スタッフブログ

2017年7月21日

玄関ドアに付けたい!便利なオプション

YKKポケットkey

 

リフォーム用の玄関ドアには、リモコンキーやカードキーがオプションで取り付けできます。
従来の差し込むタイプのカギで開け閉めするのに比べると、
リモコンはワンタッチ、カードはツータッチで開閉が可能です。
カバンの中からカギを探して、2か所のカギ穴を回すという動作から解放されます。
しかも、オートロックの設定も選べますので、閉め忘れを防止し防犯上非常に安心です。

 

その1 リモコンキー

LIXILタッチキー

リモコンをカバンに入れておくと、ドアのボタンを押すだけで、2か所のカギを一度に開け閉めできます。
リモコンキーを付けたら、
玄関ドアの前でカバンの中からカギを探したり、
カギを抜き差ししたりの面倒がいらなくなります。
カギの開け閉めは、ドアのボタンを押すだけ!

車でリモコンキーを付けた方は、買い替える際には必ずリモコンキー付きにすると聞きました。
玄関ドアは車よりも毎日開け閉めするドアです。
便利で簡単なリモコンキーは玄関ドアにこそおすすめです。

防犯上もリモコンキーはおすすめできます。
ドアを開けて、ドアが閉まると、自動で2か所のカギが掛かるオートロックの設定が可能です。
オートロックで閉め忘れが無くなるので、大切なご家族を犯罪から守れます。

「オートロックは締め出されるか心配」
という方もご安心下さい。
オートロックにならない設定ももちろん可能です。

リモコンキーは、ご高齢の方にもおすすめします。
暗がりの中、カギの向きを確かめて鍵穴に差し込むのは、
老眼になってしまうとストレスがたまります。
リモコンキーなら鍵の開け閉めは、ボタンを押すだけ!
難しい操作はいらないので、ご高齢の方にも好評です。

 

その2 カードキー

2016-10-13 09.30.14

玄関ドアのボタンを押して、カードを近づけるだけで、2か所のカギを一度に開け閉めできます。
カギの向きを確かめて、カギ穴に差し込んで回すことと比べると、
カギの開け閉めはずっと簡単です。
カギの開け閉めは、ドアのボタンを押してカードを近づけるだけ!

今や電車やバスは、スイカやパスモのようなカードが当たり前になりました。
玄関ドアも、カードで簡単に開け閉めが便利です。
普段スイカをお使いの方なら、
ピッとかざすだけの簡単さはご理解いただけると思います。

防犯上もカードキーはおすすめできます。
ドアを開けて、ドアが閉まると、自動で2か所のカギが掛かるオートロックの設定が可能です。
オートロックで閉め忘れが無くなるので、大切なご家族を犯罪から守れます。

「オートロックは締め出されるか心配」
という方もご安心下さい。
オートロックにならない設定ももちろん可能です。

カードキーは、ご高齢の方にもおすすめです。
暗がりの中、カギの向きを確かめて鍵穴に差し込むのは、
老眼になってしまうとストレスがたまります。
カードキーなら鍵の開け閉めは、ボタンを押してカードをかざすだけ!
難しい操作はいらないので、ご高齢の方にも好評です。

リモコンキーとカードキーどちらがいいの?

リモコンキーのメリットは、
・ワンアクションで開け閉めできる
・非常用キー付きを選べる
リモコンキーのデメリットは、
・リモコンが電池式
・カードキーより高価

カードキーのメリットは、
・ツーアクションで開け閉めできる
・リモコンキーより安価
カードキーのデメリット
・カードを取り出す必要がある
・リモコンよりワンアクション多くなる
・非常用キーを持つ場合は別にカギを持つ必要がある

以上からリモコンキーとカードキーどちらが良いか、
検討されると、向き不向きが分かってきます。
基本的にはボタンを押すだけのリモコンキーが断然便利です。

 

各メーカーのリモコンキーの違い

LIXILリシェントⅡはタッチキー、
YKKドアリモはNEWポケットkey、
三協アルミはeエントリー、
というように、各メーカーで
リモコンキーの名称が異なります。

それぞれに特徴がありますので、
順にご説明いたします。

 

 

LIXIL

【LIXILリシェントⅡ「タッチキー」】
・キー付きリモコンタイプ
セット内容は、キー付きリモコン3個、手動キー2本
定価は、100,000円
10台まで増設可能
カードキーとの併用不可
オートロック設定可

・キー無しリモコンタイプ
セット内容は、キー無しリモコン2個、手動キー5本
定価は、75,000円
10台まで増設可能
カードキーとの併用不可
オートロック設定可

 

 

YKK

【YKKドアリモ「NEWポケットkey」】
セット内容は、キー付きリモコン2個、カードキー2枚、シールキー1枚、手動キー3本
定価は、98,000円
リモコン8台、カード12枚まで増設可能
オートロック設定可

 

 

 

三協


【三協アルミ「eエントリー」】

セット内容は、キー付きリモコン2個、手動キー3本
定価は、55,000円
8台まで増設可能
カードキーは設定なし
オートロック設定可

 

リモコンキー選びで注意したい点

リモコンキー選びで注意したい点は下記の2点です。


YKKはカードキーの併用が可能なのに対し、
LIXIL,三協アルミは併用できません。


LIXIL,三協アルミは、手動キーのカギ穴が見えているので
リモコンと手動キーを併用できるのに対し、
YKKは、手動キーのカギ穴がカバーの下にあるので、
常時リモコンと手動キーを併用するお宅にはおすすめできません。

2017-06-21 08.42.01

LIXILは鍵穴が見えています

 

2017-06-21 08.41.50

YKKはカバーを開けないと鍵穴が見えません

 

各メーカーのカードキーの違い

LIXILリシェントⅡはカザスプラス、
YKKドアリモはピタットkey、
というように、各メーカーで
カードキーの名称が異なります。
なお、三協アルミはカードキーの設定がありません。

それぞれに特徴がありますので、
順にご説明いたします。

 

 

LIXIL


【LIXILリシェントⅡ「カザスプラス」】

セット内容は、カードキー3枚、手動キー5本
定価は、50,000円
20枚まで増設可能
オートロック設定可

 

 

 

YKK


【YKKドアリモ「ピタットkey」】

セット内容は、カードキー3枚、シールキー2枚、手動キー5本
定価は、48,000円
20枚まで増設可能
オートロック設定可

 

カードキー選びで注意したい点

カードキー選びで注意した点は下記の点です。
LIXILは、手動キーのカギ穴が見えているので
カードキーと手動キーを併用できるのに対し、
YKKは、手動キーのカギ穴がカバーの下にあるので、
常時カードキーと手動キーを併用するお宅にはおすすめできません。
なお、三協アルミはカードキーが選べません。

 

LIXILタッチキー 公式ページ

YKKNEWポケットkey 公式ページ

三協アルミeエントリー 公式ページ

LIXILカザスプラス 公式ページ

YKKピタットkey 公式ページ