玄関ドアのガラスを交換したい!種類別の交換方法とタイミングは? | 玄関ドアリフォームの玄関ドアマイスター

玄関ドアのリフォーム・交換は価格と技術の「玄関ドアマイスター」へお任せください

玄関ドアリフォームの玄関ドアマイスター|技術力と価格で勝負の専門店|全国1位表彰獲得
お電話でのご相談お問い合わせは|0120-677-366| 電話受付:平日8:30〜18:00

コラム

公開日:2023年9月11日

/ 最終更新日:2024年03月20日

玄関ドアのガラスを交換したい!種類別の交換方法とタイミングは?

玄関ドアのガラスを交換する方法を解説

「家の玄関ドアのガラスが古く傷が目立つ」「小さなヒビが気になってきた」など玄関ドアのガラス交換をお考えの方もいらっしゃるでしょう。

毎日使用する玄関ドアは、快適に過ごすためにも常に綺麗にしておきたい場所のひとつです。この記事では玄関ドアのガラスの種類から取り替えのタイミング、ガラスを割った時に自分でできる対処法について解説します。

※なお、玄関ドアマイスターでは、ガラスの交換工事はお請けできません。ドア全体の交換工事のみお請けできます。

玄関ドアの商品検索・リフォームのお見積りはこちらから
>>>玄関ドアの商品検索・リフォームのお見積りはこちらから

 

目次

玄関ドアのガラス種類別の交換修理期間と応急処置の方法

ガラスの玄関ドアの事例

玄関ドアのガラス交換は、ガラスの種類によって修理期間が異なります。まず、主なガラスの種類別の修理期間を確認しておきましょう。

単板ガラス

単板ガラスは、1枚のガラスからできており一般的な住宅でもよく使用されているガラスです。プライバシーが考慮された透けて見えないかすみガラスが使われているケースがほとんどです。

単板ガラスの修理期間については、当日中の修理が可能であることが多く修理時間も1時間ほどと短時間で修理が完了できます。そのため単板ガラスが破損してしまった場合でも、すぐに修理業者へ連絡することで最短で当日中に修理ができる可能性が高いといえます。(ガラスの大きさや業者により異なる場合もあります。)

複層ガラス

複層ガラスは、2枚以上のガラスを重ね合わせその間に乾燥空気などを入れて中間層を作っているガラスのことです。

複層ガラスは発注して取り寄せが必要となり、ガラスを取り寄せ後に修理作業となるため修理期間は約1週間~となります。

防犯ガラス

防犯ガラスは2枚以上のガラスの間に特殊な中間膜を入れて、重ね合わせたガラスのことです。

そのため、簡単に割れにくく空き巣などのガラス割りなどにも対応できる防犯性の高いガラスになっています。特殊なガラスである防犯ガラスはオーダーして取り寄せるため、修理期間は約1~2週間からとなります。

模様入りのオーダーメイドのガラス

メーカー等が製作した模様入りのガラスが入っている場合もあります。

このケースは、メーカーの製造が終了して廃番になっていることが多いため、似ているガラスや、他の種類のガラスに交換することになります。修理期間は、選ぶガラスの種類によって変わってきます。

*ガラスの修理費用は、ガラスの種類や大きさ、修理業者などによって変わってくるため修理をお願いする業者にどのくらいの費用がかかるのかを事前に相談・確認しておくと良いでしょう。

玄関ドアのガラスを取り替えるタイミング

玄関ドアのガラス戸の交換事例

玄関ドアのガラスを取り替えたいけれど、どのようなタイミングで交換すればよいのだろうと悩む方のために、玄関ドアのガラスの取り替えのタイミングについてもお伝えします。

劣化が進んでいる

玄関ドアのガラス交換のタイミングとして、ガラスの劣化が進んでいると思われる場合はガラス交換をおすすめします。

玄関ドアのガラスが劣化している例として、日光による日焼けでガラスが曇る、砂やホコリ雨風の影響を受けて耐久性が低くなってしまうといったことがあります。

見た目で明らかに劣化が進んでいる場合にはすぐに判断ができますが、見た目であまりわからなくても知らぬ間に劣化が進んでいる可能性も考えられます。

玄関ドアのガラスの耐用年数は約10年~20年といわれていますが、家の玄関の位置や環境などによって玄関ドアの劣化の進み具合や状態は変わってきます。たとえ、耐用年数以内のドアでも自分の家の玄関ドアのガラスがどのような状態であるかをしっかり確認することが大事です。

汚れが落ちない

雨風をはじめ砂や花粉、車の排気ガスなど玄関ドアのガラスの汚れの原因はさまざまです。

日々の汚れを放置してしまうと、汚れが溜まりこびりついてしまい落ちない汚れに変わってしまいます。頑固な汚れがあるとガラスの透明度や耐久性も落ちてきてしまうため、落ちない頑固な汚れがある場合は玄関ドアのガラスを交換するタイミングとして良いでしょう。

防犯面が心配

玄関ドアのガラスを通して外から家の中が見えてしまう、ガラスが薄いため防犯性が低いなど、ガラスの防犯面が心配な場合には玄関ドアのガラス交換のタイミングといえます。

ガラス交換の際には、透明度の低いガラスや厚みのあるガラスなど防犯性の優れた玄関ドアのガラスへ取り替えてください。

破損している

玄関ドアのガラスに物や荷物をぶつけてしまいヒビがはいった、強風で石などが飛ばされてきてガラスの一部分が割れてしまったなど、外からの衝撃で玄関ドアのガラスが破損してしまった場合には、早めのガラス交換が必要になってきます。

破損したガラスをそのままにしてしまうと怪我をしてしまう可能性や破損部分から簡単にガラスを割って空き巣や泥棒が家の中に侵入してしまうリスクなどが考えられるため、破損した場合にはできるだけ早く玄関ドアのガラスを取り替えるようにしましょう。

もしもガラスが割れたら、自分でできる対処法は?

もしも、ガラスが割れてしまった時にはすぐに業者に連絡をして到着を待ちましょう。

業者の到着を待っている間、割れたガラスを次のように対処してください。

まずは、お子さんやペットがいる場合にはガラス付近には近づかせないようにしましょう。

割れたガラスを拾う際は、怪我を防ぐために軍手やスリッパなどを身に着けてからにしてください。

割れたガラスは新聞紙に包み、段ボールや箱などに入れておきましょう。

ビニール袋に入れてしまうと、誰かが間違って手でつかんだり、踏んでしまうと危険ですので、箱に入れるのがおすすめです。

割れたガラスを拾い終わったと思っていても、細かいガラスの破片が落ちている場合があるため、掃除機や粘着テープなどでできる範囲で細かい破片を取り除いてください。

安全が確認できたら、ガラス以外にドアの不具合がないかをチェックしてください。

ドアに何らかの衝撃が加わりガラスが割れた場合、ドアの他の部分に影響が出ていないか、軸がゆがんで開閉に問題がないかなどを確認する必要があります。

業者の到着を待ち、交換業者にドアの不具合があれば、その状況を伝えて修理もしくは交換の必要性をアドバイスをもらうようにしてください。

玄関ドアの商品検索・リフォームのお見積りはこちらから
>>>玄関ドアの商品検索・リフォームのお見積りはこちらから

玄関ドアにガラスがあるメリットとは

玄関ドアにガラスがあるメリット

ちなみに玄関ドアにガラスがなければ、今回のようにガラスが割れることなくなります。にもかかわらず玄関ドアにガラスが採用されるのはいったいどのような理由があるのでしょうか。ガラスがあるメリットをあらためて確認しておきましょう。

玄関に光を取り入れる

玄関ドアにガラスがあることで、外の明るい光を玄関に取り入れられるため玄関全体が明るく快適な空間になります。

反対に光の入らない暗い玄関は、家の印象が暗くなるだけでなく日中も照明が必要になり余計な電気代がかかってしまう可能性があります。

玄関を自然の光が入る明るく気持ちのよい空間にしておくためにも玄関ドアのガラスはとても重要といえるでしょう。

玄関のデザイン性が高くなる

玄関は家の印象を左右する大事な場所でもあり、玄関ドアも家の第一印象を決める大切な役割を持っています。

玄関ドアにガラスがあるとデザイン性が高くなり、華やかでおしゃれな雰囲気の玄関にすることができます。

また、玄関ドアのガラスの装飾や大きさ、形などにこだわりを持つことでよりオリジナリティのあるおしゃれな玄関ドアが実現できるでしょう。

玄関に嫌な湿気・臭いをこもらせない

玄関には、家族が使用する靴や雨の時に使用する雨具などが置いてあります。

玄関内にはジメジメした嫌な湿気や嫌な臭いがこもりがちです。

玄関ドアのガラスから自然光を取り入れたり、通風機能付きのガラス窓であれば窓から風を入れたりすることで、玄関全体を換気して嫌な湿気や臭いをこもらせません。

 

玄関ドアのお悩みから探す

玄関ドア交換でガラスも一新

玄関ドアの交換でガラスも一新

玄関ドアはガラスだけ交換することもできますが、玄関ドアをまるごと交換することでドアとガラスの両方を一新することができます。

現在、使用している家の玄関ドアに不具合が出てきている、長年使い続けて劣化してきているなどガラスのほかに玄関ドアに気になる点がある場合には、玄関ドアごと交換するのがおすすめです。

優先順位を考える

玄関ドアを新しくする際には、玄関ドアのどのような部分を優先したいのかをよく考えておくことも大事です。

玄関ドアは技術の進歩が早く、さまざまな機能性やデザインがでてきています。

 

・防犯性・・・防犯性の優れた玄関ドア、最新の防犯機能のある玄関ドアが良いなど

・採光・通気性・・・採光が取りやすい玄関ドア、換気機能のある玄関ドアなど

・デザイン・・・おしゃれでデザイン性のある玄関ドア、個性的でシンプルなデザインの玄関ドアなど

・素材や質感・・・ナチュラルな天然木の玄関ドア、モダンでスタイリッシュな金属製のドアなど

 

最新のYKKAP、LIXILの玄関ドアのラインナップを参考に、これからの新たな暮らしについて、ご家族で一度検討してみるのもよいのではないでしょうか?

人気のYKKAPの玄関ドアをみる

人気のLIXILの玄関ドアをみる

玄関ドアの交換は玄関ドアマイスターにご相談ください

玄関ドアの交換は玄関ドアマイスターへ

ガラス交換や玄関ドアを交換して新しいガラスやドアに変えた際にも、日ごろからドアやガラスのお手入れをにしておくことが大切です。

常に雨や風にさらされている玄関ドアは、ドアに溜まったゴミやほこりを取ったりガラスを拭いたりなどの掃除をこまめに行うことで、劣化や不具合を防ぎ快適に使用できる玄関ドアになります。

 

マイスター社長
マイスター社長

玄関ドアマイスターは東京、茨城、千葉、埼玉、神奈川、栃木で玄関ドアの交換を承っています。玄関ドアの交換をしたいとお考えの方や玄関のリフォームでお悩みの方など、玄関ドアのことならお気軽に何でもご相談ください。玄関ドアマイスターがお客様に最適な玄関ドアをご提案させていただきます。

施工事例

玄関ドアリフォーム施工地域

マイスター社長
マイスター社長

インターネットでのお見積りやお問い合わせを不安に思う方も多いと思いますが、玄関ドアマイスターでは、お見積りやお問い合わせをいただいたお客様に、勧誘や営業は決していたしません。お気軽にご利用ください。

玄関ドアで困っていることがあれば、どんなことでもご相談ください。

玄関ドアは家の顔、お客様が初めに訪れる場所です。

家族にとっては、必ず毎日通る場所です。

きれいで快適な玄関は、生活の質を格段に向上させます。

新しい玄関で快適な生活を手に入れてください。

 

関連コラム

 

 

 

LINEで気軽にご相談ください

マイスター社長
マイスター社長

LINEでお気軽にご相談がいただけます。最新の補助金情報をご覧いただいたり、ご要望に合うドアや窓をご覧いただくこともできます。ホームページではご紹介できないお話しもLINEならお伝え出来ますので是非ご登録ください。

LINE友だち追加

著者情報

マイスター社長 中村 貴

中村 貴

玄関ドアマイスター社長
二級建築士
株式会社中村建硝(昭和5年創立)の三代目
建具のプロとして、当店のスタッフの知識と技術はどこにも負けないという自負があります。お客様の暮らしを快適にし、お悩みを解決することで社会に貢献したいと思っています。

玄関ドアのリフォームがよく分かる特集コンテンツ

  • 玄関ドアの修理辞典
  • 玄関ドアリフォームのメリット
  • 防犯にも強いリモコンキー・カードキーについて
  • 相見積もり中の方へ
検索はこちら

玄関ドアの簡単お見積もり

step1
ドアタイプをお選びください

※ 片袖タイプ・・・開閉ドアの片側が固定の採光窓になっているタイプです。
※ 両袖タイプ・・・開閉ドアの両側が固定の採光窓になっているタイプです。

step2
ランマの有無をお選びください

  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

玄関引戸の簡単お見積もり

step1
引戸のタイプをお選びください
step2
ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

勝手口ドアリフォームの簡単お見積もり

step1
ドアのタイプをお選びください
step2
ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

最近チェックした商品

最近チェックした商品はありません。

お知らせ 口コミはこちら