スタッフブログ

2017年11月6日

オートロックの便利さと落とし穴【代表のブログ】

本日もご覧いただき誠にありがとうございます。
玄関ドアのリフォーム屋さん(株)中村建硝代表の中村です。
 
リフォーム用玄関ドアの
LIXILリシェントとYKKドアリモでは、
リモコンキーを付けると、
オートロックに設定ができます。
 
オートロックとは、鍵を開錠してドアを開けると、
ドアが閉まった際に自動で鍵が閉まる性能のことです。
 
このオートロックですが、
慣れてしまうと本当に便利!(^^)!
 
例えばリモコンキーなら、リモコンをカバンに入れておけば、
帰宅した際に、玄関のボタンを押すだけで開錠できて、
ドアを開けて室内に入ってドアが閉まると自動で鍵がかかります。
 
毎日の動作なので、この一連が楽になると、
もう後戻りはしたくなくなります。

0609_DR_P4056A0609_DR_P4057A0609_DR_P4058A

でもこのオートロック、注意しないといけない落とし穴があります。
それは、「閉め出し」です。
上記の2番目のイラストの状況で、カバンを室内に置き、
うっかり車に置き忘れた荷物を取りに行ったら。。。
 
ドアが閉まって、自動で鍵がかかってしまった、という悲劇が起きてしまいます。
リモコンは室内なのに、自分は外にいて、鍵がかかってしまっているのでどうにもなりません。
こうなってしまうと他のリモコンやカギを持っている家族が帰ってくるまで、
ドアを開けることができなくなってしまいます。

慣れると常に注意しているのでこういった事故は起きませんが、
ドアを開けた瞬間に、
宅急便屋さんに声をかけられたり、
ご近所の方に呼ばれたりといったことはよくある場面なので注意が必要です。
 
このお話をすると、オートロックは怖い、とおっしゃる方もいらっしゃいますが、
あまり心配しなくてもすぐになれる方が大半です。
それでも心配、という方は、オートロックにしない設定も可能ですので心配は無用です。
 
オートロックにしない設定にした場合、
閉めるときもボタンを押すという動作が増えるだけです。
 
 
本日も最後までご覧いただきありがとうございました。
中村貴
社員写真