|玄関ドアのリフォームなら玄関ドアマイスターへお任せください

お電話でのご相談お問い合わせは|0120-677-366| 電話受付:平日8:30〜18:00 お気軽にご相談ください|お問い合わせはコチラ

スタッフブログ

公開日:2022年4月30日

/ 最終更新日:2022年05月13日

玄関はドアだけで防犯できるの?郵便受けやガラスが問題?

玄関はドアだけで防犯できるの?郵便受けやガラスが問題?

戸建て住宅への侵入強盗犯の侵入経路は、主に玄関と窓です。その為、最新の玄関ドアには、侵入強盗のあらゆる手口への対策が施されています。

一方、郵便受けのついた玄関ドアや、ガラス面が大きい玄関ドアには、多くの場合、防犯性が備わっていません。玄関の防犯を考える際には、防犯対策が施されたドアに加えて、カメラなどの防犯グッズも必要です。

防犯性が低い危険な玄関ドアとは?

近年の新築住宅の玄関ドアには、CPマークのついた玄関ドアが採用されています。CPマークのついた玄関ドアとは、官民合同会議で「防犯性能の高い建物部品」として登録された製品につけられるマークです。

CPマークのついたガラスや玄関ドアなどの建物部品は、実際に試験員がピッキング用具やドリルで開錠を試みたり、バールでドアをこじ開けたり、ガラスを打ち破ったりするなど厳しい試験をクリアした製品です。各メーカーはこの試験をクリアする為に、日々防犯性の高いガラスや玄関ドアの開発を進めています。

一方、築年数が長くなっている住宅のドアには、CPマークのついたドアではなく、防犯性の低いドアがつけられていることがほとんどです。

参考サイト 公益財団法人 全国防犯協会連合会「防犯性能の高い建物部品」目録検索システム

鍵の性能が低い

最新の玄関ドアでは2ロックが基本です。古い玄関ドアには鍵が一つしかついていないことがあります。また、2つ鍵がついていても、簡単に開錠で鍵がほとんどです。

ピッキングに弱い

ピッキングとは鍵穴に特殊な道具を入れて操作し、鍵を開けてしまう手口です。古い鍵はギザギザの部分が複雑な構造になっていない為、鍵穴の内部の造りもシンプルです。一方、ピッキングに使われる特殊な道具は日々進化していて、鍵穴の内部がある程度複雑な造りであっても、簡単に鍵を開けてしまいます。最新の玄関ドアには主に3つのピッキング対策が施されています。

ピッキング対策① 複雑な形状のディンプルキー

ディンプルキーは、従来の鍵に比べてギザギザに部分が複雑に精巧に作られています。その為、鍵穴の内部も複雑になっていて、特殊な道具を使っても鍵を開けるのに時間がかかります。

ピッキング対策② 時間差で再ロックされる2ロック

YKKAPの玄関ドアは、玄関ドアについている2つの鍵のうち、仮に侵入強盗犯が1つ目の鍵開けに成功したとしても、50秒以内に残りの鍵を開けないと再ロックされてしまうという仕組みになっています。

複雑なディンプルキーは鍵開けに時間がかかるので、再ロックされてしまう可能性が高く、そうなると多くの侵入強盗犯は、侵入をあきらめます。侵入強盗犯の半分以上は、犯罪の発覚を恐れ、5分以内に鍵が開かないと侵入をあきらめる傾向にあるからです。このことは、警視庁のデータで実証されています。

引用:警察庁住まいる防犯110番 侵入者プロファイリング~心理と行動③

ピッキング対策③ 鍵穴が見えないハンドル

鍵穴の見えないハンドル

スマートキーで施解錠する玄関ドアのハンドルは、鍵を鍵穴に差し込む必要がないので、鍵穴が見えない造りになっています。鍵穴が見えないということがピッキングの抑制に繋がります。

サムターン回しに弱い

サムターン回しとは玄関の内側から施解錠する際に使うツマミを操作して、鍵を開けてしまう手口のことです。古い玄関ドアはサムターン回しがしやすい要素を持っています。

壊しやすい袖ガラス

古いタイプの玄関ドアには、採光の為、面積が大きい袖ガラスがつているデザインがあります。そのような玄関ドアは、ガラス部分を壊して腕を差し入れ、サムターンを回し、鍵を開けてしまうことができます。

最新の玄関ドアの袖ガラスは腕が差し入れられない幅にしてある、格子が設けられているなど、万が一ガラスが破られた時にも腕が差し入れられないような対策が施されています。

郵便受けがついている

郵便受けの位置によっては郵便受けから腕を差し入れ、サムターンを回せることもあります。

最新の玄関ドアには取り外しのできるサムターンが備えられています。サムターンが取り外されていると、ガラスの穴や郵便抜けから腕を差し入れても、ツマミがないので鍵を開けられません。

着脱式サムターン

最新の玄関ドアには着脱式サムターンが備えられています。

玄関ドアの疑問解決  玄関ドアの覗き窓と郵便受けには、防犯上の問題がある

こじ開けに弱い

こじ開けとは玄関ドアと玄関ドアの枠の間にバールなどを差し入れ、無理やりこじ開けてしまうという手口です。この時、古い玄関ドアについているデッドボルトは簡単に破壊され、玄関ドアをこじ開けられてしまいます。

玄関ドアのデッドボルト

最新の玄関ドアにデッドボルトは、こじ開けようとしても鎌が錠受けにがっちりかみ合わさるので、こじ開けに対して強い抵抗力を発揮します。

コラム 玄関ドアの隙間の防犯対策

防犯性能が低い木製の玄関ドアもカバー工法で1日で工事できます【LIXILリシェントM83型】春日部市の工事事例

LIXILリシェントM83型に交換して玄関ドアの防犯性を向上させる

築10数年以上経っている住宅では、防犯性能が低く、外部の脅威から家族の命と財産を守れない玄関ドアがほとんどです。「玄関ドアから侵入してくる外部の脅威」にはどのような犯罪があるのでしょうか?そしてそれらの犯罪に対して、どのような防犯対策をするべきなのでしょうか?

コラム 防犯から考える玄関ドアの選び方 

ひとむかし前の玄関引戸も、1日で防犯バッチリのドアになります【LIXILリシェントS58型】葛飾区の工事事例

玄関引戸も防犯性の高い玄関引き戸に交換できます。

LIXILリシェントS58型に交換して玄関引き戸の防犯性を高める

玄関ドアの疑問解決  引き戸を開き戸に、またその逆に交換することはできる?

防犯性を高める玄関の換気の方法

玄関は、窓がない間取りが多く、そのような間取りの家では玄関の換気が悪くなってしまうケースが少なくありません。その結果、玄関内の空気を入れ替える為に、ドアガードの間違った使い方をしていませんか?

ドアガードは、訪問者を確認する際に、玄関ドアとドア枠の間を繋いでドアの開く角度を制限する為につけられています。また、ドアの施錠時にカンヌキのように使ってより施錠した状態の安心感を高めることもできます。

ところが、換気の為にドアガードを使って細めにドアを開けておくというような使い方をしている人もいるようです。この使い方は非常に危険です。ドアガードは外から外すことができてしまうからです。

窓のない玄関の換気を、防犯性を低下させないで行う為には、通風機構のついた玄関ドアが役立ちます。通風機構は、玄関ドアの本体、または子扉についている縦長の内側に開く窓です。腕を差し入れられない幅なので、通りからの視線が玄関内に侵入する心配もありません。玄関ドアをロックしたまま、風を採りいれ、玄関内はもちろん、家中の換気を良くできます。

ドアガードの間違った使い方は、防犯性を低下させ、非常に危険です。防犯性を低下させずに換気対策をする方法としては、通風機構のついた玄関ドアへの交換が最も良い方法です。

コラム 玄関ドアの使い方で防犯性が変わる!サムターンやドアガードは適切に使えてる?

気持ちのいい風が通り抜けるドアになりました【LIXILリシェントM83型】川崎市の工事事例

風が通る玄関ドアに交換すると安全に換気ができます。

LIXILリシェントM83型に玄関ドアを交換して玄関の風通しを良くする

玄関ドアの疑問解決  玄関ドアを交換すると、家まで見違える!メリットいっぱい!

玄関周りにはカメラなどの防犯グッズも役立つ

防犯対策が施された玄関ドアにする、ドアガードの間違った使い方をしないということに加えて、防犯カメラやセンサーライトが防犯性向上の助けになります。

防犯センサーライト

センサーで侵入者を感知し点灯するライトです。

防犯カメラ

玄関の防犯カメラ

玄関周りの映像を録画します。センサーライトと組み合わされていて、侵入者を感知すると録画を始めるタイプもあります。防犯カメラは高額なので、ダミーカメラをつけるという方法もあります。

防犯砂利

敷地内に防犯砂利をまくと大きな足音がするので防犯に役立ちます。ただ、目覚まし時計と同じくらいの音が出るので、撒く場所を限定しないと隣家への迷惑になってしまいます。

築年数が長くなった家の玄関ドアのほとんどは、防犯性の低い玄関ドアです。防犯プレートを付けたり、後付け補助錠を付けたり、鍵だけ交換したりする方法もありますが、玄関ドアを交換する方法が最も効果的です。加えて、通風機構のついた玄関ドアを選べば、ロックしたままで安全に玄関の換気ができます。

さらに玄関ドア交換の際に、鍵をスマートキーにするとより防犯性が高まります。オートロック機能がついているので帰宅時の施錠忘れを防ぐ、ハンドルの鍵穴が隠されている、鍵を出さすに施解錠できるので、ゴミ出しなどちょっと出かける時の無締りを防げるなど、防犯性の向上に役立つ様々なメリットがあります。

コラム 玄関ドアの鍵の使い方は電気錠で劇的に変わる

マイスター社長
マイスター社長

玄関ドアの交換で住宅全体の防犯性は大きく向上します。玄関ドアのことなら何でもご相談ください。玄関の向きや玄関周りの環境に合わせて最適なご提案をさせていただきます。

玄関ドアリフォーム施工地域

マイスター社長
マイスター社長

インターネットでのお見積りやお問い合わせを不安に思う方も多いと思いますが、玄関ドアマイスターでは、お見積りやお問い合わせをいただいたお客様に、勧誘や営業は決していたしません。お気軽にご利用ください。

お客様のご自宅に伺う仕事ですので、信頼を何よりも大切にしています。丁寧親切はもちろんのこと、マナーの徹底も行っています。仕事は、最後は人で決まるという部分があります。世界に唯一の商品やサービスを売っている会社なんて一握り。同じような価格、同じようなサービスは、他にもある。それでも「あの人に」と選んでいただける、そんな会社でありたいと思っています。

玄関ドアで困っていることがあれば、どんなことでもご相談ください。

玄関ドアは家の顔、お客様が初めに訪れる場所です。

家族にとっては、必ず毎日通る場所です。

きれいで快適な玄関は、生活の質を格段に向上させます。

新しい玄関で快適な生活を手に入れてください。

 

 

著者情報

マイスター社長 中村 貴

中村 貴

玄関ドアマイスター社長
二級建築士
株式会社中村建硝(昭和5年創立)の三代目
建具のプロとして、当店のスタッフの知識と技術はどこにも負けないという自負があります。お客様の暮らしを快適にし、お悩みを解決することで社会に貢献したいと思っています。

玄関ドアのリフォームがよく分かる特集コンテンツ

  • 玄関ドアの修理辞典
  • 玄関ドアリフォームのメリット
  • 防犯にも強いリモコンキー・カードキーについて
  • 相見積もり中の方へ
検索はこちら

玄関ドアの簡単お見積もり

step1
ドアタイプをお選びください

※ 片袖タイプ・・・開閉ドアの片側が固定の採光窓になっているタイプです。
※ 両袖タイプ・・・開閉ドアの両側が固定の採光窓になっているタイプです。

step2
ランマの有無をお選びください

  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

玄関引戸の簡単お見積もり

step1
引戸のタイプをお選びください
step2
ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

勝手口ドアの簡単お見積もり

step1
ドアのタイプをお選びください
step2
ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

最近チェックした商品

最近チェックした商品はありません。

お知らせ