火災保険で玄関ドア交換できる?補償される条件と申請の注意点 | 玄関ドアリフォームの玄関ドアマイスター

玄関ドアのリフォーム・交換は価格と技術の「玄関ドアマイスター」へお任せください

玄関ドアリフォームの玄関ドアマイスター|技術力と価格で勝負の専門店|全国1位表彰獲得
お電話でのご相談お問い合わせは|0120-677-366| 電話受付:平日8:30〜18:00

コラム

公開日:2024年2月8日

/ 最終更新日:2024年02月16日

火災保険で玄関ドア交換できる?補償される条件と申請の注意点

火災保険で玄関ドア交換|補償される条件と申請の注意点
玄関ドアが壊れてしまった時、火災保険で交換や修理ができます。ただ、交換や修理を受ける為には、破損した原因が補償の範囲内であることと、申請に必要な要件を満たしている必要があります。

火災保険で玄関ドアの交換が補償の対象になる破損の原因と、申請の際に必要な条件や注意点について具体的に確認していきましょう。

火災保険で玄関ドア交換の対象となる破損の原因

火災保険で玄関ドア交換の対象となる破損の原因

玄関ドアが壊れてしまった時、壊れた原因が補償の適用内にあった場合、火災保険で補償されることをご存じない方は意外に多くいらっしゃいます。

 

ソニー損保 災害リスクと火災保険に関する全国調査 2021年版 調査結果詳細レポート
加入の際にどの程度検討したのか聞いたところ、約9割(85.8%)が詳細まで検討せずに加入していることがわかりました。加えて、現在加入中の補償内容を完全に把握している人は約1割(13.5%)にとどまっています。

引用:火災保険の補償内容×自然災害のリスクがマッチしている世帯は微増も、依然6割超がミスマッチ 過不足のある世帯の割合が最も多いのは2年連続九州地方に

 

もし、プランや補償の内容を把握していないかもしれないという場合には、玄関ドアの交換が必要になった際に備えて確認しておきましょう。

火災保険ではプランによって保障される内容の詳細は異なりますが、基本的に破損の原因によって保障されるかどうかが変わります。

そして玄関ドアの交換が必要になるケースには大きく分けて老朽化による不具合と、災害や事故による破損があります。

この中で火災保険が玄関ドアの交換の対象となる可能性のある破損の原因には、自然災害と空き巣被害、他者が原因で発生した事故、不慮の破損・汚損などの被害が挙げられます。

 

くらしと保険
「火災保険」はその名のとおり火災による損害を補償する保険ですが、補償されるものは火災による損害だけではありません。
火災、落雷、破裂・爆発による損害、風災・雹(ひょう)災・雪災による損害を補償するプラン、これらによる損害のほかに盗難・水濡(ぬ)れ・車両の飛び込み等による損害を補償するプラン、さらに破損・汚損等まで補償するプランもあります。

引用:損保ジャパン株式会社 ご存知ですか?火災保険の補償範囲

災害で破損した玄関ドアが火災保険で交換の対象となるケース

火災保険には多くの場合、風災、雹災、雪災という3つの自然災害への補償がついています。

風災が補償対象になるケース

台風や強風、竜巻などによる損害が風災です。

屋根瓦が飛んで割れてしまった、硬い物が飛んできて壁に穴が開いてしまった、強風でカーポートが壊れたというような状況は風災にあたります。

その為、玄関ドアの袖ガラスが割れてしまったり、穴が開いてしまったりした場合には補償の対象になる可能性があります。

雹災(ひょうさい)が補償対象になるケース

雹(ひょう)やあられによる損害が雹災です。

雹があたって窓ガラスが割れたり、雨樋が壊れたり、屋根に載せた太陽光パネルが破損したりする状況が雹災にあたります。

その為、玄関ドアの袖ガラスが割れてしまったり、穴が開いてしまったりした場合には補償の対象になる可能性があります。

雪災が補償対象になるケース

大雪による損害が雪災です。

雪の重みでカーポートがつぶれてしまったり、雪崩が発生し家ごと倒壊してしまったりする状況が雪災にあたります。

その為、雪災で玄関ドアが補償の対象になるケースは考えにくいです。

3つのケースに共通する注意点

風や雹、雪によっては破損した部分から雨や雪が室内に吹き込み、家具や家電にも被害が及んだ場合には、家財も補償の対象になるのですが、もともと老朽化でできていた隙間からの吹き込みによる被害は補償の対象にはなりません。

窓や玄関などの開口部は老朽化で隙間ができやすい場所なので、日ごろから隙間を無くしておくことが大切です。

空き巣に壊された玄関ドアが火災保険で交換の対象となるケース

火災保険では契約内容によっては空き巣被害への補償が受けられることがあります。

ひとつは侵入の為に窓ガラスを割られたり、玄関ドアの鍵を壊されたりした被害に対する補償、もう一つは盗まれてしまった家財に対する補償です。

ただ、契約内容にもよりますが、被害に対して保証される割合は100%ではないので、日ごろから防犯性を高めて空き巣被害を受けないようにしておくことが大切です。

事故で壊された玄関ドアが火災保険で交換の対象となるケース

自然災害以外にも人為的に石をぶつけられて玄関ドアが凹んでしまったり、袖ガラスが割れてしまったりした場合には、補償を受けられることがあります。

また、自動車が敷地内に侵入してきて玄関ドアにぶつかったという場合も、相手から損害賠償を受けられなかった際には補償を受けられることがあります。

プランによっては、うっかり玄関ドアに何かをぶつけてしまった、といった偶然な事故が補償されることもあります。

現在の玄関ドアより品質の高いドアが交換の対象となるケース

保険の補償の内容は、基本的に原状復帰です。

せっかく交換するなら断熱性のある玄関ドアにしたい、リモコンキー付きにしたいなどの希望がある場合、+アルファの希望は補償の対象外です。

ただしその分を自費で支払うという方法をとれば、最新の玄関ドアに交換できます

火災保険で玄関ドア交換の対象にならないケース

火災保険の契約内容に自然災害や盗難による被害が含まれていない場合には、それらに対して補償されないことは当然なのですが、含まれている内容に対しても補償されないケースがあります。

過失による破損は補償の対象外、偶発的事故はケースバイケース

わざと壊した訳ではないが過失で壊してしまったという場合には、補償の対象になりません。

例えば火災の原因が調理中に鍋を火にかけたままその場を離れてしまったり、漏電の可能性があることを知っていながら修理していなかったりといったことであった場合、火災自体が補償の対象にならない為、玄関ドアの交換も補償の対象にはなりません。

ただしプランによっては、玄関内の高い収納場所に物を入れようとしている時、うっかり落として玄関ドアにぶつけてしまったというような偶然な事故が補償されることがあります。

請求期限が3年を超えている破損は補償の対象外

火災保険の請求期限は3年であることが保険法で定められています。その為、3年を超えた場合には保険金の請求ができません。

老朽化による破損は補償の対象外

築年数が長い住宅で玄関ドアが経年劣化して破損した場合には補償の対象にはなりません。日頃から玄関ドアを不具合のない壊れにくい状態にしておくことが大切です。

施工不良による破損は補償の対象外

築年数の浅い住宅では老朽化による破損は起こりませんが、施工不良による不具合や破損が発生することがあります。このような場合は施工をした会社に損害を賠償する責任があり、火災保険の補償の対象にはなりません。

火災保険の補償を受ける為の申請から受け取りまでの流れ

火災保険の補償を受ける為の申請書と届出書

「3つの自然災害と空き巣被害、他者が原因で発生した事故」のうちのどれかで玄関ドアの交換が必要になった場合に、火災保険の補償を受ける為には保険会社に申請する必要があります。

この申請手続きの流れの中で最も重要なことは、手続きを始める前に破損直後に証拠となる写真を撮ることです。

破損直後に写真を撮る

保険の申請をする予定であれば、破損した直後に玄関ドアの破損の状況を写真に残しておくことが重要です。ガラスが割れたりした場合、怪我の危険があるのですぐに片付けたい所ですが、その前に写真を撮っておきましょう。

写真は破損の状況と自宅であることが確認できるように撮影します。玄関ドアの場合、表札もいっしょに撮るなど複数枚撮ると良いでしょう。

見積り依頼をした業者が破損現場の写真を撮ることもあります。ただ、玄関ドアの場合業者が来るまで片付けを待てない状況になることが多いと思うので、その場合には自分で撮影します。

その後、玄関ドアの修理や交換を依頼する業者に連絡し見積書の作成を依頼した上で、保険会社への連絡をします。

保険会社に損害内容を伝える

電話やメールなど保険会社が指定している方法で、契約者の氏名と保険証券番号、申請する事故の内容など求められる項目を伝えます。

保険会社に必要書類と破損した玄関ドアの写真を送る

保険会社から届く申請用の書類に事故内容や保険金の振込先の口座番号など必要な情報を記入すると共に、破損直後に撮影した写真、玄関ドア交換の見積書を送ります。

保険会社の調査を受ける

書類が到着すると保険会社から鑑定人が派遣されてきますので、破損した玄関ドアの調査をしてもらいます。保険金の支払金額は破損直後の写真と見積書によって決定されますので、調査の際、既に玄関ドアの交換が終了していたとしても大丈夫です。

保険の補償額が決定する

鑑定人の調査結果と破損直後の写真と、玄関ドアの修理や交換の見積書を照らし合わせた上で決定した補助額が保険会社から通知されます。

保険金が振り込まれる

保険会社に伝えた口座に保険金が入金されます。

最新の玄関ドアで災害に備え、防犯対策を

災害と空き巣に強い最新の玄関ドア

保険で補償されるとは言っても、できれば自然災害や盗難被害を受けないですむに越したことはありません。そして玄関ドアを古いままにしておかないことが、被害を最小限に抑えることに繋がります。

自然災害では、経年劣化によって被害が大きくなるケースが少なくありません。建付けが悪くなり隙間から雨や雪が降り込んでしまうことがあります。また火災保険の補償の対象ではありませんが、建付けの悪い玄関ドアは地震の揺れによって開閉できなくなり、閉じ込められてしまうリスクもあります。

カバー工法では玄関ドア交換の際に、古い玄関ドアの枠の上に新しい枠を取り付けるので、ドア枠の歪みが解消され、建付けが良くなります。その結果、隙間風がなくなると共に、枠の歪みによる開閉のし難さと閉じ込めへの危険が抑えられます。

また、古い玄関ドアほど簡単に不正開錠できる鍵など、最新の犯罪手口への対策がされていない為、被害にあうリスクが大きくなっていきます。

自然災害と空き巣被害という2つの面から考えると、玄関ドアを最新の状態にしておくことが被害を受けにくい安全な玄関にすることに繋がります。

マイスター社長
マイスター社長

自然災害が発生した時に家の玄関ドアは大丈夫なのだろうか…?と不安に感じた時にはお気軽にご相談ください。

玄関ドア交換のお問い合わせはこちらをご覧ください。

電話のお問い合わせはこちらから

 

関連コラム

2024年の補助金が決定 こう使うのがお得!玄関ドアと窓リフォーム

玄関ドアリフォーム交換費用の相場【事例あり】

玄関ドアメーカー一覧 ランキング1位はykkap

ホームセンターのリフォームは一見安く見えますが実は・・・

マンションの玄関ドアは共有部分?専有部分?

 

マイスター社長
マイスター社長

玄関ドアマイスターは東京、茨城、千葉、埼玉、神奈川、栃木で玄関ドアの交換と併せて行う窓のリフォーム(内窓・窓交換)を承っています。玄関ドアや窓のことなら何でもご相談ください。ご自宅の環境に合わせて最適なご提案をさせていただきます。

玄関ドアリフォーム施工地域

マイスター社長
マイスター社長

インターネットでのお見積りやお問い合わせを不安に思う方も多いと思いますが、玄関ドアマイスターでは、お見積りやお問い合わせをいただいたお客様に、勧誘や営業は決していたしません。お気軽にご利用ください。

お客様のご自宅に伺う仕事ですので、信頼を何よりも大切にしています。丁寧親切はもちろんのこと、マナーの徹底も行っています。仕事は、最後は人で決まるという部分があります。世界に唯一の商品やサービスを売っている会社なんて一握り。同じような価格、同じようなサービスは、他にもある。それでも「あの人に」と選んでいただける、そんな会社でありたいと思っています。

玄関ドアで困っていることがあれば、どんなことでもご相談ください。

玄関ドアは家の顔、お客様が初めに訪れる場所です。

家族にとっては、必ず毎日通る場所です。

きれいで快適な玄関は、生活の質を格段に向上させます。

新しい玄関で快適な生活を手に入れてください。

著者情報

マイスター社長 中村 貴

中村 貴

玄関ドアマイスター社長
二級建築士
株式会社中村建硝(昭和5年創立)の三代目
建具のプロとして、当店のスタッフの知識と技術はどこにも負けないという自負があります。お客様の暮らしを快適にし、お悩みを解決することで社会に貢献したいと思っています。

玄関ドアのリフォームがよく分かる特集コンテンツ

  • 玄関ドアの修理辞典
  • 玄関ドアリフォームのメリット
  • 防犯にも強いリモコンキー・カードキーについて
  • 相見積もり中の方へ
検索はこちら

玄関ドアの簡単お見積もり

step1
ドアタイプをお選びください

※ 片袖タイプ・・・開閉ドアの片側が固定の採光窓になっているタイプです。
※ 両袖タイプ・・・開閉ドアの両側が固定の採光窓になっているタイプです。

step2
ランマの有無をお選びください

  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

玄関引戸の簡単お見積もり

step1
引戸のタイプをお選びください
step2
ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

勝手口ドアリフォームの簡単お見積もり

step1
ドアのタイプをお選びください
step2
ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

最近チェックした商品

最近チェックした商品はありません。

お知らせ 口コミはこちら