玄関ドア、玄関引戸、勝手口ドアのリフォーム交換は技術の玄関ドアマイスター|玄関ドアのリフォームなら玄関ドアマイスターへお任せください

玄関ドアリフォームの玄関ドアマイスター|技術力と価格で勝負の専門店|全国1位表彰獲得
お電話でのご相談お問い合わせは|0120-677-366| 電話受付:平日8:30〜18:00

スタッフブログ

公開日:2022年6月10日

勝手口の防犯は格子付きドアなら万全?安全な勝手口とは?

勝手口の防犯は格子付きドアなら万全?安全な勝手口とは?

玄関に比べて、通りや隣家からの視線が届きにくい勝手口は、玄関よりも侵入しやすい出入り口です。その為、格子付きのドアにしたり、センサーライトやチェーンをつけたりといった防犯対策をされている住宅もあると思います。ただ、それだけで十分なのでしょうか?狙われやすい勝手口の防犯についていろいろな面から考えていきましょう。

勝手口が狙われやすい理由と対策

周辺からの視線が届きにくい勝手口ドア

鍵をかけることに対する意識が低い、周囲からの視線が届かないなどの問題が、勝手口を狙われやすい出入り口にしてしまっています。

鍵をかけることに対する意識が低い

玄関から出かける際には、鍵を二重にかかったことを確認してから出かける人がほとんどです。そして玄関ドアには防犯性の高い鍵がつけられているはずです。より防犯性を高められるスマートキーを使っている玄関も多いと思います。

それと比較すると、勝手口ドアの鍵は、施錠せずにゴミ出し行ったり、勝手口が目に入らない位置でガーデニング作業をしたりすることが多いのではないでしょうか?

玄関から出る際には、これから外出して長時間家を空けるという緊張感があります。一方、勝手口から出る時は、すぐ戻る用事だったり、敷地内から出ない用事であったりすることが多いからだと思います。

この問題への対策は、とにかく鍵をかける習慣をつけるしかありません。警察庁のデータを見ると、強盗の侵入経路で最も多い場所はドアや窓などの開口部です。そして最も多い手口は無締りです。鍵をかけていない玄関ドアや勝手口ドア、窓から何の苦労もなくやすやすと侵入してきます。

周囲からの視線が届かない

すぐ戻る、敷地内にいるとは言っても、勝手口が視線の中にない場合は、非常に危険です。なぜなら、勝手口は多くの場合、通りや隣家からの視線が届きにくい状況にあるからです。玄関は家の顔とも言える場所なので、エアコンの室外機やゴミ箱などは置けません。それらの物はたいてい勝手口付近に配置して、植栽などで見えないようにしていると思います。

また玄関は通りに面していますが、勝手口が通りに面していないこともあります。人目がないので、敷地内にいて草花の手入れをしている時などに、気付かないうちに忍び込まれてしまうかもしれません。

この問題への対策は、見通しを良くすることです。植栽を刈り込む、目隠しフェンスを外すなどの方法で、勝手口ドアが人目に付きやすい状況にできます。ただ、通りに面していないなど、勝手口まわりの環境によっては、見通しを良くすることが難しい場合もあります。また、ゴミ箱や室外機が外観の雰囲気を損なうことが気になる場合もあるでしょう。

そのような場合には、夜間はセンサーライトである程度の対策ができます。昼間はライトがついても効果が出ないので、防犯砂利を撒くなどの対策が必要です。また、本物の防犯カメラは効果ですが、ダミーカメラを取り付けるだけでも、ある程度の効果が期待できます。

参考サイト 警察庁住まいる防犯110番 侵入者プロファイリング<心理と行動-1>

 

危険な勝手口ドアから安全な勝手口にリフォームした事例をご覧いただけます。
スタッフブログ 勝手口は危険!泥棒に侵入されないための防犯対策

勝手口ドアそのものの問題

勝手口の中には不正開錠しやすい鍵がついていたり、割りやすいガラスが入っていたりするドアがついていることが少なくありません。玄関ドアのように頑丈に造られていない上に、簡単に鍵開けができてしまえば、ドアの役目である外部からの侵入を防ぐという働きを果たせません。

侵入強盗を成功させてしまう勝手口ドアとは?

侵入強盗を成功させてしまう勝手口ドア

勝手口まわりの環境だけではなく、侵入しやすい勝手口ドアであるという問題もあります。

玄関ドアより壊しやすい

玄関ドアは厚みがあるので、穴をあけるとなると相当な手間がかかるとおもいますが、勝手口ドアなら玄関ドアほどの厚みがありません。この問題への対策は、防犯性の高い玄関ドアに交換する以外にはありません。

古いタイプのガラスの上げ下げ窓がついている

キッチンへの採光のため、ガラスの上げ下げ窓のついた勝手口ドアが多く出回っています。この窓には防犯の為の格子があしらわれています。さらに虫が入って来ないように網戸も張られているのですが、格子にも網戸にもそれほどの防犯効果はありません。

ガラスを破られてしまうと、その部分に腕や器具を差し入れて、ドアの内側についているツマミを回して、鍵を開けられてしまいます。この問題への対策は防犯用のガラスに交換するという方法が考えられます。

鍵が脆弱

鍵が一か所しかついていない勝手口ドアがあります。また鍵が2か所ついていたとしても、ピッキングなどの不正開錠への耐性が弱い鍵であることも多いです。

この問題へ対策は鍵を交換する、補助錠やチェーンロックをつけるといった方法が考えられます

鍵を交換する

現在、最も不正開錠がしにくい鍵と交換すると、ピッキングや合かぎで不正開錠されることは防げます。

補助錠をつける

今ある鍵の他に新たな鍵を取り付ける方法です。ただ、この方法をとると、施解錠の手間が増えてしまい、よっぽどの心配事がない限り無締りをしてしまう可能性は否めません。

チェーンロックを取り付ける

玄関ドアについているような玄関ドアと枠を結ぶチェーンを取り付ける方法です。不正開錠に対する効果はありませんが、ドアが開く角度を狭められるので、押し入り強盗のリスクは抑えられます。

ドアガードプレートを取り付ける

こじ開けというドアとドア枠の間にバールなどを差し入れてドアをこじ開ける手口に有効な対策です。

勝手口ドアを交換する

理想的な防犯対策は勝手口ドアの交換です。鍵とガラスの両方に防犯対策が施されているからです。

リクシルのリシェント勝手口ドア

リクシルリシェント 勝手口ドア

リシェント勝手口ドアは、リフォーム用の勝手口ドアです。従来の勝手口ドアにあった防犯への不安を払しょくするだけの十分な防犯性能が備わっています。

こじ破り対策 2つの鎌付デッドボルト

リクシル勝手口ドアのこじ破り対策 2つの鎌付デッドボルト

標準仕様で、デッドボルトが出ると、鎌部分が飛び出す構造の鎌付デッドボルトが上下2ヵ所に装備されています。 扉と枠のかみ合わせが強化され、こじ破り対策に対する抵抗力を高めています。

こじ破りとは、ドア枠とドアの間にバールなどを差し入れて無理やり鍵を破壊しドアをこじ開ける侵入強盗の手口の一つです。鎌付デッドボルトが2か所につけられているので、こじ開けようとしても非常に時間がかかります。

ピッキング対策 2ロック仕様+耐ピッキング性能10分以上

玄関ドアには当たり前になっている2ロックが勝手口ドアにも採用されています。また、断熱仕様のドアにはWNキーが使われています。アルミ仕様のドアはリバーシブルキー(D9)をオプションで選べます。どちらも耐ピッキング性能10分以上の鍵です。

ピッキングは特殊な器具を鍵穴に入れて不正開錠する手口です。ピッキングに5分以上時間がかかると、強盗は犯罪をあきらめるという警察庁のデータから考えると、耐ピッキング性能10分以上の鍵は、ピッキングの防止に役立ちます。

ガラス破り対策 セキュリティサムターン

鍵の室内側にはサムターンと呼ばれるツマミがついていますが、このツマミが取り外せるセキュリティサムターンが取り付けられています。ガラス破りとはガラスを破って腕を差し入れ、ツマミを回して不正開錠する手口です。万一ガラスを割られてもサムターンが取り外されていると、鍵を操作できません。

さらにオプションで破壊されにくい安全合わせガラスが選べます。安全合わせガラスとは、2枚のガラスの間に特殊中間膜が挟み込まれたガラスです。破壊して穴を開けようとしても、ヒビが入るだけで、大きく穴を開けられないという特性を持っています。

採風ロック

断熱仕様のリクシル勝手口ドア フラットスライド構造

断熱仕様のリクシル勝手口ドアはフラットスライド構造です。

 

採風の為、勝手口ドアの窓も、従来の勝手口のように上下に動かせるようになっていますが、外から見えにくいロックが使われています。また、格子のデザインもガラスを破られても腕を差し入れられない、窓が外れないように取り付けられているなど、古い上げ下げ窓のような危険はありません。

参考サイト 警察庁住まいる防犯110番 手口で見る侵入犯罪の脅威

 

勝手口まわりの環境によっては、センサーライトや音の出る砂利などが必要な場合もあります。ただ、鍵だけ交換したり、ガラスだけ交換したりするより、勝手口ドア自体を交換する方が、確実に防犯性を高められます。CPマークのついた防犯建物部品と認められている勝手口ドアには確実な防犯性能があります。

参考サイト 防犯性能の高い建物部品の開発・普及に関する官民合同会議<CPマーク>

 

特に築年数の長い家の勝手口ドアには、家全体の歪みによって枠とドアの間に隙間ができ、こじ破りをしやすくなっている、簡略な鍵がついている、鍵が一つしかないなどの防犯上の不安が多々あります。

* 玄関ドアだけではありません。勝手口ドアにも同じようなメリットがありますので参考にしてください。

玄関ドアの疑問解決 玄関ドアを交換するメリットって何ですか?
玄関ドアの疑問解決 建て付けの悪い玄関でも、リフォーム専用ドアは付きますか?

 

* 勝手口ドアを交換すると、防犯以外にも明るく風通しの良いキッチンにする効果が得られます。
コラム 勝手口ドアのリフォームで快適なキッチン・洗面所・洗濯室とセキュリテイに強い家を実現

 

* 勝手口ドアのメーカーには、主にYKKAPとリクシルがありますが、玄関ドアマイスターでは、リクシルの勝手口ドアを販売しています。YKKAPとリクシルの勝手口ドアには、共通した特徴が多いので、合わせて確認していきましょう。
コラム 勝手口ドア ykkとリクシルの違いはある?

 

マイスター社長
マイスター社長

玄関ドアの交換で住宅全体の防犯性は大きく向上します。玄関ドアのことなら何でもご相談ください。玄関の向きや玄関周りの環境に合わせて最適なご提案をさせていただきます。

玄関ドアリフォーム施工地域

マイスター社長
マイスター社長

インターネットでのお見積りやお問い合わせを不安に思う方も多いと思いますが、玄関ドアマイスターでは、お見積りやお問い合わせをいただいたお客様に、勧誘や営業は決していたしません。お気軽にご利用ください。

お客様のご自宅に伺う仕事ですので、信頼を何よりも大切にしています。丁寧親切はもちろんのこと、マナーの徹底も行っています。仕事は、最後は人で決まるという部分があります。世界に唯一の商品やサービスを売っている会社なんて一握り。同じような価格、同じようなサービスは、他にもある。それでも「あの人に」と選んでいただける、そんな会社でありたいと思っています。

玄関ドアで困っていることがあれば、どんなことでもご相談ください。

玄関ドアは家の顔、お客様が初めに訪れる場所です。

家族にとっては、必ず毎日通る場所です。

きれいで快適な玄関は、生活の質を格段に向上させます。

新しい玄関で快適な生活を手に入れてください。

著者情報

マイスター社長 中村 貴

中村 貴

玄関ドアマイスター社長
二級建築士
株式会社中村建硝(昭和5年創立)の三代目
建具のプロとして、当店のスタッフの知識と技術はどこにも負けないという自負があります。お客様の暮らしを快適にし、お悩みを解決することで社会に貢献したいと思っています。

玄関ドアのリフォームがよく分かる特集コンテンツ

  • 玄関ドアの修理辞典
  • 玄関ドアリフォームのメリット
  • 防犯にも強いリモコンキー・カードキーについて
  • 相見積もり中の方へ
検索はこちら

玄関ドアの簡単お見積もり

step1
ドアタイプをお選びください

※ 片袖タイプ・・・開閉ドアの片側が固定の採光窓になっているタイプです。
※ 両袖タイプ・・・開閉ドアの両側が固定の採光窓になっているタイプです。

step2
ランマの有無をお選びください

  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

玄関引戸の簡単お見積もり

step1
引戸のタイプをお選びください
step2
ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

勝手口ドアの簡単お見積もり

step1
ドアのタイプをお選びください
step2
ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

最近チェックした商品

最近チェックした商品はありません。

お知らせ 口コミはこちら