先進的窓リノベ事業2024でお得に玄関ドア・窓をリフォーム!補助金額・申請方法は?気になる疑問も解説 | 玄関ドアリフォームの玄関ドアマイスター

玄関ドアのリフォーム・交換は価格と技術の「玄関ドアマイスター」へお任せください

玄関ドアリフォームの玄関ドアマイスター|技術力と価格で勝負の専門店|全国1位表彰獲得
お電話でのご相談お問い合わせは|0120-677-366| 電話受付:平日8:30〜18:00

コラム

公開日:2023年12月26日

/ 最終更新日:2024年01月07日

先進的窓リノベ事業2024でお得に玄関ドア・窓をリフォーム!補助金額・申請方法は?気になる疑問も解説

2024年先進的窓リノベ事業を解説|玄関ドアも申請対象に

2024年(令和6年度)は、窓のリフォームを行う方に対して、最大200万円の補助金が交付される「先進的窓リノベ事業」が行われます。

先進的窓リノベ事業は、窓や玄関ドアの断熱性を高めるリフォームに対して補助金が支払われます。

お住まいの住宅で寒さに悩んでいる方は、ぜひ利用を検討しましょう。

 

本記事では先進的窓リノベ事業について、補助金額や申請方法、対象となる工事の内容などを詳しく解説します。

補助金を受け取りながらお得に断熱窓やドアにリフォームして、安定した温熱環境の住まいを手に入れましょう。

>東京・茨城・千葉・埼玉・神奈川・栃木で補助金を利用して玄関ドア/窓のリフォームを検討中の方は、お気軽にご相談ください

 

先進的窓リノベ事業の補助金額は最大「200万円」

先進的窓リノベ事業の上限金額は200万円

(引用)環境省「先進的窓リノベ2024事業の詳細」

はじめに、先進的窓リノベ事業では、どれくらいの補助金を受け取れるのか確認します。

先進的窓リノベ事業は、一戸当たりの補助上限額は200万円です。

逆に下限も設定していて、補助金額が5万円を下回る場合は申請できない点には注意が必要です。

 

本事業は窓の交換を行った場合に、複数の窓リフォームを積み上げていった結果、最大で200万円の補助金が交付されるものです。

積み上げる際には、以下の表を利用して計算を行います。

先進的窓リノベ事業の補助金額算定用の表(戸建・3階建て以下集合住宅用)

(引用)環境省「先進的窓リノベ2024事業の詳細」

 

実施する工事によって補助金額は変わります。

外窓交換(カバー工法)・外窓交換(はつり工法)・内窓設置・ガラス交換の順番に補助金額が大きく、製品ごとの熱貫流率が高いほど、窓の面積が大きいほど補助金額は高くなります。

 

>関連コラム:【窓リフォームの種類で変わる効果と費用】目的別選び方のポイント

 

なお、上の表は戸建住宅および低層(3階建て以下)集合住宅が対象の表です。

中高層(4階建て以上)の集合住宅は下表の金額で算定をおこないます。

先進的窓リノベ事業の補助金額算定用の表(4階建て以上の集合住宅用)

(引用)環境省「先進的窓リノベ2024事業の詳細」

窓リノベの対象となる窓・ドアのリフォーム工事の内容とは?

改めて、どのような工事が先進的窓リノベ事業の対象となるのか確認しましょう。

窓・ドアの断熱改修工事

先進的窓リノベ事業で補助対象になる工種は「内窓設置・外窓交換・ガラス交換」

(引用)環境省「先進的窓リノベ2024事業の詳細」

対象となる工事は、窓の断熱改修工事で、具体的には以下の3つの工種が対象となります。

 

  • 内窓設置
  • 外窓交換
  • ガラス交換

このうち外窓の交換は、既存のサッシの上から新たな窓枠を被せる「カバー工法」と、既存の窓枠を撤去して新たに取り付け直す「はつり工法」とがあります。

それぞれ特徴が異なりますので、メリット・デメリットや施工費用などを考慮して工法を決めましょう。

>関連コラム:窓リフォーム カバー工法でできることとできないこと

対象となる窓・ドアリフォームは性能によって異なる

こうした工法を利用した窓の断熱改修工事は全てが対象となる訳ではありません。

以下の表のとおり、窓・ドアの性能を示すUw値が1.9~2.3以下である必要があります

先進的窓リノベ事業で対象とする場合、窓の断熱性能も必須条件に

(引用)環境省「先進的窓リノベ2024事業の詳細」

対象となる製品でリフォームを行えるか、リフォーム業者に確認を依頼しましょう。

先進的窓リノベ事業のスケジュールは?

先進的窓リノベ事業を利用する場合は、2つの対象期間を満たす必要があります。

先進的窓リノベ事業、申請から交付決定までの流れ図

(引用)環境省「先進的窓リノベ2024事業の詳細」

1つ目は令和5年11月2日以降に対象工事に着手すること。

2つ目は、令和6年12月31日までに工事が完了することです。

 

また、前提としてリフォームを請け負う業者が先進的窓リノベ事業の事務局に事業者として登録しておく必要があります。

この上で、リフォーム業者が工事完了後に事務局に交付申請を令和6年12月31日までに行うことで申請が受理されます。

先進的窓リノベ事業を利用する注意点・疑問点

記事の終わりに、先進的窓リノベ事業について聞かれることの多い疑問について、紹介・回答します。

事業者登録を完了した業者に依頼する

1つ目の注意点は、先進的窓リノベ事業の補助金を受けるためには、必ず事業者登録が完了している業者に依頼することです。

本事業は、事業者として登録されていない業者が工事を行っても補助金を受け取ることはできません

リフォーム業者に直接、事業者登録の有無を確認する以外にも、先進的窓リノベ事業の公式ホームページから業者を検索することもできますので(2024年版サイトは2023年12月時点では未公開)、検索しての確認も可能です。

玄関ドアのリフォームもできるが窓リフォームが必須

先進的窓リノベ事業では、条件cに合致すればドアもリフォーム対象に

(引用)環境省「先進的窓リノベ2024事業の詳細」

2つ目の注意点は、ドアのリフォーム工事で補助を受けるためには、必ず窓のリフォームも行う必要があることです。

本事業は窓に加えてドアも補助の対象となりました。

しかし「窓の改修と同一契約内で断熱性能の高いドアに改修する場合に限り、補助の対象とします。」という記載のとおり、ドア単体では補助金を受け取れないことを認識しましょう。

>関連コラム:玄関ドアリフォームビフォーアフター20選|断熱・通風・防犯の悩みも解決!

補助金がなくなる場合もありますか?

A.補助金が先になくなる場合もあります。確実に補助金を受け取りたい場合は、早めのリフォーム工事・申請を行うことをおすすめします。

 

先進的窓リノベ事業に限らず、あらゆる補助事業には年度ごとに予算上限があり、上限に達した時点で申請の受け付けが止められてしまいます。

補助金を活用しながら窓やドアのリフォームを行いたい方は、早めにリフォーム業者と工事の範囲や金額などの打合せを行い、2024年版先進的窓リノベ事業の開始、および事業者登録と同時にリフォーム工事を始められるように計画を立てましょう。

 

なお、補助金の予算残額は先進的窓リノベ事業ホームページに記載があるため(2024年版は2023年12月時点では未公開)、予算残額を確認しながらリフォームの内容を決めましょう。

先進的窓リノベ事業の申請方法は?

A.補助金の申請・補助金の受け取りともにリフォーム業者が行います。施主は先進的窓リノベ事業の登録事業者に工事を依頼すれば、申請作業を行う必要はありません。

ただし、工事申請の際には工事請負契約書の写しや本人確認書類など、一定の書類を揃える必要がある点には注意が必要です。

子育てエコホーム支援事業(リフォーム)との違いは?

A.窓単体で比較すると、子育てエコホーム支援事業よりも、先進的窓リノベ事業の方が補助金額は大きくなります。

 

2024年は先進的窓リノベ事業だけではなく、子育てエコホーム支援事業も行われます。

本事業は対象となる工種が窓・玄関ドアに限られず設備なども含めて幅広く対象となります。

工種が多岐に渡る場合は子育てエコホーム支援事業の方が補助金額が大きくなる場合もありますので、工事内容に合わせて補助金額をシミュレートすることをおすすめします。

子育てエコホーム支援事業(リフォーム)と先進的窓リノベ事業の違い

(引用)環境省「先進的窓リノベ2024事業の詳細」

なお、先進的窓リノベ事業の資料では、子育てエコホーム支援事業との金額差を比較する表を作成しています。

たとえばガラス交換を見ても、子育てエコホーム支援事業では最大14,000円であるのに対し、先進的窓リノベ事業では30,000円~55,000円と高い補助金額となっています。

どちらの補助金を活用する方がお得なのか、工事の内容から試算する必要があります。

ほかの補助金と併用できますか?

A.契約内容によっては補助金を併用することも可能です。

本制度の資料には、他の補助金との併用に関しても記載があります。

先進的窓リノベ事業と他の補助金との併用について

(引用)環境省「先進的窓リノベ2024事業の詳細」

 

併用の可否を確認すると、請負工事契約が別でかつ工期や補助対象が異なる場合に、他の補助金を併用できる可能性があります。

具体的なケース別の事例については、事務局に確認することをおすすめします。

まとめ│窓リノベ補助金でお得に快適な玄関ドアと窓へ

2023年に引き続いて、2024年も実施されることが決まった先進的窓リノベ事業に関して解説しました。

 

本事業は、既存の窓・玄関ドアを断熱性能を向上させる形でリフォームする場合に、最大で200万円もの補助金を受け取ることのできる制度です。

窓やドアからの暑さ・寒さに悩んでいる方は、本補助金のあるうちにリフォーム工事を検討することをおすすめします。

ただし、補助金には年度ごとに予算の上限がありますので、上限に達する前に早めのリフォームを検討しましょう。

 

東京都・茨城県・千葉県・埼玉県・栃木県・神奈川県で浴室の窓のリフォームを検討している方は、窓リフォームマイスターまでお気軽にご相談ください。

 

マイスター社長
マイスター社長

窓リフォームマイスターは東京、茨城、千葉、埼玉、神奈川、栃木で玄関ドア/窓の交換を承っています。玄関ドア/窓のことなら何でもご相談ください。ご自宅の環境に合わせて最適なご提案をさせていただきます。

玄関ドアリフォーム施工地域

マイスター社長
マイスター社長

インターネットでのお見積りやお問い合わせを不安に思う方も多いと思いますが、窓リフォームマイスターでは、お見積りやお問い合わせをいただいたお客様に、勧誘や営業は決していたしません。お気軽にご利用ください。

お客様のご自宅に伺う仕事ですので、信頼を何よりも大切にしています。丁寧親切はもちろんのこと、マナーの徹底も行っています。仕事は、最後は人で決まるという部分があります。世界に唯一の商品やサービスを売っている会社なんて一握り。同じような価格、同じようなサービスは、他にもある。それでも「あの人に」と選んでいただける、そんな会社でありたいと思っています。

玄関ドア/窓で困っていることがあれば、どんなことでもご相談ください。

関連コラム

LINEで気軽にご相談ください

マイスター社長
マイスター社長

LINEでお気軽にご相談がいただけます。最新の補助金情報をご覧いただいたり、ご要望に合うドアや窓をご覧いただくこともできます。ホームページではご紹介できないお話しもLINEならお伝え出来ますので是非ご登録ください。

LINE友だち追加

著者情報

マイスター社長 中村 貴

中村 貴

玄関ドアマイスター社長
二級建築士
株式会社中村建硝(昭和5年創立)の三代目
建具のプロとして、当店のスタッフの知識と技術はどこにも負けないという自負があります。お客様の暮らしを快適にし、お悩みを解決することで社会に貢献したいと思っています。

お知らせ 口コミはこちら