玄関ドアの鍵の種類と交換や後付けをする場合の価格 | 玄関ドアリフォームの玄関ドアマイスター

玄関ドアのリフォーム・交換は価格と技術の「玄関ドアマイスター」へお任せください

玄関ドアリフォームの玄関ドアマイスター|技術力と価格で勝負の専門店|全国1位表彰獲得
お電話でのご相談お問い合わせは|0120-677-366| 電話受付:平日8:30〜18:00

コラム

公開日:2022年10月10日

/ 最終更新日:2024年04月07日

玄関ドアの鍵の種類と交換や後付けをする場合の価格

玄関ドアの鍵の種類と交換や後付けをする場合の価格

玄関ドアの鍵がひっかかるという場合には修理又は交換、古くなったので防犯性が心配というような場合には交換、又は後付けという方法があります。鍵を交換したり後付けしたりするならその機会にキーレスにしたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

現在の鍵の種類によって変わる交換や後付けの条件と価格について確認していきましょう。

玄関ドアの鍵の種類

玄関ドアの鍵の種類

戸建て住宅で一般的に使われている鍵には3種類あります。

ピンシリンダーキー

片側にギザギザがついている鍵です。最新のピンシリンダーキーは開発が進みピッキングへの耐性が高まっています。ただ、築年数の長くなった住宅についているピンシリンダーキーはピッキングに弱いのでそのままにしていると住宅全体の防犯性が低下します。

ディスクシリンダーキー

両側にギザギザがついている鍵です。MIWA製のディスクシリンダーは一時期、日本国内で最も多く使われました。現在では犯罪者の間で不正開錠の方法が周知されてしまった為、メーカーでの製造が中止されている型番もあります。築年数の長い住宅では、製造中止になっている鍵が使われている可能性が高いので注意が必要です。

ディンプルキー

表面に小さなくぼみがついている鍵です。セキュリティキーとも呼ばれる非常に防犯性の高い鍵です。ピッキングに強いだけではなく複雑な構造になっているのでメーカー以外では複製できず、合かぎによる不正開錠も防ぎます。

鍵だけ交換する場合にはディンプルキーが最も確実に防犯性を高めます。ただ、価格が高額なので、ピッキングへの耐性が高まっているピンシリンダーキーを選ぶ人もいます。

DIYでの鍵交換は難しい

DIYでの玄関ドアの鍵交換

鍵はDIYで交換することもできますが、おすすめできる方法ではありません。費用を抑えられるというメリットはありますが、たくさんの難しさがあるからです。

適切な鍵を選ばなくてはならない

鍵には多数の型番があり、適切な型番を選ばないと交換できません。もし間違って購入してしまうと、鍵は防犯用品なので返品や交換ができない為、無駄な出費になってしまいます。

ドアの側面に刻印されているメーカー名と型番を正確に覚えておく必要があります。

鍵の種類や型番によって作業内容が異なる

鍵の交換は基本的に錠箱を外し新たな鍵を取り付けるだけなのですが、玄関ドアの側面から取り外す鍵もあれば、サムターン側からネジを外す鍵もあります。プッシュハンドルの場合にはハンドルを取りはずして鍵を交換します。

その他にも錠箱のとりだし方、ネジやシリンダー留め具の外し方、交換後の戻し方などが型番ごとに決まっています。

途中まで進めてわからなくなったり、小さな部品やネジが見つからなくなってしまったりする可能性もあります。

防犯性が低下する恐れがある

正確に取り付けられないと鍵がスムーズに開閉できないという不具合がおこり、防犯性が低下してしまいます。

鍵の製品価格と業者に依頼した場合の作業費用

鍵の製品価格はピンシリンダーやディスクシリンダーはおよそ10,000円、ディンプルキーは、15,000~25,000円です。鍵交換の費用相場は鍵の状態のよって変わりますが10,000~12,000円程度です。家族の安全を考えるなら、業者に依頼して取り付けてもらうことが確実に防犯性を高くすることに繋がります。

玄関ドアの修理辞典 鍵が入りづらい、抜けにくいときの対処法

後付けの補助錠の種類と特徴

後付け補助錠

補助錠を後付けすると、ダブルロックになるので住宅の防犯性が向上します。電子錠の補助錠に交換するとキーレスにもできます。

鍵を差し込んで施解錠するタイプ

ピッキングに強い鍵を選ぶほど防犯効果が高くなります。

ピンシリンダーやディスクシリンダーより価格は高額ですがディンプルキーが最も効果的です。

ダイヤル式

暗証番号に合わせてダイヤルを動かして施解錠します。鍵を複数持ち歩かないですみます。

キーレス式

キーレス式にはリモコンで施解錠するタイプとカードやスマホで施解錠するタイプがあります。キーレスには両手に荷物を持っていても楽に開けられる、短い距離なら遠隔操作できる、暗闇で鍵穴を探す必要がない、紛失してもシリンダーを交換する必要がないなどの便利さがあります。

補助錠を後付けする方法

補助錠の中には工事の必要がなく粘着テープなどで簡単に取り付けられる方法と、ドアに穴をあけてネジで固定する方法があります。持ち家であり、確実な防犯効果を期待するのであれば、固定する方法をおすすめします。

後付け補助錠のデメリット

手軽に鍵の数を増やせる補助錠ですが、デメリットもあります。

確実な防犯効果が得らえない恐れがある

工事不要で取り付けられる補助錠の場合、ピッキングやこじ開け、鍵穴壊しには効果がないことが多いです。

外付けの補助錠は留守をアピールしてしまう

外付けの補助錠には鍵の数が多いから手ごわそうだなと思わせることができるという考え方もありますが、外部から見て留守宅であることが一目でわかってしまうという面もあります。

玄関周りの雰囲気が壊れる

玄関ドアの外側に補助錠がついていると、玄関ドアがいかつい感じになり、玄関周りの雰囲気が壊れてしまいます。

後付け補助錠の防犯性の限界

玄関ドアの防犯対策は鍵だけでは十分ではありません。より高い防犯性を目指すなら、全体に防犯対策が備えられている玄関ドアが必要です。防犯性の高い玄関ドアと交換すると、使い勝手の良さも同時に得られます。

関連コラム スマートロックは玄関に後付けできるの?玄関ドア交換との違いは?

玄関ドアに必要な防犯対策

防犯機能を備えたリクシルの玄関ドア

玄関ドアからの侵入の手口には複数あり、そのすべてに対する対策が必要です。

【主な侵入手口】

無締り

どんなに強固な防犯対策をとっても、無締りでは意味がありません。日頃から、施錠する習慣を身につけましょう。

ガラス破り

窓ガラスを破壊し、そこから手を入れて解錠して侵入する手口。通常のガラスであれば、わずか数秒で破壊できます。近所への買い物やペットの散歩など、わずかな留守の間でも被害に遭う可能性があります。

ドア錠こじ破り 

ドアと壁の隙間にバールなどの工具を押し込み、てこの原理でドア錠を破壊して侵入する手口。強引な方法ですが、通常のドアや錠では短時間で侵入されてしまいます。

ピッキング 

ピックと呼ばれる金属製の特殊工具を鍵穴に入れ、ドアの錠を短時間で開けるという手口。ピッキング手口に対応した錠でなければ、1分もかからず開錠されて屋内に侵入されてしまいます。

サムターン回し

玄関ドアの外側からドリルで穴を開けるなどして、サムターン(内側のドアロック用つまみ)を強引に回して侵入する手口。壊したドアスコープや取り外したドアノブの穴、ドアと壁の隙間などに特殊工具を挿し入れてサムターンを回すこともあります。

カム送り解錠 

特殊工具を用いて錠シリンダーを迂回し、直接錠ケース内部に働きかけてデッドボルトを作動させ解錠する手口。「バイパス解錠」とも呼ばれています。

引用:警察庁住まいる防犯110番 手口で見る侵入犯罪の脅威

この手口の中で補助錠だけで防げる可能性のある犯罪はありません。ただ、ねじで固定するディンプルキーの補助錠であれば、ピッキングとカム送り解錠は防げるかもしれません。また、サムターンカバーという防犯アイテムを玄関ドアの内側につけられていれば、サムターン回しは防げます。

ただしどちらも確実ではありません。一方、防犯性を備えた玄関ドアであれば、全ての手口を防げます。

玄関ドアの交換で対策できる侵入窃盗の手口

無締り

リモコンキーを使えば、鍵を取り出して施解錠する必要がなく、ポケットなどに鍵を携帯していればドアハンドルのボタンを押すだけなので、ゴミ出しや回覧板回しなど数分だから…と考えて無締りしてしまうことを防げます。また、オートロックにも設定できるので帰宅時の施錠忘れを防ぎます。

ガラス破り

この犯罪は窓ガラスだけではなく玄関ドアの袖やドアのガラス部分にもされる恐れがあります。腕を差し入れられないよう配慮された幅のガラスや、格子があしらわれたガラスがガラス破りを防ぎます。

ドア錠こじ破り

こじ破りを防ぐ鎌錠

最新の玄関ドアには鎌錠が施されているので、こじ破りに強い抵抗力を備えています。

ピッキング

玄関ドアの防犯対策

ディンプルキーがつけられているので、ピッキングの心配はありません。

YKKAPのダブルロックには、一つ目の鍵を開錠しても50秒以内に2つ目の鍵を開けないと再ロックされる仕組みになっている為、ピッキングを抑制します。

サムターン回し

着脱できるサムターン

サムターン(玄関の内側の鍵のツマミ)は着脱できるようになっています。ドアに穴を開けたり、ガラスを破ったりして腕を差し入れることができたとしても、ツマミがないので鍵を回せません。

カム送り解錠

ディンプルキーはカム送り解錠に対する耐性も備えています。

鍵の交換や後付けよりも玄関ドア交換をおすすめする理由

ドアリモ 通風玄関ドア

交換や後付けよりも費用は嵩みますが、玄関ドアと鍵を使える年数が長くなり、鍵の不具合や防犯性の低さが解決されるだけではなく、暮らしを快適にする機能もつけることができます。

見栄えが良くなる

後付けで玄関周りの印象を損なうことがありません。また、住宅の外観に合わせてデザインや色を選べるので、住宅全体の見栄えや玄関周りの印象が良くなります

防犯性が向上する

最新の玄関ドアを交換することで、鍵以外の部分でも対策できるので、あらゆる侵入窃盗の手口に備えられます。

キーレスにできる

スマートキーを導入でき。リモコン、カード、タグキーなど家族にとって使い勝手の良いタイプを選べます。

暮らしを快適にする機能をつけられる

断熱、通風、採光といった機能をつけられるので、鍵を新しくする以外に寒い、風通しが悪い、暗いなどの玄関の悩みも同時に解決できます。

ドア交換の費用

玄関ドアの枠タイプによって変わりますが、工事費を含めて20~40万円で交換できます。

玄関ドアの交換でより快適で便利な暮らしが始まります。間取りや玄関周りの環境、ご家族の暮らし方に合わせて玄関ドアの交換を計画されませんか?

マイスター社長
マイスター社長

玄関ドアマイスターは玄関ドアの交換を承っています。玄関ドアことなら何でもご相談ください。玄関の向きや玄関周りの環境に合わせて最適なご提案をさせていただきます。

玄関ドアリフォーム施工地域

マイスター社長
マイスター社長

インターネットでのお見積りやお問い合わせを不安に思う方も多いと思いますが、玄関ドアマイスターでは、お見積りやお問い合わせをいただいたお客様に、勧誘や営業は決していたしません。お気軽にご利用ください。

お客様のご自宅に伺う仕事ですので、信頼を何よりも大切にしています。丁寧親切はもちろんのこと、マナーの徹底も行っています。仕事は、最後は人で決まるという部分があります。世界に唯一の商品やサービスを売っている会社なんて一握り。同じような価格、同じようなサービスは、他にもある。それでも「あの人に」と選んでいただける、そんな会社でありたいと思っています。

玄関ドアで困っていることがあれば、どんなことでもご相談ください。

玄関ドアは家の顔、お客様が初めに訪れる場所です。

家族にとっては、必ず毎日通る場所です。

きれいで快適な玄関は、生活の質を格段に向上させます。

新しい玄関で快適な生活を手に入れてください。

LINEで気軽にご相談ください

マイスター社長
マイスター社長

LINEでお気軽にご相談がいただけます。最新の補助金情報をご覧いただいたり、ご要望に合うドアや窓をご覧いただくこともできます。ホームページではご紹介できないお話しもLINEならお伝え出来ますので是非ご登録ください。

LINE友だち追加

著者情報

マイスター社長 中村 貴

中村 貴

玄関ドアマイスター社長
二級建築士
株式会社中村建硝(昭和5年創立)の三代目
建具のプロとして、当店のスタッフの知識と技術はどこにも負けないという自負があります。お客様の暮らしを快適にし、お悩みを解決することで社会に貢献したいと思っています。

玄関ドアのリフォームがよく分かる特集コンテンツ

  • 玄関ドアの修理辞典
  • 玄関ドアリフォームのメリット
  • 防犯にも強いリモコンキー・カードキーについて
  • 相見積もり中の方へ
検索はこちら

玄関ドアの簡単お見積もり

step1
ドアタイプをお選びください

※ 片袖タイプ・・・開閉ドアの片側が固定の採光窓になっているタイプです。
※ 両袖タイプ・・・開閉ドアの両側が固定の採光窓になっているタイプです。

step2
ランマの有無をお選びください

  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

玄関引戸の簡単お見積もり

step1
引戸のタイプをお選びください
step2
ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

勝手口ドアリフォームの簡単お見積もり

step1
ドアのタイプをお選びください
step2
ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

最近チェックした商品

最近チェックした商品はありません。

お知らせ 口コミはこちら