スタッフブログ

2018年7月6日

スマホが玄関ドアの鍵になる?


写真 2017-10-19 10 13 49

スマートホンをお持ちの方は多いのではないでしょうか?

従来の携帯電話としての通話やメールの機能だけではなく、インターネットに接続して必要な情報を調べたり発信したりすることができ、仕事を進める上でも重要になってくるタスク管理なども容易にすることができます。

今やスマホは、現代人の生活に欠かせないものであるということができるでしょう。

近年、スマホが玄関ドアの鍵として使用できる玄関ドアが発売され、その手軽感と利便性が注目されています。具体的にどのようなものなのか、メリットはどのような部分にあるのか、見ていくことにしましょう。

従来のシリンダーキーは失くした時が大変

2018-02-27 08.46.24

シリンダー式の鍵に幼いことから慣れ親しんでいるという方は多いかと思います。

慣れ親しんでいるとは言え、やはり様々な煩わしさを経験したことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

例えば、仕事から疲れて夜間に家に帰って時に、カバンに入れておいたはずの鍵が無くなっていることに気付いた時、大きなショックを受けることは目に見えています。

こういったケースでは様々な問題が考えられます。

一つ目は、そもそも家の中に入ることすらできないということです。

鍵がなければ玄関ドアを解錠することができず、帰宅することができません。泣く泣く鍵屋さんの高額な出動費用を支払って解錠してもらったという経験をしたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

疲れて家に帰ってきたのに、目の前にある家に入ることができないというのは、何とももどかしい心境になります。

二つ目は、誰かに拾われてしまうということです。

仮に拾った方が善意の方で、警察に届けてくれたりすると、手元に戻ってくることもあるのかもしれませんが、実際はそう簡単にいくとも限りません。

拾った鍵を悪用し、不在時を狙って家に侵入されて、金品を盗まれるという事案は、あり得ない話では断じてないのです。

そうしたことを防ぐためにも、紛失してしまってすぐに玄関ドアのシリンダーごと鍵を一新してしまわなければなりません。

当然これにはコストもかかりますし、時間もかかります。たかが鍵1本を失くしただけなのに、支払う代償はあまりに大きいと言わざるを得ません。

スマホを鍵として利用可能に

2018-02-23 18.27.24

近年、玄関ドアのエントリーシステムについては建材メーカー各社が競って開発競争を繰り広げており、その産物とも言えるのが、スマホを使用したエントリーシステムであるとも言えます。

スマホを使用したエントリーシステムでは、玄関ドアに設置したセンサーにあらかじめ登録しておいたスマホをかざすことによって簡単に解錠が可能です。

スマホを鍵として利用するメリットとは

2017-11-13 14.32.01

スマホを玄関ドアのカギとして利用できるようになったことで、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?以下にまとめてみました。

肌身離さず持っているスマホを玄関ドアの鍵にできる

2017-11-15 16.05.34

シリンダーキーなどと違い、スマホは常に肌身離さず身に着けている人が多いと言えるのではないでしょうか?

従来のシリンダーキーの場合、朝に外出した後、鍵は夕方帰宅するまでカバンに入れっぱなしという方が多いかと思います。仮に何かの拍子にカバンから落としてしまったとしても、落とした場所の見当がつかないという場合も多いかもしれません。

その点、肌身離さず持っているスマホを鍵として利用することによって、紛失のリスクも低いということも言えるかもしれません。

また、帰宅時に小さな鍵をカバンの中から探し出すことを意外と面倒に感じてしまう方も多いかと思います。その点でも、スマホを玄関ドアの鍵にすることによって、手間なく手軽に玄関ドアを解錠することが可能になります。

スマホを紛失しても安心

1504_DR_5008A

シリンダーキーを失くしてしまった時というのは、上述したようにシリンダー自体の交換もしなければならないケースもあるため、非常に手間である上にコストもかかります。また、自分がこれまで使っていた玄関の鍵を誰かが持ち続けているかもしれないという恐怖と気持ち悪さがあります。

その点で、スマホを玄関ドアの鍵にすることによって、紛失時もシリンダーキーの場合よりもコストをかけずに対応することが可能になります。

具体的には、仮に玄関ドアの鍵としているスマホを失くしたとしても、玄関ドア側の設定を変更するだけで、もうそのスマホでは解錠をできなくすることができるのです。

別のスマホを鍵として使用開始したい場合にはまた再登録することにより、簡単に新しいスマホを玄関ドアの鍵として使用することが可能になります。

すなわち、玄関ドアの鍵として利用しているスマホを失くしたとしても、大がかりな工事やシリンダーの交換、家族全員の鍵の交換・破棄などは必要ないということなのです。

スマホを玄関ドアの鍵にするなら、LIXILかYKK apで

2017-11-03 16.24.03

LIXILのリシェントとYKK apのドアリモは、いずれもリフォーム専用の玄関ドアシリーズです。

今回の記事で紹介したように、手持ちのスマホを簡単な設定一つで手軽に玄関ドアの鍵として使用することが可能なため、人気を集めています。

両社の製品とも解錠および施錠の操作は非常に容易で、鍵として登録されたスマホを玄関ドアのセンサーにかざすだけ。特に難しい操作等は必要ないため、手軽なエントリーシステムとして注目されています。

リシェントはCAZAS+

カザスプラス

LIXILのリシェントのスマホを用いたエントリーシステムは、CAZAS+というシリーズになります。

このシリーズにおいてはスマホだけではなく、専用のカードキーを玄関ドアのセンサーにかざすことによって解錠・施錠が可能です。

両手に荷物を持っていて、シリンダーキーをわざわざカバンから取り出す等な余裕がないという場合でも、ポケットに入れているスマホやカードキーで簡単に解錠ができてしまうため、一度使い始めたら従来のシリンダーキーに戻れなくなること間違いなしです。

ドアリモはピタットKey

1504_DR_5008A

ドアリモの次世代ドアシステム「スマートコントロールキー」では、「ピタットKey」を選択することにより、手持ちのスマホを玄関ドアの鍵にすることができます。

もちろんスマホだけでなく、ICチップが内蔵されているカードキーも玄関ドアの鍵とすることができるため、スマホを持っていないという方でも安心です。

最大の特徴にしてLIXILのリシェントとの違いは、「シールキー」を使用することができる点です。

このシールキーは直径1cm、厚さが0.8mmの超小型シールにICチップが内蔵されているもので、カードキーやスマホと同じく玄関ドアに設置されているセンサーにシールキーをかざすことにより施錠・解錠が可能です。

このように小さなサイズゆえ、使用しているスマホや携帯電話に貼るのも良いですし、普段使いしていて肌身離さない小物などに貼っておくと、手軽な自分だけの鍵を作ることが可能になります。

また、玄関ドアの鍵をここまで小さくできるということに驚かれる方も多いかと思います。収納や持ち運びのためのスペースを全くとらないのも特徴の一つと言えそうです。

両社の製品とも、紛失時も安心

2017-10-21 15.20.34

玄関ドアの鍵としているスマホやシールキー、カードキーなどを紛失した場合でも、特に専門業者を手配することなく、他のスマホやシールキー、カードキーなどを再登録することによって、これまで通り玄関ドアの鍵として使用することが可能です。

シリンダーキーの場合のように、高額なコストと時間をかけて全ての鍵やシリンダーを交換する必要がないのです。

注意

キー代わりに使えるスマホは、おサイフケータイ対応機種でEdyアプリが使える場合に限られます。現状(2018年7月)iPhoneは使えませんのでご注意ください。

まとめ

今や多くの人に普及したスマートホンですが、このスマホを玄関ドアの鍵として使用することにより、これまでより遥かに便利で快適な生活を送ることができるようになることでしょう。

スマホを使用したエントリーシステムに興味があるという方は、記事中でも紹介したLIXILのリシェントかYKK apのドアリモによる玄関ドアリフォームをご検討ください。

もちろんスマホを用いたエントリーシステムだけではなく、豊富なカラーバリュエーションや高い断熱性能、強固な防犯性能など、他の玄関ドアにはない優位性がたくさんあります。

是非2社の製品から好みの玄関ドアを選んで、便利で快適な生活を手に入れてください。
mitsumori_pc3

検索はこちら

玄関ドアの簡単お見積もり

step1ドアタイプをお選びください

※ 片袖タイプ・・・開閉ドアの片側が固定の採光窓になっているタイプです。
※ 両袖タイプ・・・開閉ドアの両側が固定の採光窓になっているタイプです。

step2ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

玄関引戸の簡単お見積もり

step1引戸のタイプをお選びください
step2ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。
step3ガラスをお選びください
複層ガラス

  •  

勝手口ドアの簡単お見積もり

step1ドアのタイプをお選びください
step2ランマの有無をお選びください
  • ランマとは?
    開閉ドア上部にある採光窓のことです。

最近チェックした商品

最近チェックした商品はありません。