スタッフブログ

2019年4月5日

勝手口ドアを激安価格で取替える

玄関ドアマイスター中村建硝では勝手口ドアの取替を激安価格でご提供しております。勝手口ドアはキッチンの環境に大きく影響するので劣化したら取替る必要があります。そこで今回は当サイトで紹介している激安価格のリフォーム用勝手口ドアと勝手口ドアを取替るべき理由についてご紹介します。

勝手口扉をリフォームしてキッチンを快適に!

勝手口ドアはキッチンに付いている出入り口であり、住宅において裏口としての役割があります。外出時は玄関から出入りしますが、ゴミ出しや近所への買い出しなど短時間で終わる用事を済ます場合は勝手口の方が便利です。

特に勝手口ドアはキッチンにあるという点がポイントとなっています。キッチンは溜まったゴミを外へ捨てたり、買って来た食材をすぐに冷蔵庫へ保管するといった外の用事と直結していることが多々あります。そのためキッチンから外へダイレクトに出入り出来る場所があると非常に効率良く動けるようになります。

しかし勝手口ドアは外と繋がる場所だからこそ注意点もたくさんあります。冬や夏はドアを開ける度に外の気温の影響を受けてしまいますし、泥棒や空き巣による不法侵入の被害も気になります。もし自宅の勝手口ドアが使いづらいならばリフォームするべきでしょう。キッチンの悩みは最新の勝手口ドアにリフォームすることで解決出来ます。玄関ドアマイスターなら激安価格で勝手口ドアをリフォーム出来ます。自宅の勝手口ドアを使いづらいと感じているならば是非リフォームを検討してみて下さい。

激安価格で販売されている勝手口ドア一覧

リシェント A型井桁格子 アルミ仕様 ランマ無し ¥175,500

とてもシンプルなアルミ製勝手口ドアです。同じ価格で横格子やひし形格子のタイプもあります。オプションでディンプルキーや取り外し可能なサムターン、防犯合わせガラスなどを追加できます。

製品の詳細はコチラ

リシェント G型井桁格子 断熱仕様 ランマ無し ¥210,060

外観は、アルミ仕様とほぼ変わりませんが、室内側が樹脂になっていて、室外の寒さや暑さが伝わりにくくなっています。こちらも同じ価格で横格子やひし形格子のタイプもあります。ガラスは標準でLow-E複層ガラスになります。防犯のため、室内側からカギで開けられないシリンダーレスが標準です。シリンダー付きにするとカギはディンプルキーになります。取り外し可能なサムターンや、網戸の網目が細かいハイメッシュがオプションでお選びいただけます。防犯のための合わせ複層ガラスなどにも変更できます。アルミ仕様同様に、上下に上げ下げ出来る通風窓が搭載されています。

製品の詳細はコチラ

 

値段に差が付く要素は断熱性能

玄関ドアマイスターでは激安価格の勝手口ドアを多数用意していますが製品によって多少の価格差は出てしまいます。勝手口ドアの価格差が出る主な要因は断熱性能があるか無いかです。ドア本体が外の冷たい空気の影響を受けにくい断熱仕様だった場合、約2万円ほど値上がりしますが、キッチンは特に足元が寒くなる場所なので断熱仕様がおすすめです。

少し高くても断熱性能はあった方がいい

しかし勝手口ドアは多少値上がりしてしまうとしても断熱仕様を選ぶべきでしょう。その理由はキッチンの環境が大きく関係しています。特に冬の寒い時期のキッチンの冷え込みの厳しさは普段から家事をされている方ならご存知の事でしょう。勝手口ドアを通って冷たい空気が室内へ入り込んでしまうのです。

またキッチンとリビングが一体化した空間になっている場合はその冷たい空気が部屋全体へ伝わってしまいます。そのため勝手口ドアが原因でリビングのエアコンを点けても全然温まらないという状況も考えられます。そうなると電気代を浪費することになってしまい激安価格の勝手口ドアをリフォームしたのに結果的に生活費が高くなってしまうという自体も考えられます。そのため多少値段が高くついても断熱仕様の勝手口ドアを付ければ長い目で見たときに経済的な買い物となります。

勝手口扉をリフォームすべき理由

勝手口ドアは玄関ドアに比べてシンプルな造りになっていることが多いです。玄関ドアよりも仕様頻度が低く目立たない場所にあるので、必要以上にコストをかける必要も無いのが現状です。しかし使いづらい勝手口ドアをそのまま放置しておくと思わぬデメリットや不安要素が出て来ることもあります。

キッチンが寒くなる(暑くなる)

毎日キッチンで料理をしている方はキッチンが寒い(あるいは暑い)と感じることが多いのではないでしょうか。キッチンは基本的に冷暖房器具が無いので温度調節がとても大変な場所です。夏場は料理をする際に火で熱くなり、湯気が籠るので蒸し暑くなります。普段なら換気扇を回せばある程度は換気出来ますが、夏場は換気扇だけでは間に合いません。

冬は逆に冷え込みが激しくなります。キッチンは間取りの関係上日が当たりづらい場所に配置されやすいので寒くなりやすい傾向にあります。このキッチンが寒くなる原因は、実際のところ勝手口ドアにあります。キッチンはリビングや寝室の様な大きな窓はありません。ほとんどが壁に覆われているため、基本的に外の空気は出入りしません。

しかし勝手口ドアを開けることで外の空気が入ってしまいます。その時にキッチンの気温が急激に下がります。またドアを開けなくても薄いガラス面や断熱性能の低いアルミ・ステンレスを通って冷たい空気が入り込んでしまいます。そのため勝手口ドアは存在しているだけでキッチンを寒くしてしまっています。もしキッチンの寒さが気になるなら断熱性能に優れた勝手口ドアへリフォームしましょう。ガラス面に関しては複層ガラスにすることで断熱性能が飛躍的に向上します。

セキュリティへの不安

ドアや窓などの外に繋がっている開口部は泥棒や空き巣の被害が懸念されます。たとえしっかり戸締りしていたとしても不審者はピッキング・サムターン回し・ガラス破りなど様々な手段を用いて突破しようとします。

特に勝手口ドアは被害に会いやすい場所として知られています。玄関ドアは正面の目立つ場所に位置しているから不審者が怪しい動きをしていたらすぐにばれます。また玄関は照明や防犯カメラなどによってセキュリティが充実しています。

しかし勝手口は住宅の裏側に位置しているので目立ちにくい場所にあります。しかも一戸建て住宅の裏口にはあまりコストがかかっていないためセキュリティが弱くなりがちです。そのため勝手口ドアは泥棒や空き巣にとって格好の餌食になってしまいます。実際には勝手口ドアも防犯性能を上げる必要があります。勝手口ドアはオプションでディンプルキーや取り外し可能なサムターンを追加出来ます。特にディンプルキーは使い勝手が良くてピッキング防止に大いに役立ってくれるのでお勧めです。

経年劣化

勝手口ドアはアルミやステンレスなどの簡素な金属で出来ていることが多いです。これらは低コストで尚且つ雨風に対する耐久性が高いので建具として重宝されています。しかし永久に使い続けられるわけではありません。長年に渡って雨風に晒され続けると錆びついてきてしまいます。

勝手口ドアが錆びると動かす際に擦れる音が鳴ったり動きが悪くなることがあります。また経年劣化によってドア自体が変形してしまい、建付けが悪くなって動かせなくなったり隙間風が生じることもあります。どんなに耐久性の高い金属であっても経年劣化は免れません。劣化を引き起こした金属は修理の余地が無いのでリフォームするしかありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。玄関ドアマイスターではリフォーム用勝手口ドアを激安価格で販売しています。最も安い製品は極めてシンプルな製品ですが、長く使い続けることを考慮すると少し値段が張ってても断熱仕様の勝手口ドアを使用するべきかもしれません。細かいご相談や見積もりの依頼に関しては是非当社までご一報ください。

玄関ドアマイスターの見積フォームへのリンク

http://nakamura-genkan.com/item-search/

 

検索はこちら

玄関ドアの簡単お見積もり

step1ドアタイプをお選びください

※ 片袖タイプ・・・開閉ドアの片側が固定の採光窓になっているタイプです。
※ 両袖タイプ・・・開閉ドアの両側が固定の採光窓になっているタイプです。

step2ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

玄関引戸の簡単お見積もり

step1引戸のタイプをお選びください
step2ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。
step3ガラスをお選びください
複層ガラス

  •  

勝手口ドアの簡単お見積もり

step1ドアのタイプをお選びください
step2ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

最近チェックした商品

最近チェックした商品はありません。