スタッフブログ

2018年11月29日

勝手口は危険!泥棒に侵入されないための防犯対策

台所の勝手口は泥棒に狙われています。勝手口は玄関ドアに比べて簡素な構造で戸締りも忘れがちなので、不審者の侵入を許してしまいます。あまり目立たない場所ですが、勝手口こそ防犯対策を施すべきです。今回は勝手口が狙われる理由や防犯対策についてご紹介します。

勝手口は泥棒に狙われる!?

泥棒による一般住宅への不法侵入は後を絶ちません。不審者の侵入を防ぐためにセキュリティ面の強化を日頃から喚起されていますが、それでも泥棒による被害は出続けています。泥棒が住宅へ侵入する方法は様々な事例がありますが、家の出入り口から侵入する方法が圧倒的に多いです。その中でも勝手口は泥棒の侵入ルートとしてよく選ばれています。

勝手口の防犯対策は必要

何故泥棒は勝手口からの侵入を試みるのでしょうか?その理由を知ることで防犯対策を考えることも出来ます。今回は勝手口の特徴と防犯対策の必要性についてご紹介します。これを機に皆様のご自宅の勝手口も防犯対策を施してみてはいかがでしょうか?

何故勝手口が泥棒に狙われるのか?

泥棒による住宅への不法侵入は勝手口から侵入するケースが多く見られます。では泥棒は何故勝手口からの侵入を試みるのでしょうか?

開口部は侵入しやすい

開口部とは窓・玄関・勝手口など外と直接面している部分を指します。その中でも大きくて人の出入りもしやすい開口部は泥棒の侵入ルートとして選ばれやすいです。開口部は鍵がかかっていれば普通の方法では外から入れません。

しかし開口部はピッキングによる解錠や、鈍器でガラスを破り外から中のサムターンを回し、あるいはバールの様な細長い道具でドアをこじ開けると言った強引な方法で侵入出来てしまいます。そのため開口部は泥棒や空き巣によく狙われる場所と言われています。

中を覗きやすい

窓ガラスが付いている開口部は中の様子が覗けてしまいます。泥棒は侵入する際に中に人がいるかどうか確認して、誰もいないことをチェックしてから侵入します。そのためリビングや勝手口などの容易に中を覗けてしまう開口部は泥棒の侵入ルートになりがちです。

これは窓ガラスをすりガラスにすることによってある程度は防止出来ます。しかしたとえすりガラスでも中に明かりが点いているかどうか?人がいるかどうか?程度の情報は漏れてしまいます。そのためすりガラスにしただけでは防犯対策としては不完全と言えるでしょう。

勝手口は目立たない

開口部の中でも勝手口が特に選ばれやすい理由として他の開口部より目立たないという原因が考えらえます。まず、玄関は基本的に道路に面しておりとても目立つので不審な行動を取っていればすぐに通行人にバレてしまいます。次にリビングの窓はガラス面がとても大きいので不審者が近づけば中からすぐにわかります。

しかし勝手口は住宅の裏側に位置していることが多く他人に見られることがありません。しかも勝手口はキッチンに面しているので、キッチンに誰もいない場合は侵入してもバレない可能性があります。さらに夜なら明かりも点かず真っ暗闇な状況になるので外からも中からも誰にも気づかれません。そのため勝手口は侵入ルートとして選ばれてしまいます。

防犯対策が無い場合が多い

開口部が泥棒の侵入ルートであることは今となっては有名な話なので自宅にセキュリティ対策を施す家庭も多いです。その場合玄関や窓ガラスに泥棒が侵入出来なくなるような防犯対策を施します。しかし残念ながら勝手口まで防犯対策を施す人は少なくなってしまいます。

家財メーカーも玄関やリビングの窓などの目立つ部分には積極的に防犯対策推進していますが、勝手口の様な目立たない場所は取り組んではいるものの玄関に比べるとそこまで精力的に防犯対策を推進しているわけではありません。

玄関に比べてシンプルな構造

家財メーカーが勝手口への防犯対策をそこまで推していないため勝手口のセキュリティ対策も疎かになってしまいます。そのため勝手口は玄関に比べてシンプルな構造になりがちです。

玄関は電子ロックや防犯ガラスなどを使用して強固なセキュリティを搭載できますが、勝手口に玄関ドアを同じくらい強固なセキュリティ対策を搭載する家庭は少ないです。鍵はピッキングしやすい基本的な構造で、ドア本体は壊れやすいアルミ素材なので泥棒の狙い目もコチラになってしまいます。

鍵が開いている

勝手口は玄関よりも防犯対策の意識が弱くなりがちです。そのため勝手口の鍵を開けっ放しにする方が多く見られます。勝手口は買い物や掃除などのちょっとした用事の際に出入りすることが多いですが、わずか数十分の外出のためにわざわざ戸締りをしっかりする人は少ないです。一見すると大して問題無いことと思われがちですが、これは非常に危険な考え方です。

実は開口部からの侵入はピッキングやサムターン回しの様な強引な手段よりも、鍵の閉め忘れによる不法侵入の方が圧倒的に多いのです。泥棒はわずか数十分でも中にある金品を盗んで退散してしまいます。つまり勝手口はセキュリティ強化のリフォームをすることよりも、まず戸締まりをしっかりするという意識を持つことが大事なのです。

勝手口の防犯対策

ここまでで勝手口に防犯対策を施すことが重要であることは分かっていただけたと思います。では実際にどのような防犯対策を施せばいいのでしょうか?

必ず戸締り

勝手口の防犯対策として最も重要なことは毎回必ず戸締りをすることです。これはリビングの窓や玄関ドアにも言えることですが、勝手口が一番戸締りを疎かにしてしまう場所なので要注意です。

短時間で済むようなちょっとした用事の際に勝手口を使用することが多いですが、出入りするたびに必ず鍵を閉めるように癖をつけましょう。周囲に誰にもいないと思っていても、実は家の近くに泥棒が潜んでいてほんの数分間目を離した隙に侵入したというケースもあります。戸締りのし忘れによる事件は後を絶たないので注意しましょう。

構造が複雑な鍵に変更

勝手口は元から防犯対策が施されていない場合がほとんどなので防犯出来る設備を導入する必要があります。数ある防犯対策の中でも特に有名なのが鍵の変更です。縦線がいくつか入っているシンプルな構造の鍵はピッキングによって開けられてしまいます。そのためディンプルキーと呼ばれる差し込み口に穴がいくつか開いている複雑な構造の鍵に変更しましょう。

ディンプルキーはピッキングが圧倒的に難しくなります。泥棒はドアを開ける際に時間がかかるとあきらめて退散します。特にドアの解錠に5分以上かかってしまう場合は過半数の泥棒が侵入を諦めると言われています。そのため鍵を変更するだけでも大きな防犯対策となります。

センサーライト

勝手口の付近にセンサーライトを取り付けると防犯対策だけでなく住人にとっても勝手口を便利に使用できる道具となります。センサーライトは前を人が通ると感知して自動で点灯するライトのことです。これは誰が通った場合でも反応するので、不審者の存在をいち早く察知のに有効です。

基本的に泥棒は目立つことを嫌がるので、勝手口の前でライトが点灯したらすぐ逃げてしまうでしょう。またセンサーライトは住人が夜間に帰宅した際も照らしてくれるので暗闇の中でも鍵を開けることを容易にしてくれます。

補助錠を取り付ける

勝手口の防犯対策はご自身で行うことも出来ます。市販の後付け用の補助錠を取り付けることで鍵の数を増やすことが出来ます。補助錠は勝手口の内側に設置します。これによりドアノブの鍵以外にもドアの上下にもロックがかかるのでピッキングやサムターン回しによる侵入を防ぐことが出来ます。

勝手口をリフォームする

勝手口はドア自体がシンプルな構造なので泥棒の侵入ルートとしても選ばれてしまいます。そのため勝手口をリフォームして防犯効果に優れたドアに交換すれば泥棒による被害を未然に防ぐことが出来ます。

防犯ガラス

勝手口のガラスは既存の単板ガラスではなく防犯合わせガラスにすることで防犯効果が飛躍的に上がります。防犯合わせガラスは2枚のガラスを擦り合わせた特殊構造で内部に防犯用の特殊金属膜が封入されています。これにより外から鈍器で叩いてもヒビが入るだけで穴が空くことはありません。穴が空かないのでサムターン回しは出来ませんし、時間がかかるので泥棒は侵入を諦めてしまいます。

二重ロック

勝手口に鍵を複数取り付けることでより防犯機能に特化した勝手口に生まれ変わらせることが出来ます。市販の補助錠を使うことも出来ますが、その場合あくまでも後付けなので付け方が悪いと途中で取れたり外部から外されてしまう可能性があります。しかしリフォームによってドア自体に二重ロックを施せばよりも強固なセキュリティ対策となります。他にもサムターン回しを防止できる取り外し可能なサムターン等もあります。

中村建硝で取り扱っている勝手口について

LIXIL・リシェント

勝手口「リシェント」は2ロックを標準装備しています。ドアノブの上下に2か所のシリンダーが搭載されているのでピッキングによる侵入も容易ではありません。またドアのラッチはかんぬきの形をしたデッドボルトで、施錠するとラッチ受けの中でフックが引っかかるので従来の製品より強固にドアを固定します。そのためドアのこじ開けの様な強引なドア破りはほぼ不可能です。他にもガラス破りが出来ない防犯合わせガラスや、取り外し可能なサムターンなどのセキュリティ対策も選択することが出来ます。

勝手口・リシェントの詳細はコチラ

YKKAP・かんたんドアリモ

ドアリモは2か所にロックが搭載されています。しかも両方の鍵が複雑な構造のディンプルキーなのでピッキングによる侵入は出来ないと言っても良いでしょう。オプションでロックの内側を取り外せるタイプのサムターンにできるのでサムターン回しによる侵入も不可能です。

勝手口・ドアリモの詳細はコチラ

まとめ

勝手口は泥棒に狙われやすく、どれだけ防犯対策が必要かということが分かっていただけたと思います。勝手口は窓や玄関ドアに比べて防犯対策の可能性がまだ少ないですが出来ることはたくさんあります。ご自宅の勝手口の防犯対策が心配な方は是非一度リフォームの相談をしてみて下さい。

中村建硝の見積フォームへのリンク

http://nakamura-genkan.com/item-search/