玄関ドアを引き戸にリフォーム!メリット・デメリットと失敗しない引き戸の選び方 | 玄関ドアリフォームの玄関ドアマイスター

玄関ドアのリフォーム・交換は価格と技術の「玄関ドアマイスター」へお任せください

玄関ドアリフォームの玄関ドアマイスター|技術力と価格で勝負の専門店|全国1位表彰獲得
お電話でのご相談お問い合わせは|0120-677-366| 電話受付:平日8:30〜18:00

コラム

公開日:2023年11月29日

/ 最終更新日:2024年04月07日

玄関ドアを引き戸にリフォーム!メリット・デメリットと失敗しない引き戸の選び方

家の玄関ドアのリフォームを考えた時に、開き戸か引き戸かどちらのドアを設けるかで悩んでいるという方も多いのではないでしょうか。

この記事では、玄関ドアを引き戸に変更するメリットやデメリット、引き戸の選び方やおすすめの設置場所、交換費用や引き戸への交換事例などを詳しくご紹介します。

 

目次

引き戸とは?種類や特徴を解説

はじめに、引き戸とはどのようなものなのかや引き戸の種類と特徴について解説します。

引き戸とは?

引き戸は、レールや溝を使ってスライドさせる仕組みを持つ戸のことをいいます。主に「レールタイプ」と「上吊りタイプ」の二種類の引き戸に分かれます。

「レールタイプ」の引き戸は、床の上にレールを設けて戸をスライドさせる方法であり、レールが床に設けられているため安定感があります。

「上吊りタイプ」の引き戸は、壁や天井にレールを設けて上から戸を吊るしてスライドさせる方法です。下にレールがないためレールにゴミが溜まったり段差でつまずいたりする心配がありません。

引き戸の種類・特徴

つぎに、引き戸の種類や特徴について説明します。

片引き戸

片引き戸は、戸をスライドさせて開け閉めをするタイプで戸をスライドさせるスペースが壁に必要です。

戸は一枚だけでなく二、三枚連動している片引き戸もあります。

引き違い戸

引き違い戸は二枚の戸をすれ違わせて開け閉めするタイプで、左右どちら側からも開け閉めができて便利です。

引き分け戸

二枚の戸を左右にスライドさせて開け閉めできるタイプで、「両開き戸」ともいわれています。

左右に戸をスライドさせるためそのぶん広いスペースが必要になります。

引き込み戸

引き込み戸は、戸を開けた際に壁の中に戸がしまうことができるタイプです。

戸を壁に収納できるため見た目もすっきりとした印象になります。

 

玄関ドアを引き戸に交換するメリットは?

つぎに、玄関ドアを引き戸に交換するとどのようなメリットがあるのかを解説します。

開け閉めの際に場所を取らない

引き戸はスライド式なため、開け閉めの際に前後にスペースが必要な開き戸と比べて引き戸は場所を取らないというメリットがあります。

玄関や引き戸の周辺に物が置いてあったり人が通っていても、ぶつかる心配が無く安心して開け閉めができます。

開口部を広く取れる

引き戸は開口部を広く取れるというのも大きなメリットです。

玄関から家の中へ大きな荷物を運んだり車椅子やベビーカーなどの出入りがスムーズにできたり、引き戸を全開にしたり半分開けたりと開ける幅を好きな位置で調節できるのも引き戸ならではの良い点といえます。

開け閉めしやすい

引き戸は、少ない力だけで戸を開けたり閉めたりすることができるのもメリットのひとつでしょう。

そのため、玄関ドアを引き戸に交換することで力の少ない小さなお子さんや高齢の方でも簡単にドアの開け閉めができます。

開放的な玄関になる

玄関ドアを引き戸に交換することで、開放感のある玄関になります。

全開に戸を開けて玄関から家の中に風を取り入れたり、掃除をしたりと戸の幅を自分の好きな幅に調整できるのも便利です。

強風でも閉まらない

開き戸の場合、強風で急にドアが煽られて閉まってしまう可能性がありますが引き戸は強風でもドアが煽られないため、急に玄関のドアが閉まるという心配がありません。

また、急に玄関ドアが閉まってしまうと手や指をドアに挟んで怪我をする危険性があります。その点でも開き戸よりスライドで開け閉めできる引き戸のほうが安全です

 

ドアのお悩み別コラム

玄関ドアを引き戸に交換するデメリットと対策は?

では、つぎに玄関ドアを引き戸に交換するデメリットとその対策について説明します。

音の対策

玄関ドアを引き戸に交換することで、開閉音が気にならないよう予め対策を考えておくことが大切です。

たとえば、戸当たり用の防音テープを使用したり、定期的にレールや戸車を掃除したり音が出ないような対策をしておくと良いでしょう。

設置スペースの確保

引き戸は壁部分に戸をしまうスペースが必要になってくるため、設置する前にスペースが確保できるかどうかを確認しておくと良いでしょう。

また、玄関から見える部分にスペースが無い場合でも壁の中に引き戸をしまう「引き込み戸」を設置ができることもあるため、ドア専門の業者に相談してみてください。

玄関ドアを引き戸からドアに変更できる?

玄関ドアを引き戸から一般的なドアである開き戸へ交換したい方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結論からいうと玄関ドアを引き戸から開き戸へ変更することは可能です。

その際には、既存のドア枠に新しいドア枠をかぶせるカバー工法をおすすめします。

カバー工法は、施工時間も半日~一日と短時間で完成し、外壁などを壊す工事も不要なため騒音なども少なくスピーディに新しいドアへ変更することが可能です。

 

引き戸の鍵や取っ手の交換はDIYでできる?

万が一、引き戸の取っ手や鍵が壊れたり、不具合があった場合に自分で交換することも可能です。

取っ手や鍵は、ホームセンターやネット通販などで購入することができます。

素材やデザイン、色など種類も豊富なためドアの雰囲気を変えたい場合には好みのものを選んで玄関ドアの雰囲気を変えてみてください。

また、鍵には機能性に優れたものもあるため今よりも防犯性の優れた鍵にしたい場合には、防犯機能の高いディンプルキーを使用にしてみるなど目的別に選んでみても良いでしょう。

賃貸では、穴あけ工事をする場合に管理会社への確認が必要になるため、穴あけ不要で取り付けができる粘着テープ式の鍵を選んでみるのもおすすめです。

自分で取っ手や鍵の交換は可能ですが、もし取り付けが難しい場合には無理矢理取り付けてしまうとドアの破損や不具合にもつながってしまうため注意が必要です。

失敗しない引き戸の選び方とおすすめの設置場所

玄関引き戸 内観

では、引き戸の選び方を失敗しないようにするにはどのようにドアを選べば良いのでしょうか。

引き戸の選び方とおすすめの設置場所について詳しく解説します。

引き戸の選び方

デザイン

引き戸を選ぶ際に、自分の家のテイストや雰囲気に合うデザインの引き戸を選ぶと良いでしょう。

現在では、さまざまなデザインのおしゃれな引き戸があるため和風で落ち着いた雰囲気を出したい、ナチュラルで可愛らしい雰囲気にしたいなど自分達の理想のデザインを明確にしておくと希望の引き戸に出会える可能性が高くなります。

機能性

引き戸選びでは、どのような機能を持つ引き戸にするのか機能性から選ぶということも重要です。

たとえば、防犯性に優れた引き戸、断熱性や防火性の高い引き戸など、色々な機能性の優れた引き戸があるため自分達が優先したいものから選ぶことをおすすめします。

素材や大きさ

引き戸を選ぶ際に、ドアの素材や大きさをチェックしておくことも大事なポイントです。

たとえば、木素材を使用した引き戸の場合は和モダンやナチュラルテイストの家などと相性が良く、温かみのあるおしゃれな雰囲気を演出してくれます。

それぞれの家のテイストや家族のライフスタイルに合わせて、引き戸の素材や大きさなどを選んでみてください。

おすすめの設置場所

玄関

玄関ドアを引き戸に交換することで、大きな荷物が一度にたくさん運びやすくなったり玄関をバリアフリーにしてベビーカーや自転車、車椅子などがスムーズに通ることができたりと便利に使うことができるためおすすめです。

また、玄関は家の印象も左右する大事な場所でもあるため引き戸の素材やデザインなどにこだわりを見せることで、よりおしゃれで素敵な引き戸の玄関が実現できます。

リビング

リビングに引き戸を設けると、戸を開け閉めが手軽にでき必要に応じて便利に使うことが可能になります。

たとえば、引き戸の戸を開けたままにしておくと隣の部屋との行き来がしやすくなり、リビングと合わせて広々と使用できるため開放感のあるリビング空間が実現できおすすめです。

玄関引き戸の交換費用相場は?

では、玄関引き戸の交換の際の費用はどのくらいなのでしょうか。

玄関引き戸の交換費用相場は、約30万円~70万円となっています。これは引き戸本体の価格と工事費用を合わせた合計の費用相場です。

玄関引き戸でも素材や大きさなどによって、本体の価格はさまざまなため費用を施工会社に確認しておきましょう。

 

玄関引き戸の交換事例

玄関ドアリフォーム 引き戸

 

LIXILリシェントの玄関引き戸をみる

こちらは、ガラスを全面に使用した玄関引き戸からリシェントの縦通しのおしゃれなデザインの玄関ドアに交換した事例です。

和風でも洋風の家の玄関にも合う落ち着いた雰囲気の玄関引き戸です。

防犯面でも防犯性の優れたガラスやリモコン・カードキーを搭載することも可能なため安心です。

 

LIXILリシェントM28型クリエモカ

LIXILリシェントの玄関引き戸をみる

シンプルな玄関開き戸からリシェントのデザイン性の高い引き戸へ交換した事例です。

両開きで開口部が広く取れ荷物なども運びやすく、採光をしっかり取り入れられる小窓やデザイン性のある高級感あふれる玄関になっています。

YKKドアリモの玄関引き戸をみる

まとめ

玄関に引き戸を上手に家に取り入れることで、今よりさらに快適な空間にすることが可能になります。

それには、引き戸の種類や特徴などを理解したうえで自分達に合う引き戸を選ぶことがとても重要です。

そして、理想の引き戸のリフォームを実現するためには施工会社選びも大事になってきます。

玄関ドアの交換をお考えであれば、これまでに玄関ドアの交換実績が多いドア専門の会社に相談してみてください。

玄関ドア・窓の交換は玄関ドアマイスターにご相談ください

マイスター社長
マイスター社長

玄関ドアマイスターは東京、茨城、千葉、埼玉、神奈川、栃木で玄関ドアの交換を承っています。玄関ドアの交換をしたいとお考えの方や玄関のリフォームでお悩みの方など、玄関ドアのことならお気軽に何でもご相談ください。玄関ドアマイスターがお客様に最適な玄関ドアをご提案させていただきます。

施工事例

玄関ドアリフォーム施工地域

マイスター社長
マイスター社長

インターネットでのお見積りやお問い合わせを不安に思う方も多いと思いますが、玄関ドアマイスターでは、お見積りやお問い合わせをいただいたお客様に、勧誘や営業は決していたしません。お気軽にご利用ください。

玄関ドアで困っていることがあれば、どんなことでもご相談ください。

玄関ドアは家の顔、お客様が初めに訪れる場所です。

家族にとっては、必ず毎日通る場所です。

きれいで快適な玄関は、生活の質を格段に向上させます。

新しい玄関で快適な生活を手に入れてください。

 

関連コラム

LINEで気軽にご相談ください

マイスター社長
マイスター社長

LINEでお気軽にご相談がいただけます。最新の補助金情報をご覧いただいたり、ご要望に合うドアや窓をご覧いただくこともできます。ホームページではご紹介できないお話しもLINEならお伝え出来ますので是非ご登録ください。

LINE友だち追加

著者情報

マイスター社長 中村 貴

中村 貴

玄関ドアマイスター社長
二級建築士
株式会社中村建硝(昭和5年創立)の三代目
建具のプロとして、当店のスタッフの知識と技術はどこにも負けないという自負があります。お客様の暮らしを快適にし、お悩みを解決することで社会に貢献したいと思っています。

玄関ドアのリフォームがよく分かる特集コンテンツ

  • 玄関ドアの修理辞典
  • 玄関ドアリフォームのメリット
  • 防犯にも強いリモコンキー・カードキーについて
  • 相見積もり中の方へ
検索はこちら

玄関ドアの簡単お見積もり

step1
ドアタイプをお選びください

※ 片袖タイプ・・・開閉ドアの片側が固定の採光窓になっているタイプです。
※ 両袖タイプ・・・開閉ドアの両側が固定の採光窓になっているタイプです。

step2
ランマの有無をお選びください

  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

玄関引戸の簡単お見積もり

step1
引戸のタイプをお選びください
step2
ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

勝手口ドアリフォームの簡単お見積もり

step1
ドアのタイプをお選びください
step2
ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

最近チェックした商品

最近チェックした商品はありません。

お知らせ 口コミはこちら