玄関ドアの断熱をおすすめする理由は寒さと結露、暑さの解決 | 玄関ドアリフォームの玄関ドアマイスター

玄関ドアのリフォーム・交換は価格と技術の「玄関ドアマイスター」へお任せください

玄関ドアリフォームの玄関ドアマイスター|技術力と価格で勝負の専門店|全国1位表彰獲得
お電話でのご相談お問い合わせは|0120-677-366| 電話受付:平日8:30〜18:00

コラム

公開日:2024年6月25日

玄関ドアの断熱をおすすめする理由は寒さと結露、暑さの解決

玄関ドアの断熱をおすすめする理由は寒さと結露、暑さの解決玄関ドアの断熱化をおすすめする理由は、夏は涼しく冬は暖かくて結露が発生しない家が実現するからです。近年は、快適で省エネ性の高い家には、窓の断熱改修が効果的であることは多くの方に周知されてきました。ただ、ここで見落とされてしまいやすい部分が玄関ドアです。

住まいの快適と省エネの為に玄関ドアの断熱が必要な理由を考えていきましょう。

 

断熱性に影響する玄関ドアから住宅への熱の出入り

開口部から出入りする熱の量は屋根や壁など、他の部分を全部合わせた量よりも多く、室温に影響があります。

開口部から住宅への熱の出入り

開口部の断熱
住宅の断熱で重要なのが、開口部の断熱性能を高めることです。なかでも窓は、熱の出入りが大きいので、断熱上の重要なポイントとなります。
冬の暖房時に、室内から逃げ出す熱の約6割が窓などの開口部からで、夏の冷房時に、室外から侵入する熱の約7割は窓などの開口部からです。

引用:経済産業省 資源エネルギー庁住宅による省エネ

窓の断熱改修は屋根や壁の断熱改修と比較して、高い効果が得られる上に、費用を抑えられることが、多くの人から選ばれている理由です。

ただ、開口部の断熱改修は開口部の全てを断熱化しなければ、十分な効果が得られません。開口部には窓の他に、玄関や勝手口のドアもあるのですが、この部分が見落とされていることが少なくありません。

開口部での住宅の断熱化をする上で重要なことは、1ヵ所も熱の出入りする開口部を残さないことです。全ての開口部を断熱化することで、熱の出入りを抑え、住宅内を魔法瓶の中のような状態にするのです。

「家中の窓に内窓をつけて、以前よりずっと快適になったが、それほど効果を感じられない場所もある」というようなケースは、玄関や勝手口からの熱の出入りが原因です。特に玄関とリビングが隣接している間取りでは、リビングのドアを閉じていても玄関からの冷気がリビングに侵入し、暖房の熱が逃げて行ってしまいます。

その為、窓の断熱改修の際には玄関ドアや勝手口ドアも見逃さないことが大切です。

玄関ドアを断熱化する効果

暖かいリビングで寛ぐ愛犬

マイスター社長
マイスター社長

玄関ドアを断熱玄関ドアに交換することで得られる効果を見ていきましょう。

居室との温度差が抑えられる

断熱性がないドアが取り付けられている玄関では、玄関と暖房をしている部屋の温度差が10度以上になってしまうことが多いです。断熱性があるとその差が小さくなり、玄関ドアの断熱性が高いほど抑えられる温度差が大きくなります。

暖房をしている部屋のヒンヤリがなくなる

玄関とリビングの間に温度の緩衝地帯となる廊下があり、リビングのドアが閉じられていたとしても、玄関からの冷気は侵入してきます。室内ドアの下部には、通気確保の為に開けられているわずかな隙間があるからです。

ただし、玄関ドアが断熱されると、玄関からの冷気が床を伝い、室内ドアの下部を通ってリビング内に入り、足元をヒヤッとさせる現象が発生しなくなります。

夏の暑さを抑えられる

断熱効果には寒さを解決する他に、太陽熱の侵入を抑える効果もあります。西向きの玄関は、夏の午後に温度が上昇しやすいのですが、玄関ドアに断熱性があると、温度上昇が抑えられます。

結露を抑えられる

断熱性のない玄関ドアは外気の影響を直接受けてしまうので、ドアの室内側と玄関内部の温度差が大きくなってしまいます。その結果、冬は外気温が下がれば下がるほど、玄関ドアに発生する結露の量が増えてしまいます。

この時、玄関ドアの断熱性能と、地域の気候の違いによって抑えられる結露の発生量は変わります。断熱性の高い玄関ドアほど、外気の影響を受けにくいので、ドアの室内側と玄関内部の温度差が抑えられ、発生する結露の量が抑えられます。

 

マイスター社長
マイスター社長

地域の気候と同時に、玄関の向いている方角や周辺の環境に合わせて、最適な断熱性能を持つ玄関ドアを選ぶことが、温度差や結露の抑制に効果的に働きます。温度差の抑制は冷暖房の効率を良くするため、省エネ効果も期待できます。

 

リフォーム用断熱玄関ドアの選び方

リフォーム用玄関ドアには、2段階の仕様から断熱性の高さを選べる断熱ドアと、高断熱仕様の断熱ドアがあります。

冷え込む玄関には高断熱仕様、比較的温暖な地域では標準仕様の断熱ドアというように、ご自宅の玄関の環境に合わせた断熱ドアを選ぶことが大切です。

 

マイスター社長
マイスター社長

メーカーによって断熱ドアの種類が異なります。それぞれの断熱ドアの種類を確認していきましょう

リクシル断熱玄関ドアの性能

リクシルの玄関ドアには3種類の断熱仕様があります。

最高の断熱性を求める方におすすめ 高断熱仕様の断熱ドア

高断熱仕様 ハイグレード玄関ドア 高断熱仕様玄関ドア
高断熱仕様 ハイグレード 高断熱仕様

 

高性能断熱材が使われたリシェントシリーズ最高クラスの断熱性能を持つ玄関ドアです。寒冷地はもちろんですが、温暖な地域でも冬でも暖かい玄関にしたい方にはおすすめです。厚さ60mmの扉本体には高性能断熱材、ドア枠には熱が伝わりにくい樹脂部材が使われています。

採光窓がついたデザインと窓なしのデザインがあり、通風できるタイプはありません。

高断熱仕様には、さらに高性能なハイグレードモデル17H型と34H型があり、より暖かい玄関を実現します。どちらも窓のないデザインです。

冷え込むが風も通したい玄関におすすめ K2仕様の断熱ドア

 

冷え込むが風も通したい玄関におすすめ K2仕様の断熱ドア

寒さの厳しい地域以外でも、玄関の向いている方角や周辺の環境によっては日当たりが悪く、冷え込みやすい玄関があります。そのような玄関には断熱仕様の中でもより高い性能を持つK2仕様の断熱ドアがおすすめです。

予算を抑えて断熱と換気をしたい玄関におすすめ K4仕様の断熱ドア

予算を抑えて断熱と換気をしたい玄関におすすめ K4仕様の断熱ドア

 

温暖な地域で日当たりの良い玄関ドアで、予算を抑えて断熱と通風をしたい場合には、標準の断熱仕様であるK4仕様の断熱ドアがおすすめです。3万~4万円程度費用をおさえられます。

YKKAP断熱玄関ドアの性能

通風できる断熱ドア 採光デザインの断熱ドア
通風できる断熱ドア 採光デザインの断熱ドア

 

YKKAP断熱玄関ドアにはD2仕様とD4仕様があります。どちらも採光デザインと通風できるタイプがあります。

寒冷地や冷え込みの強い玄関におすすめ D2仕様の玄関ドア

寒冷地や冷え込みの強い玄関におすすめ D2仕様の玄関ドア

ドア本体に断熱材が充填されている他、ガラス部分にはLow-E複層ガラスが使われ、枠も断熱構造になっている断熱性の高い仕様です。

比較的温暖な地域におすすめ D4仕様の玄関ドア

比較的温暖な地域におすすめ D4仕様の玄関ドア

標準仕様の断熱ドアです。ガラス部分には複層ガラスが使われています。

「先進的窓リノベ2024年事業」国の補助金を玄関ドアにも活用

先進的窓リノベ2024年事業国の補助金を玄関ドアにも活用

国の断熱改修支援事業である先進的窓リノベ2024年事業では、窓の断熱改修と組み合わせると、玄関ドアにも補助金が交付されます。

窓との組み合わせ方について詳しくはこちらのブログからご覧いただけます。
>>> スタッフブログ 玄関ドアだけリフォームするときに安くできる裏技をご紹介

先進的窓リノベ2024年事業では、補助額を決定する為、対象製品に対してSS~Bまでの断熱性能の基準が設けられています。断熱性能を表す熱貫流率が高いほど補助率も大きくなっていきます。

ネットで調べたけれどリシェントやドアリモなどリフォーム用玄関ドアの熱貫流率がわからなかったという方もいらっしゃると思いますが、下記のような理由があります。

熱貫流率について
「リシェント玄関ドア3」「リシェント玄関引戸」「リシェント勝手口ドア」の熱貫流率
リフォーム用の「リシェント玄関ドア3」「リシェント玄関引戸」「リシェント勝手口ドア」は、施工方法がカバー工法であることから、新築用玄関ドアのように熱貫流率の提示ができません。

引用:リクシル株式会社 お客さまサポート Q&A(よくあるお問い合わせ)

このような事情があるため、玄関ドア選びの際に熱貫流率が気になったら、施工を依頼する会社に相談してみましょう。

断熱基準別補助額についてはこちらのブログからご確認いただけます。
>>>スタッフブログ 2024年の補助金が決定 こう使うのがお得!玄関ドアと窓リフォーム

※ 上記説明文の中にあるカバー工法とは、リクシルリシェントやYKKAPドアリモの玄関ドア交換の際の工事方法です。

今ある壁に埋め込まれている玄関枠の上に、新しい枠と玄関ドアを取り付けるという工法です。壁を壊さないので工期は1日、工事費込み交換費用は40万~60万円です。100万円以上かかる壁を壊す工事と比較すると、工期も費用もに抑えられます。

騒音や粉塵がほとんど出ないので、ご近所様への迷惑が少ないという良さもあります。※

寒さの解決を最優先したい玄関へのおすすめは高断熱仕様風通しや明るさも求めるなら採光デザインや通風タイプの断熱仕様のドアへの交換がおすすめです。

その上で、お住まいの地域、ご自宅の玄関の向いている方角や周辺の環境に合わせて、断熱仕様を選びましょう。

 

マイスター社長
マイスター社長

どの断熱仕様の玄関ドアにするか迷ってしまったらお気軽にお問い合わせください。

 

関連コラム

東京・埼玉・千葉・茨城・神奈川・栃木・群馬にお住まいで、玄関ドアの交換を検討されている方は、是非お気軽にお問い合わせください。必ず納得できる玄関ドアリフォームをいたします。

お客様の施工事例一覧はこちらからご覧ください。

玄関ドアリフォーム施工地域

マイスター社長
マイスター社長

インターネットでのお見積りやお問い合わせを不安に思う方も多いと思いますが、玄関ドアマイスターでは、お見積りやお問い合わせをいただいたお客様に、勧誘や営業は決していたしません。お気軽にご利用ください。

お客様のご自宅に伺う仕事ですので、信頼を何よりも大切にしています。丁寧親切はもちろんのこと、マナーの徹底も行っています。仕事は、最後は人で決まるという部分があります。世界に唯一の商品やサービスを売っている会社なんて一握り。同じような価格、同じようなサービスは、他にもある。それでも「あの人に」と選んでいただける、そんな会社でありたいと思っています。

玄関ドアで困っていることがあれば、どんなことでもご相談ください。

玄関ドアは家の顔、お客様が初めに訪れる場所です。

家族にとっては、必ず毎日通る場所です。

きれいで快適な玄関は、生活の質を格段に向上させます。

新しい玄関で快適な生活を手に入れてください。

LINEで気軽にご相談ください

マイスター社長
マイスター社長

LINEでお気軽にご相談がいただけます。最新の補助金情報をご覧いただいたり、ご要望に合うドアや窓をご覧いただくこともできます。ホームページではご紹介できないお話しもLINEならお伝え出来ますので是非ご登録ください。

LINE友だち追加

著者情報

マイスター社長 中村 貴

中村 貴

玄関ドアマイスター社長
二級建築士
株式会社中村建硝(昭和5年創立)の三代目
建具のプロとして、当店のスタッフの知識と技術はどこにも負けないという自負があります。お客様の暮らしを快適にし、お悩みを解決することで社会に貢献したいと思っています。

×

玄関ドアのリフォームがよく分かる特集コンテンツ

  • 玄関ドアの修理辞典
  • 玄関ドアリフォームのメリット
  • 防犯にも強いリモコンキー・カードキーについて
  • 相見積もり中の方へ
検索はこちら

玄関ドアの簡単お見積もり

step1
ドアタイプをお選びください

※ 片袖タイプ・・・開閉ドアの片側が固定の採光窓になっているタイプです。
※ 両袖タイプ・・・開閉ドアの両側が固定の採光窓になっているタイプです。

step2
ランマの有無をお選びください

  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

玄関引戸の簡単お見積もり

step1
引戸のタイプをお選びください
step2
ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

勝手口ドアリフォームの簡単お見積もり

step1
ドアのタイプをお選びください
step2
ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

最近チェックした商品

最近チェックした商品はありません。

クチコミはこちら