スタッフブログ

2024年1月16日

その窓に内窓はちょっと待って!なぜなら・・・

2024年は、2023年と違い内窓の補助額が下がり、外窓交換の補助額が上がりました。断熱アップと使い勝手の両面を考えて、どんな窓でも内窓を付けるのではなく、窓の状況により外窓交換と内窓を使い分けるのがおすすめです。

実は健康になる!窓の断熱化

戸建て住宅の場合、窓やドアのような開口部から多くの熱が奪われています。そのため、窓とドアの断熱化が推奨されています。

内窓でも外窓交換でも、窓の断熱リフォームをして暖かい部屋で過ごすと健康改善に繋がるというデータがあります。内窓は外窓交換に比べて安価ですが、すべて内窓工事でいいのでしょうか?後で後悔しないために注意が必要です。

外窓交換にした方が良くなるケース

開け閉めが多い窓

普段から開け閉めが多い窓に内窓を付けてしまうと、動作が2倍になり面倒です。特にベランダや庭に出入りするような大きな窓は、内窓ではなく外窓交換がおすすめです。内窓は気密が良いので外窓よりも重く感じることがあるので、お年を召した方には特に外窓交換での断熱化をおすすめします。

特に、雨戸付の窓、手動シャッター付の窓にはご注意ください。毎日の開閉の際に窓を内窓と外窓を開け閉めするのは非常に面倒です。

ルーバー窓(ジャロジー窓)

ルーバー窓を取り付けた場所は、もともと換気がしたい場所です。内窓を付けてしまうと換気がしにくくなるので、縦すべり出し窓のような、閉めれば断熱、開ければ換気が出来る窓に外窓交換するのがおすすめです。さらにルーバー窓は、防犯上も極めて危険な窓なのも外窓交換をおすすめする理由です。

上げ下げ窓

普段換気のためのに窓を開けない場合は、内窓で断熱化でいいのですが、窓を開けたい場合には内窓は向いていません。上げ下げタイプの内窓がないので開き窓かFIX窓の内窓を採用するとこになります。開き窓は内側に開くので、開けっ放しにしておくと邪魔なうえに危険です。そのため、換気をよくする上げ下げ窓は、内窓ではなく外窓交換で断熱化する方がおすすめです。

窓の建付けが悪い場合

元の窓からすきま風が入ってくるような状態になってしまっていたら、内窓を付けても断熱の効果は低いです。建付けが悪い窓や動きが悪い窓は、外窓交換して、断熱がしっかりした動きが良い窓にするのがおすすめです。

 

マイスター社長
マイスター社長

コストだけを考えると内窓が有利ですが、開け閉めが2回になる、掃除が2倍になるなどのデメリットがあります。外窓交換でしたら、使い勝手は元のままで断熱性能をアップすることができます。上手に使い分けるのが、お得で快適なお住まいにするコツになります。ぜひ、暖かいおうちにしてご家族の皆様健康で笑顔あふれる日々をお過ごしください。

 

窓リフォームは業者選びが重要です

最後にお伝えしたいのは業者選びに関してです。窓のリフォームは建具工事業者の専門工事です。内窓の設置は、簡単そうに見えますが、しっかりした断熱効果を出すには窓全体を見る知識と技術が必要です。専門外の業者や下請け会社に工事をいらしるホームセンターやリフォーム会社には依頼しないのがおすすめです。詳しくは下記からリンクのページをご覧下さい。

著者情報

マイスター社長 中村 貴

中村 貴

玄関ドアマイスター・窓リフォームマイスター社長
二級建築士
株式会社中村建硝(昭和5年創立)の三代目
建具のプロとして、当店のスタッフの知識と技術はどこにも負けないという自負があります。お客様の暮らしを快適にし、お悩みを解決することで社会に貢献したいと思っています。

検索はこちら

玄関ドアの簡単お見積もり

step1
ドアタイプをお選びください

※ 片袖タイプ・・・開閉ドアの片側が固定の採光窓になっているタイプです。
※ 両袖タイプ・・・開閉ドアの両側が固定の採光窓になっているタイプです。

step2
ランマの有無をお選びください

  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

玄関引戸の簡単お見積もり

step1
引戸のタイプをお選びください
step2
ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

勝手口ドアリフォームの簡単お見積もり

step1
ドアのタイプをお選びください
step2
ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

最近チェックした商品

最近チェックした商品はありません。