みを解決することで社会に貢献したいと思っています。

かんたん内窓のお見積り
内窓見積り 今月のキャンペーン